燃えろ!! プロ野球

燃えろ!! プロ野球

『燃えろ!! プロ野球』は、
1987年にファミコン用としてジャレコから発売されました。

当時、野球ゲームといえばファミスタって感じでして、
自分もファミスタを相当やりこんだものです。

そのファミタはピッチャーが上で、
画面下の打者に向かって投げてたんですね。
また、キャラの頭身も低かったんです。

それに対抗するかのように、燃えプロは反対路線を選んでいました。
即ち、ピッチャーが下で画面上のバッターめがけて投げるわけですね。
しかも、キャラはリアル路線で頭身が高くなっていました。

そのリアルな雰囲気に最初は凄く惹かれましたし、
また慣れない内は点も取りづらく非常に楽しめました。

しかし、慣れてくると状況は一変します。
次第に、1イニングで20点以上入っちゃうようになっちゃったんですよ。
なので、友達同士の対戦では1イニング勝負でやってましたっけ。

そんな乱打戦になってしまうのには、幾つか理由があるわけです。
1つはファミスタより球筋が見やすいということが挙げられますが、
他にも強打者は芯に当たりさえすればホームランになることも大きかったです。
つまり、芯に当たればバントでもホームランになっちゃうんですよね。
そりゃ点も入りまくるわけですよ。

途中まで皆凄く楽しんでいたのですが、
こうしたわけのわからない仕様のせいで、
一気にクソゲー候補に仲間入りした気がします。

いろいろと粗の多いゲームではありましたが、
結構皆で楽しんだしネタにもなったんで、
これはこれでかなり満足したものです。
後世の評価は絶対に低くなるんだろうけど、
リアルタイムでは結構楽しめたゲームでしたね。

燃えろ!! プロ野球

※伝説のバントホームラン


関連するタグ 


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1567-66a4e12b
| ホームへ戻る |