ラストエクスプレス ( The Last Express )

ラストエクスプレス ( The Last Express )

『ラストエクスプレス ( The Last Express )』は、
1997年にWIN用としてゲームバンクから発売されました。

リアルタイムで進行するミステリーアドベンチャー。
非常にインパクトの強い作品でした。

lastexpress3.jpg

<概要>


ゲームジャンルは、リアルタイムで進行する、
インタラクティブムービーになります。
プレイヤーの行動方法という観点から言えば、
ポイント&クリック式とMYST系の中間のようなタイプであり、
詳細は後述します。

商品紹介・・・
1914年7月、世界は戦火の渦に巻き込まれようとしていた。
オリエント急行を舞台に、緊迫したドラマが展開する、
本格派リアルタイムアドベンチャー「ラストエクスプレス」。

あらすじ・・・
それはヨーロッパ大陸に少しずつ戦争の足音が近づく暗黒の時代。
アメリカ人医師で冒険家でもあるロバート・キャスは、
旧友のタイラー・ホイットニーから一通の電報を受け取る。
好奇心旺盛なキャスは、
いつもの胡散臭いタイラーの行動に一抹の不安を覚えながらも、
指定のパリ発コンスタンチノープル行オリエント急行に乗り込んだ・・・
そこでキャスの見たものは?
そして、ファイアーバードと呼ばれる謎の財宝とは?

<ゲームデザイン>


海外のレビューサイトか何かの記事で見かけた中に、
「ADV史上、最高傑作にもなりえた作品」
・・・と紹介されたゲームがありました。
そのゲーム、奇跡的にも日本語版も発売されているのですよ。
その名も『ラストエクスプレス』(The Last Express)。

さて、この『ラストエクスプレス』の最大の魅力となると、
やはりゲームシステムになるのでしょうか。

題名である程度察することが出来るかもしれませんが、
舞台は最後となるオリエント急行の中です。
そして走り続けるオリエント急行のごとく、
ゲームはリアルタイムで進行することとなります。

もっとも行動に伴い時間が進行する『同級生』等とは異なり、
本作ではこちらが何もしなくても時間は進行していきます。
そしてこの時間の経過と共に、登場するキャラたちも勝手に動いていきます。
だから時間経過型ではなく、リアルタイムとなるわけですね。

解りますでしょうか?
主人公(プレイヤー)が何もしなくても、
他のキャラたちは勝手に自分のスケジュール通りに行動するし、
しかも勝手に音声付で喋り捲ってるんですよ。

人の集まる食堂車が、ある意味このゲームを象徴しているのでしょう。
食堂車の中に入ると、そこには多くの他の乗客がいて、
四方八方で既に勝手に会話をしてるのです。
もちろん、フルボイスでね。

この音声に囲まれるという体験は、非常に衝撃的でしたね。
これが発売されたのは97年です。
この当時、こんな風にあちこちから音声が聞こえてくるゲームが、
他にどれだけあったでしょうか。
それどころか、10年経った最近になってようやくって気すらします。

勝手にしゃべっていることは、このゲームの肝でもあり、
当然のごとく攻略にも反映されています。
つまり、他人の会話を「盗み聞き」をする事で情報を集めていくわけで、
これも攻略にとってとても大事な部分でもあるのです。

lastexpress4.jpg

フルボイスだけではありません。
上述のように、NPCらは各自の予定に従い勝手に行動しています。
これは、時間によって別の場所に移動するわけですが、
国内のゲームでは、いきなりその場所にワープする場合が多いです。
お前、いつの間に移動したんだよって思ったこと多々ありますしね。

でも『ラストエクスプレス』は違います。
ちゃんと次の移動先に歩いていくんです。
もちろん、アニメーションでね。

絶えず動き、絶えず喋っている人々。
絶えず動いているオリエント急行。
全てが動き、生きているのです。
このゲームが最高傑作になりえたかもしれないといった意味が、
わかってもらえたでしょうか。

アダルトゲームをやる人には、『サイファー』と『FOREST』を足して、
大幅にグレードアップした物を想像すればわかり易いかな。

とにかくプレイした者全てに衝撃を与え、
ADVの新しい方向性を示してくれた気がしたものです。
これをプレイした時には、
ADVがますます発展すると信じて疑わないくらいに。
初めてプレイしたときの興奮は、今でも忘れられません・・・

lastexpress6.jpg

というわけで非常に大きなインパクトを与えてくれた作品だったのですが、
上記のサイトの記事だかでも、最高傑作になりえたかもしれないとあり、
最高傑作とまではしていません。
最高傑作になれたかもしれないというのは、
裏を返せば最高傑作ではないと考えていることになります。
従って、当然ながら物足りない面もあるということです。

システムについては、上でリアルタイムのADVと書きました。
基本はあちこちクリックするタイプになります。
ですので基本システムから見ると、
ポイント&クリック式(P&C式)ADVの亜種とも考えられますし、
逆にテキストでなくムービー主体ということで、
インタラクティブムービーやMYST系の亜種と考えることもできます。
この当時は境界線上の作品も結構ありましたし、
『ラストエクスプレス』もまたその中の1本なのでしょう。

そして両方の良いとこどりなら文句なかったのですが、
細かく見るとですね、クリックできる箇所は『MYST』並、
一箇所で出来る事はP&C式ADV並とどっちつかずなんです。
それゆえに練りこみが少し足りなく、
ヘビーなADVファンはプレイ中に時間を持て余すこともあるでしょう。
まぁ、日本にそんな人がどれだけいるかは謎ですが・・・

もちろん上記のように本作独自の魅力はありますし、
他にもプレイヤーの行動に応じて展開が変わるなど、
足りない部分を補うだけの魅力は十分に有しています。
もっとも解法が複数で行動により展開が変わるという要素も、
大袈裟に言うほど優れたものでもなく、微々たる変化だけですしね。
この部分は大きな特徴とまでは言えないのでしょう。
本作は長所に目が行く人には衝撃的で魅力的な作品なのですが、
従来のADVの枠に無理やり当てはめて考える人だと、
短所の方に目が行きやすいように思います。

<ストーリー>


ストーリーもオリエント急行の雰囲気は抜群なのだけど、
ラストのオチだけは少し弱いんですよね。

基本的にテキストを廃した方向の作品ですし、
『MYST』と同じく雰囲気を堪能する類のゲームなのでしょう。
ストーリーそのものというよりも、雰囲気や体験から感じる、
今風に言えばナラティブな楽しみをするといった、
プレイヤー自身が感じたことを重視する作品ってことですね。

<グラフィック>


グラフィックも綺麗で、
CGで描かれたオブジェを見ているだけで満足できます。

そして何より、上述のように、
アニメーションで動くキャラたちのインパクトが凄いので、
全体としては十分に長所と言えます。

しかし画面は縦長で少し狭いので、それ程高い点にはならないと。
書いててほとんどあら捜しっぽい気もしますけどね。
いずれにしろ、問題があるとすればそんなところでしょうね。

<サウンド>


ただ、サウンドだけはケチのつけようがないですね。
オリジナルのサウンドや効果音は雰囲気抜群。
移植物ってことで吹き替えがなされてますが、
山寺宏一さん、久川綾さんと実力派が担当してるので、
非常に安心して聞けますし。

当時のゲームの音声に関して『レガシーオブタイム』でも書きましたが、
山寺さんってこんな国内ではマイナーなゲームでも、
キッチリと必要な仕事に「+α」をしてくるんですよね。
本当に尊敬に値しますよ。
最近はゲームにおける声の重要度に対する認識も増してますし、
上手い人も増えています。
でも当時は適当であったり、ゲームという方式に慣れていないのか、
どうにも下手糞な人も多かっただけに、余計にそう思うのです。

<感想・総合>


完成度だけがやや弱いというか、
従来のADVの基準で無理やり判断しようとすると、
ややもの足りなく感じてしまう類の作品でありますが、
逆から言えば従来の枠では決して図ることのできない、
それだけ斬新な作品だったということですね。

海外での評価が分かれうるのも、こうした理由からでしょう。
まぁ、完成度より独自性を尊重する自分には、
本当に素晴らしい作品でしたけどね。

なぜ、これほどの作品が無名なのか。
日本におけるADVへの関心の薄さが顕著に表れてるようで、
非常に残念で仕方ありません。
ADVファンを自称する人には、ぜひともやってもらいたいのですね。

ランク:AA(名作)

The LAST EXPRESS

関連するタグ WIN /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

このコメントは管理人のみ閲覧できます

現在でも所有しています。申し訳ないですが、大好きな作品ゆえに手放すつもりはありません。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1579-1df80513
| ホームへ戻る |