猟奇の檻

猟奇の檻

『猟奇の檻』は1995年にPC-98用として、
日本プランテックから発売されました。

このシリーズは大好きでしたね。

ryouki01.jpg

<概要>


『同級生』をやったとき、皆その攻略に必死になったはず。
時間の概念があったために、誰がどの時間どの場所にいるのか、
タイムテーブルを作った人も多いかと思います。

『同級生』はナンパゲームでした。
しかし時間の概念のあるゲームと、ナンパには因果関係はないですよね。
このシステムでもっと別のジャンルをやってみたいって人も、
少なからずいたのではないでしょうか。

ってか、この頃は自分も含め推理ADV好きが多かったですからね。
端的に言うと、このシステムで推理ADVがやりたかったんですよ。

そして『猟奇の檻』は、まさにその願望を満たしてくれる作品でした。
しかも、中身がとてもハードなサスペンスですからね。
これはやってて充実感が凄かったですよ。

さて、大まかなあらすじとしては、零式百貨店の本店に異動させられた主人公。
そこで百貨店内でおこる行方不明事件の捜査を極秘裏に進めるよう、
命令されます。

そして事件を調べてるうちに、
これが単なる行方不明事件にとどまらない事が判明。
組織的な臓器売買が絡んでくる事がわかるのです。

<感想>


このゲームの後味の悪いところ。
それは犯人を見つけて逮捕にいたっても、トカゲのシッポ切りでしかない点。
80年代に流行った松本清張のサスペンスのようでしたね。
そして場合によっては、裏切って自分が犯人側につけることでしょうか。
これらが非常に良い味になっていましたね。

グラフィックは横田守さん。
横田さんの描くキャラはとても好きなんだけど、
これが発売された95年頃の絵が一番魅力的に思ってます。
自分にとっての横田さんの代表作は、
いつになっても『猟奇の檻』や『遺作』なんですよ。

高いゲーム性と、ハードなストーリー。
それに横田さんのグラフィックまであるんですから。
これで満足できないわけがない、って感じでした。

ただ、ここは若干の補足でもありますが、
行動により時間が経過するって点で、
よく同級生タイプと紹介されたりもしますが、ちょっと違います。

同級生のように画面をクリックする要素はないし、
移動も簡易マップ上で行き先を選ぶだけなので、
同級生やRPGのように直接キャラを動かしたりはしません。
単に時間の概念があることが共通しているってだけです。
なので『同級生』よりも簡略化したイメージになりますし、
『同級生』ほどのはゲーム性は高くないのでしょう。

とは言え、いろいろある推理ADVの中でも、
こういう時間経過型は存在自体が稀有ですからね。
推理ADVが好きならば、ぜひともやってもらいたいものです。

今なら、WIN用のリメイク版も出てますし。
まぁ、自分は95年当時のキャラデザが好きなんで、
オリジナルにこだわっちゃいますけどね。

因みに、原画集にオマケでついてくるCDにゲームが丸ごと入ってます。
ただシステムは完全にコマンド選択式となってて、
より一層簡略化されてるのが難点ですけどね。

ランク:AA-(名作)

猟奇の檻

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1564-511d9288
| ホームへ戻る |