夢幻夜想曲

夢幻夜想曲

『夢幻夜想曲』は1995年にPC98用として、
アプリコットから発売されました。

98時代屈指のストーリーテラー、三峰奈緒さんの代表作になりますね。

mugenya01.jpg

<概要>


『夢幻夜想曲』のライターは三峰奈緒さんであり、
98時代に「GAO GAOシリーズ」
(『ラジカルシークエンス』『パンドラの森』『ワイルドフォース』
『カナン』)のシナリオも手がけた方ですね。

WIN時代になってから入って来た人には、馴染みは薄いかと思います。
でも、設定したテーマに従って物語を魅せるって点では、
PC98時代でも屈指の人だったと思います。
その1点に関して言うならば、
蛭田さんや剣乃さんらを押さえNO.1と評する人がいても、
決して不思議ではない気もします。

ところで、三峰さんの代表作が「GAO GAOシリーズ」であるにしても、
シリーズは全部で4作品あります。
ある意味、あわせ技一本みたいなとこがあります。
でも、『夢幻夜想曲』は1本限りですからね。
この1本に三峰奈緒さんの、
館ものへの意気込みが全部凝縮されているのです。

成熟した98時代末期の館ゲーの中にあって、
それは一際目立つ存在でした。
これこそが、98時代に流行した館ものの、
集大成と呼べるのではないでしょうか。

あらすじ・・・大自然の中で自己を見詰め直す旅に出た主人公は、
突然嵐に巻き込まれて崖から転落し瀕死の重傷を負う。
そして気付けば怪しげな洋館の中に。
館の女主人の献身的な介護により一命を取り止め回復する。
女主人曰く「ここは現実世界とは時間も空間も異なる閉じられた世界。
現実世界に絶望した者、 現実世界での居場所を無くした者、
生きる気力を無くした者が迷い込む、無限の迷宮」とのこと。
一度立ち入ったら二度と抜け出せず、
代わり映えのしない日常をただ過ごしていくだけ、と。
「貴方はほんの少し人生の歯車が狂ったために、
本来訪れる必要の無いこの世界に迷い込んでしまった。
だけど貴方は生きる力に溢れている。
貴方なら元の世界に戻れるかも・・・

<ストーリー>


そもそも館ものってのは、
俗世間とは隔離された閉鎖的な世界が舞台なわけです。
その一方で本作の館に住んでいるヒロインらは、
現実世界からの隔離を望んだ者たちであり、心が閉じているのです。
その両者の関係に、神隠し伝説的な要素も加わってくるんですよ。

上手かったですねぇ~
館という物理的な閉鎖の要素と、
人の精神的に閉ざされた要素を上手く関連させていました。
そこに神隠し伝説的なものが含まれ、かつ随所で名言やら、
哲学めいたミステリアスな言葉が散りばめられてるわけですから。
ゲーム全体を通じた、
トータル的なデザインセンスをうかがうことが出来ました。

館物=閉鎖的な世界で、
そこで繰り広げられる淫靡な世界を描けば、それでOK。
そんな流行に乗っかった安直な作りではなく、
館ものの新たな方向性を模索して、
1作品として独自の世界を作り上げていましたね。

しかも本作は、後述するように章仕立てなっています。
各章で一人のヒロインを救うことになり、
悩みの解消されたヒロインはその後の章にも当然出てきます。
そして、時には主人公の手伝いをしてくれるわけです。
近年のノベルゲームは各ヒロインルートに突入すると、
その後他のヒロインは出てこないって作品も多いですよね。
主人公とヒロインの関係だけが注目されて、
他の人たちや世界との関わりが、
ないがしろにされているケースもしばしばあります。
その点本作は、
作品の始まりから終わりまでの全てが密接に関連しており、
纏まりや完成度といったものも感じさせてくれました。

本作は98時代の館物としては、かなり後発の部類に属するでしょう。
にもかかわらず高い評価を得て口コミで広まったのは、
こうしたところにも理由があるんでしょうね。

それと、このゲームはキャラも可愛かったです。
どのキャラも御伽噺のキャラをモチーフにしています。
結構ロリキャラが多かったので、そっち方面でも楽しめるでしょう。

<ゲームデザイン>


システム的にはコマンド選択式ADVになります。
移動は簡易マップ移動式な上に、結構広かったです。
とにかく、館の中をうろつき回るって感じでした。
システムだけだと面倒そうに見えますが、
館らしさということで、
全体的な観点からは問題ないと言えるでしょう。

また基本的には1本道だけど、章仕立てになっていました。
そして各章で一人のヒロインについて扱うって感じでしたね。
尚、最後でどのヒロインを選ぶかにより、ラストの展開が異なります。
なので、END自体は13種類ありました。

<サウンド>


それと忘れてならないのが、音楽ですね。
感動的な物語がつきものですが、
本作にはFM音源のほかにMIDI音源も搭載されており、
どっちも良かったです。

ミステリアスな展開と相まって、
雰囲気は最高に盛り上げてくれました。
ここはストーリーと並ぶ最大の特徴でしょうね。

<感想・総合>


以前、『河原崎家の一族』について書いたことがあります。
『河原崎家の一族』の影響もあり、以後のアダルトゲーム市場では、
一ジャンルを築き上げるほどに館ものが流行りました。
そのおかげで、私も実に多くの館ものをやったように思います。

もっともその館ものも、windows時代に入り数が激減しました。
理由を一つに断定することはできないけれど、
恋愛ものが流行したためにブームが去ったこともありますが、
作る側はネタが尽き遊ぶ側は飽きたってことも否めないのでしょう。

私自身も、館ものをプレイする気が減ってしまいました。
その理由としては、2つ挙げられるでしょうか。
一つは館もののあの淫靡な雰囲気は、
下手糞な256色よりも洗練された16色の方が映えるってのがあります。
館のボロさ具合なんかは、256色だとハリボテに見えたりしますし。
だからWIN用のゲームでやる気がなくなったと。
そしてもう一つは、
98時代末期である95年に『夢幻夜想曲』をやったことなのでしょう。

このゲームをプレイしたことで、あぁ~、しばらくはもう、
これ以上の館ものには出会えないだろうなぁ~
って気がしましたから。
このジャンルの最高傑作をプレイしたがために、
劣るであろう他の作品をやる気がなくなったって感じでしょうか。
他ジャンルでもそうですが、
あるジャンルで到達点に達したと感じると、
もうそれ以上を望まなくなるものですから。

何れにしろ、PC98時代末期の館ものの代表作でもありますし、
ライターの代表作の一つでもありますからね。
館モノファンやGAOGAOファンには、
ぜひプレイして欲しい作品ですね。

ランク:AA-(名作)

夢幻夜想曲

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

自分の中でもこの作品は館物として一番好きな作品だ。雰囲気もいいし、登場人物たちの描写も上手いだと思う。そういえばこの作品は米国にも発売された。
好評みたいなので同人小説を書いてネットで売り出したファンもいるらしい(笑)。
個人的には一番残念なことは、三峰さんは2002年後からまったく新しい作品を作らないということ。
キャンドルのサイトに新作を発表したが、結局そのまま放置した。

はじめまして、コメントありがとうございます。
>この作品は米国にも発売された。
アメリカでも発売されたんですか。
知らなかったけど、凄いですね。
何より、好評というのは嬉しいです。
>個人的には一番残念なことは、三峰さんは2002年後からまったく新しい作品を作らないということ
これは私も残念です。
最近は久しぶりにゲーム業界に復帰という人も出てきているので、三峰さんにも復帰してもらいたいものですね。

>これは私も残念です。
>最近は久しぶりにゲーム業界に復帰という人も出てき>ているので、三峰さんにも復帰してもらいた
>いものですね。
そうですよね。
最近復帰したのは書淫を手がけた深沢さんや黒の断章の大槻とか?深沢さんのセカンドノベル結構楽しめました。黒の断章ならまだクリアしていませんが...
そういえばYU-NOなどのBGMを作った作曲家梅本さんはお亡くなりになったそうです。彼が手がけた作品の中(全部プレイしたわけではありませんが)で一番印象深いのはXENONのBGMです。その神秘的な雰囲気がとても気に入っています。まだ若いのにとても残念です。

深沢さんの復帰は大きいですね。
もっとも、まだセカンドノベルは未プレイなのですけれど…
大槻さんも少し前に復帰して、またちょっと間隔が空いてって感じでしょうか。
今年に限って言うならば、『猫撫ディストーション』で元長柾木さんと藤木隻さんが戻ってきたのが嬉しかったですね。
>作曲家梅本さんはお亡くなりになったそうです。
これは全く知りませんでした。
98時代のFM音源に関してはこの人が最高だと思っていましたし、私は普段はサントラとか聞かないのですが、YU-NOのサントラはたまに引っ張り出して聞いたものです。
それだけに、とても残念ですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1578-b283e6aa
| ホームへ戻る |