プリンセスメーカー2

プリンセスメーカー2

『プリンセスメーカー2』は1993年にPC-98用として、
ガイナックスから発売されました。

元祖育成SLGとも呼ばれる『プリンセスメーカー』の後継作になります。

ゲームジャンル:育成SLG

prime201.jpg

2の名に相応しくほぼ全ての面でグレードアップし、
フロッピー枚数も12枚という当時では大容量な作品でしたね。

当時はまだPCを持っている人も多くはなかったので、
初代プリメや『卒業』をプレイした人は意外と少なく、
この作品で育成SLG初挑戦って人も結構いたかと思います。

それでいて完成度も高かったわけですからね、
中毒性が非常に高いのも分かる気がしますよね。

私の周りでも寝る間を惜しんでプレイした人も多く、
アキバをうろついていた時も、
そういう会話をしていた人を何人も見かけました。
あの当時に最も面白いゲームは?と聞いたら、
このゲームの名を挙げる人も少なくなかったのではないでしょうか。
私個人の感想や現在における巷の評価はどうであれ、
少なくとも当時はそれぐらいの勢いはあった作品でしたね。

ただその世間での評判と比べると、
個人的にはそれ程ははまれなかった方に入るのでしょうね。。
出来の良さや完成度は類似作品の中でも文句なしにナンバー1だし、
育成SLGはこのゲームで完成に至ったと言っても過言ではないでしょう。

しかし、完成度は高くなったものの、
逆から見れば複雑になっただけで面白さのベクトルは前作と同じなんです。
つまり、新鮮味がイマイチ高くなかったんですよ。
私はクオリティよりオリジナリティを求めるタイプなので、
それではまりきれなかったんです。

まぁ、あとは女の子が初代の方が好みってのもありますけど…

そういうわけで個性や新鮮さなども加えた総合的な面では、
前作には及ばないように思います。
しかしながら上記のように、
完成度の点で当時本作を上回る作品はなかったですし、
これはこれで十分に名作ではあるのでしょう。
PCを持っていない人には馴染みはなかったかもしれませんが、
間違いなく93年を象徴する作品の1つと言えるのではないでしょうか。

ランク:A-(名作)

PCゲームBestシリーズ Vol.19 プリンセスメーカー 2

関連するタグ PC98 /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/157-3b5b373a
| ホームへ戻る |