プライベートアイドル

プライベートアイドル

『プライベートアイドル』は、
1995年にPCEのスーパーCDROM用として
NECホームエレクトロニクスから発売されました。

PCEの性能を最大限まで活かしきったゲームでしたね。

PI2_20150526134433009.jpg

<総論>


ハードの性能を最大限に利用したゲームを今やってみると、
何だか妙に懐かしくありませんか?
ああ~、この時代はこういうもんだったなって。
そのハードによって出来たこと、そしてできなかった限界が。
そのハードの歩んだ道のりというものが、
一本のゲームを通じて全部伝わってくるような気がするのです。

まぁ、アクション系をあまりやらない自分には、
縁がない場合も多いですけどね。

PSやSSと言ったいわゆる次世代機に時代が移る前、
PCエンジンとスーパーCDーROMなる物がありました。
この機種はファミコンと同じ8ビットながらも、
CDーROMを採用したことで、
豊富なアニメと音声を使うことが出来ました。

既にPSもSSもPCEの後継のPC-FXも発売されていた95年。
その年に、PCEから発売された『プライベートアイドル』もまた、
そんなハードの性能を最大限まで活かしきった一本なのでしょう。

<グラフィック等>


豊富なアニメーションに、フルボイス。
いかにもPCEのゲームらしいゲームであり、
『プライベートアイドル』はPCEの持つ魅力を、
存分に駆使していました。

でもハードの性能が低いですからね、
あまりに多く詰め込んだために少し重くもあったり。

そこでアーケードカードという拡張機器を使うと軽くなり、
アーケードカードの存在意義を激しく実感することになります。
これがPCEの能力を最大限まで活かしきった瞬間だったんでしょうね。

また本作には、
セーブデータを保管するメモリーベース128の管理ツールも付属し、
これが非常に役立ちました。
ってか、これがないとセーブデータの管理が出来ないから、
もはや必需品でしたね。
PCE末期の作品で知名度は高くないのに、出来は良いし、
管理ツールもあって手放せない作品ということもあり、
一時期はプレミアだったり入手困難な作品でもありました。

『プライベートアイドル』。
それはPCEを象徴する一本であり、
同時に絶対に手放すことの出来ない一本だったのです。

<ゲームデザイン>


というわけで、演出面がまず優れた作品なのですが、
基本となるゲームジャンルはADVで、内容的には推理ものになります。

ADVとしての細かい内容についてですが、本作はRPGのように、
マップをうろつきまわるタイプのADVになります。
もっとも画面クリックの要素がありませんで、
『同級生』よりも『下級生』の方が近いと言えるでしょう。
或いは今の3DADVを2Dでやったような感じですかね。

ただ、本作には明確な時間軸はありません。
「明確な」と言ったのは、
プレイヤーの行動で細かく時間は経過しないけれど、
NPCらは一定時間によってそれぞれが自由に動き回ってるからです。

基本システムはこんなところですが、
このゲームでは、むしろミニゲームが良い味を出しています。
地図を作成したり、迷路があったり。
また、選択肢を選んでいくことで相手を追い詰めていく所なんかは、
推理ゲームらしくて凄く盛り上がりましたね。

どれも推理の過程に必要なミニゲームであり、
シナリオとゲームが上手く融合しているからこそ、
感情移入して楽しむことができるのです。
推理ADVとしてぜひ知っておいてもらいたい要素が豊富でしたし、
推理物好きにはこれと『悪逆の季節』は必修科目でしょう。

<ストーリー>


ストーリーは推理もので、章仕立てになっており、
全3話、計4部という構成となっています。

舞台が街外れの洋館に、孤島に、豪華客船だったりしますからね。
推理物の定番中の定番をしっかりと押さえています。
横溝作品とか、古い推理小説とかも好きだよって人には、
ツボにくるかもしれません。

因みに、主人公の「メイ・スター」はいわゆるボクっ子です。
前年に『闘神都市2』をクリアしたこともあり、
すっかりボクっ子の魅力に取り付かれていましたので、
これまたツボでしたね。

<感想・総合>


推理物としてのお約束をきっちりと押さえた上で、
その上に新たなシステムや魅力的なキャラが加わり、
尚且つ管理ツールというオマケまでついてくる。

PCEの限界に挑んだPCE末期の傑作であると同時に、
推理ADVの新たな方向性・可能性にも挑んだ、
意欲作でもあったと言えるでしょう。
実にお見事な作品でしたね。

ランク:AA(名作)

プライベートアイドル

スーパーCDソフトプライベートアイドル

関連するタグ ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1546-762a9bed
| ホームへ戻る |