My Merry Maybe (マイ・メリー・メイビー)

My Merry Maybe (マイ・メリー・メイビー)

『My Merry Maybe (マイ・メリー・メイビー)』は、
2003年にDC及びPS2用としてKIDから発売されました。

ゼロ年代に入ってからADVで最も高い点を付けた作品であり、
非常に大好きな作品でした。

mmmb01s.jpg

泣けちゃったんだからしょうがない。
一言で表すと、そんな感じでしょうか。

私はkeyの作品に高得点を付ける傾向がありますが、
それはほとんど泣かないのにkeyの作品では泣いてしまうという、
その希少性ゆえにです。
希少性があるから個性として高く評価するのであって、
仮に自分の泣けたゲームが一杯あったら、あまり点は上がらなかったでしょうね。
で、私が本当に泣けたゲームって、
keyの作品以外ではこの『My Merry Maybe』だけなんですよね。
それだけでも、凄くポイントが高いです。

もちろん、泣きゲーといってもいろいろあるわけでして。
私は本作のような、小さい子が一生懸命に頑張っている姿に弱いんですよね。
健気な姿がツボなんでしょう。

それと泣きゲーと鬱ゲーって垣根が曖昧な部分もありますが、
本作もまた両方にまたがる作品と言えます。
どっちかと言うと、泣きゲーより鬱ゲーに近いかもしれません。

鬱ゲーにもまたいろんな種類がありますが、
ヒロインにどんどん理不尽な不幸が降りかかってくるタイプの鬱ゲーは、
私はほとんど評価していません。
そういうのって、いかにも作り話って感じがしちゃいますからね。

その点、本作は良かったですね。
前作にも言えることなのですが、
ボタンの掛け違いというか連鎖的に繋がった上での鬱展開ですから。
理不尽さがなく、話が自然に流れていくんですよね。
そうだよな~そうなるよな~って頭では理解できていても、
感情的には納得できない鬱な感じが何とも言えません。
これならば鬱ゲーもありだよなって、素直に見直したものです。

尚、ジャンル的にはSF物の側面もありますが、
その方面に関しては若干煮詰めきれていない部分もあるかと思います。
生粋のSF好きがSFを求めるとイマイチに感じちゃうかもしれません。
むしろSFはほんのアクセント程度の一要素として、
メインは泣きや鬱を堪能する作品と考えた方が良いでしょうね。

前作の『My Merry May』と本作の出た2002年や2003年は、
結構鬱ゲーが流行っていました。
その当時の鬱ゲーを代表する一本でもあるし、貴重な泣きゲーでもある本作。
間違いなく、今世紀に入ってからのノベルゲームを代表する一本と
言えるのではないでしょうか。

システムは普通のノベルタイプのADVで、特筆すべき点はありません。
ただKID製作なだけあって、細かいシステムまわりは良くできていましたね。
なので、ストレスなく快適に遊べました。

ストーリーは、SFと恋愛と泣きと鬱が混じりあった感じでしょうか。
泣きと鬱の要素で、私は高く評価しています。
前作の『My Merry Maybe』と直接的な繋がりがあるので、
前作のプレイは必須です。
それと前作からプレイした場合、
ゲームのラストで娘をとられる親父のような気分も味わえます。
精神的寝取られというか、違う意味で軽く鬱になります。
私は変なのでそういう珍しい要素はプラスに評価してしまいますが、
俺はそんな展開は嫌だよ~って人は複雑な気持ちになったでしょうね。

現時点で最高のノベルはって聞かれると、私は『CLANNAD』って答えます。
でも点数は年々下がっていくものだから、
『CLANNAD』発売前の作品に関しては、
『CLANNAD』よりも高い点数のゲームもあります。
そして今世紀以降のノベルで最も高い点数を付けた作品となると、
実は『CLANNAD』ではなくこのMMMbなんです。

『CLANNAD』にMMMbよりも高い点を付けなかった理由は単純です。
MMMbの方が時代を代表するという点で相応しい考えたからです。
MMMbはボリュームが多いにもかかわらず、フルボイスでした。
これは旧世紀なら無理だったかなと思いますからね。
グラフィックでも目パチや口パクは当然として、
この頃から増えだしたCGの拡大・縮小による演出も使われてましたし。
ゲーム内の一要素だけが突出しているのではなく、
全ての面で時代の進化に適応していってるんですよね。
この年代を代表する一本と言うならば、
やっぱりこれしかないって思えるのですよ。

音声も単なるフルボイスっていうだけではなく、
今回もまた松岡由貴さんが凄く頑張ってましたね。
前作は2役でしたが、本作では3役こなしていますし。
この人がいなければ、
このゲームに対する印象は大きく変わっていたでしょう。

キャラも前回に続き好きなキャラが多かったです。
レゥにリースはもちろんのこと、新登場の穂乃香さんはツボでした。

mmmb02s.jpg

私が気に入るってことで、
逆に今風の萌え的にはどうよって一抹の不安はありますけどね。
ただその一方で、前回同様爆弾キャラもいたりします。
私はそれはそれで別に構わないって感じでしたが、
一部の人には地雷ともなりかねないですね。
とりあえず、由真目当てで由真萌えと思って購入しようと考えた人は、
よく検討した方が懸命なのかなとも思います。

何だかんだでノベルゲーとしてだけでなく、
ADVとしても今世紀以降では最高点をつけた本作。
少し人は選ぶかもしれないけれど、間違いなく良い出来です。
おそらく今後もこれ以上の高得点を付けるADVは出てこないでしょう。
そう考えると、点数的には今世紀最高のADVと言えるのかもしれません。

尚、現在は『My Merry May with be』が発売されています。
これは前作のMMMと本作が同胞され、
それに2つをつなぐ3本の短いシナリオが追加されています。
『My Merry May with be』によってこのシリーズは完成するので、
購入するならば断然『My Merry May with be』がお得でしょうね。

ランク:AAA-(名作)

My Merry May with be
My Merry May with be AMAZONで詳細を見る

My Merry May with be 2800コレクション


関連するタグ ドリームキャスト /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1575-dfe987ad
| ホームへ戻る |