催眠実験

催眠実験

『催眠実験』は2009年にWIN用として、
#defineから発売された同人ゲームです。

催眠術ゲーの分野において定評のある、
おくとぱすさんの代表作と呼べる作品でしたね。

催眠実験

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
「ほほう、催眠術とは面妖な」
ふとしたことから催眠術に興味を持った、お寺の息子深川一真。
修行に明け暮れる日々の息抜きに、クラスメートに試してみた。
相手は、ちょっと気になる女の子、菊宮千華と桐沢百花。
こちらは修行の身、邪な気持ちなんてない。
・・・・・・はずだった。
やがて・・・『魔』が、一真を捕らえる。
どんなことができるんだろう。
どこまでのことができるんだろう。
どれほどのことを・・・させられるんだろう。
道を外れ、堕ちゆく先にあるものは・・・?

<感想>


ストーリーは概要にあるように催眠術モノなのですが、
多くのゲームにあるように陵辱目的ではありません。
主人公もヒロインも互いに相手を好意的に思っていますし、
催眠術は本当に嫌なことは抗えるということなので、
どちらかというと陵辱物よりも、
恋愛物という印象の方が強いのではないかと。

その様な内容ですからね、
例えば好きな娘を操りたいという願望はあっても、
鬼畜・陵辱路線はちょっとなって人もいるでしょう。
そういう人にとっても本作は最適なゲームと言えますし、
案外珍しい設定と言えるかもしれませんね。
またNTRもないので、そういうのが苦手な人にもいけるでしょう。

ただ、これは逆のことも言えるわけでして。
陵辱系が苦手な人や経過を大事にする人には良い作品だと思いますが、
逆に従来の催眠を用いた陵辱路線を望む人には、
少々物足りなく感じるかもしれません。
途中の堕ちていく過程を大事にするために本番自体は少なく、
Hシーンだけを求めた抜きゲーとはちょっと方向性が違うからです。
まぁ、ここら辺は低価格な同人ゲーゆえのボリューム上の問題が、
大きいのかもしれませんけどね。

また、本作は催眠術により堕ちていく過程が重視されていますので、
その描写も丁寧ですし、バリエーションも豊富です。
随所にこだわりが見えますし、
ライター自身がこの手のジャンルに詳しいことがよくうかがえます。

尚、主人公は坊主の息子という設定なのですが、
これは良く活かされていましたね。
またテキストというか主人公のセリフは楽しかったですし、
術をかけるだけでなく自分も成長しようという姿勢も好感が持てます。
この手のゲームの主人公はろくなのがいないし、
恋愛系でも見てていらつくヘタレも多いのですが、
珍しく本作は見ていて楽しいタイプの主人公でした。

グラフィックはHシーンで若干癖があるようにも思えましたが、
まぁ大抵の人は大丈夫なんじゃないかと。
一枚絵は普通って感じでしたが、
立ち絵全裸が用意されていたのは、個人的にはポイントが高かったです。

<総合>


相手を意のままに操り好きなことをするというのは、
基本的にアダルトゲームとは相性が良いと思います。
なので、これまでにも何本も、この手のゲームをプレイしてきました。
ただ、どうにも抜きゲー以上の満足感は得られなかったわけでして。

というのも、大概のゲームはHが目的であって、
催眠術はそのための手段でしかないんですよね。
だから作中における催眠術という行為を暴行や脅迫に置き換えても、
何ら違和感なく成立するゲームも多いのです。

まあ、購入者の多くはHシーン目当てでしょうから、
それはそれでも満足はさせられるでしょう。
でも、たまには如何にも催眠術を用いたゲームだなと感じられる、
催眠であることにこだわりを持ったゲームもやってみたいのです。

その点、本作はバッチリでしたね。
催眠術後のHシーンだけではなく、
催眠術をかけることで次第にヒロインらが堕ちていく様子が、
丁寧に描かれていました。

私は寝取られ物も好んでプレイしますが、
寝取られ物でも途中の経過が丁寧に描かれているか、
堕ちていく様子が描かれているかを重視する人も多いです。
そういう経過を大事にする人ならば、
きっとこの作品は満足できるのではないでしょうか。

好きなんだけどイマイチ名作と思える作品がなかったこのジャンルで、
ようやく満足いく作品に出会えた気がしましたね。
固定ファンはいてもあまりメジャーでない属性故に知名度は低いですが、
良く出来た作品でした。

総じて、催眠術物のゲームとしては出色の出来でしょう。
ジャンルを代表する作品と言っても過言ではないでしょうし。
名作扱いでも構わないようにも思いますが、
低価格の小粒な作品ということで物足りない部分もありますので、
厳しめかもしれませんが良作と判断しておきたいと思います。

もっともジャンル的には名作だと思いますし、
この分野で定評のある、おくとぱすさんの代表作だと思うので、
催眠ものが好きならば、ぜひプレイしてもらいたい作品ですね。

ランク:B(良作)

催眠実験

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1553-bbc89932
| ホームへ戻る |