Blue (ブルー)

Blue (ブルー)

『Blue (ブルー)』は1992年にPC-98用として、
きんぷくりんから発売されました。

当時ではまだ珍しい、国産の自由度重視の作品でしたね。

ゲームジャンル:RPG

blue_kin02.jpg

きんぷくりんと言うと馴染みのない人も多いかもしれませんが、
90年代前半に自由度に特化したRPGを作っていまして、
一部で根強い人気を得たところでした。

その後リビドーとしてアダルトゲームを作っていますので、
ここを訪れる人の多くにはリビドーの前身と言った方が、
ある意味分かりやすいかもしれません。

さて、きんぷくりんのRPGには前述のように特徴がハッキリとあって、
まず長所としては圧倒的な自由度が挙げられます。

画面上に出てくるキャラのほとんどを仲間にできる点、
及び特定のイベントに縛られることなく、
好きなイベントを進行できる点ですね。
当時は特に自由度重視の作品はほとんどなかっただけに、
ここは非常に大きなポイントだと思います。

もっとも、逆に短所もあったわけで、
例えばストーリーや戦闘育成を重視する人には、
必ずしも満足いく内容ではなかったのかもしれません。

加えて、特に演出面はかなり地味で、
あまり売れずにマイナーだったのもその辺に理由があったと思いますし。

ここら辺がきんぷくりんのRPGに共通する特徴なのですが、
その一連の自由度重視タイプの最初の作品がこの『Blue』でした。
そのため、長所も短所もよりハッキリしていたわけですね。

個人的には自由度重視も好きだけど、
それだけに特化した作品というのは、
私の基準では点数的には辛めになってしまいます。
それと同じ年にでた『Free Will』の方が楽しかったので、
相対的にそちらより低くなってしまうということもあり、
総合では良作としておきました。

ですので、自由度重視の人であればもっと高く評価されるでしょうし、
一発目というインパクトを更に評価するならば、
かなり高得点の名作にもなりうるでしょう。
地味な作品ではありましたが、
この年に出た他社の自由度重視系の中でも最も自由を感じられた作品で、
見た目以上の魅力も兼ね備えた作品でしたね。

ランク:B-(良作)

関連するタグ PC98 /RPG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/156-f99ce784
| ホームへ戻る |