戦国ランス

戦国ランス

『戦国ランス』は2006年にWIN用として、
アリスソフトから発売されました。

鬼畜王ランスの興奮をもう一度。
ファンが望んだものは再来したのでしょうか。

sengokurance01.jpg

<感想>


『鬼畜王ランス』は別格なゲームでした。
アリスソフトのファンならば、きっと誰しもが鬼畜王の再来を望んだはず。

その悲願は、『大悪司』である程度は果たされました。
しかし、ファンの欲というものは限りがないわけでして。
できれば鬼畜王2みたいにランスシリーズでやって欲しかった、
そう思った人も結構いたのではないでしょうか。
『戦国ランス』は、まさにその願望を叶えてくれたゲームだったのです。

加えてもう1つ。
シミュレーションゲームというのは、
ADVとならんで非常に古くからあるジャンルです。
しかしADVが衰退している以上に、SLGはもっと衰退していると思いませんか?

アダルトゲームだけでなく全機種通じて考えてもです。
PS2の時代以降、コンシューマーのSLGの名作ってほとんどない気がします。
PCでは洋ゲーの移植が結構あったんですが、
それもここ数年はめっきり減りました。
まぁ、海外でもSLGの名作が極端に減ったってのもありますが・・・

名作と呼びうる作品でも、『SIMS2』とか『キャピタリズム2』なんかは、
ストーリー性やキャラの要素は皆無です。
そうなるとストーリーがあってキャラも十分なSLGって、本当に少ないんですよね。
そういうのを求めてた人にも、
久しぶりに傑作と呼びうる待望の1作だったのではないでしょうか。

さて、ここから中身に入りますが、
ジャンルは戦略(国取り)SLG+ADVになりますかね。
SLGとしての要素は戦略部分が中心で、戦術や内政といった要素は薄いです。
コーエーの信長や三国志に比べ、そこら辺が簡略化されているということですね。
なので、SLG部分「だけ」を求める人には物足りないかもしれません。

じゃあゲームとして劣るのかというと、話は全く別です。
本作はSLG+ADVなのであり、マルチエンド・マルチストーリーな上に、
各キャラごとに大量のイベントが用意されているからです。
このADV部分の量が半端じゃないのがアリス作品の特徴ですしね。

SLG部分をこなしつつ、ADV部分のイベントを全部見ようとすれば、
オールクリアはかなり困難を極めるのではないでしょうか。
ゲームに何を求めるのかにもよりますが、
トータルで見ればそのゲーム性はかなり高いと思いますね。

今回のランスは、本来ならばシリーズの7にあたります。
国取りSLGってことで、
従来のランスシリーズより非常に多くの新キャラが登場しました。
特に上杉謙信は一番のお気に入りで、見た目がモロにツボでしたね~
武田信玄は、絶対中に美少女が隠されてると思ったのにorz

基本は鬼畜王路線。魅力的な新キャラも豊富・・・
一見、完璧そうですけどね。
気になる点も幾つかあるわけでして。

まずマルチストーリーのSLGってことで、
従来のRPG(例えばランス6)の時に比べてストーリーが薄いです。
番外編的な内容でもあり、
ランスシリーズにおけるストーリー上の重要度も少なそうだし。

次に、番外編的な作品ってことで、今回は舞台がJAPANに移っています。
そのため、シリーズでもおなじみのキャラ達に出番がなかったり、
あっても極端に少なかったりします。
ってか、ぶっちゃけ魔想さんをもっと出せと・・・
ゲーム買って説明書見て、
本編に出てこないと知ったときのショックといったら・・・
それだけで大幅減点ものですw
まぁ主観点で判断しないので評価にはほとんど反映されていませんが、
もし主観点だけで判断したらここは大幅なマイナスだったでしょうね。

またSLG+ルート分岐の複雑なADVっていう点で、
『鬼畜王ランス』が発売された時は衝撃的でした。
しかしながら、以後『大悪司』『大番長』ときての本作ですからね。
正直パターンに慣れてきたというか、
インパクトが無くなってきたと感じるのもやむを得ないでしょう。
面白さが完全に自分の予想範囲内だったのは、
クオリティよりオリジナリティを求める自分には不満でした。

とまあいろいろありますが、個人的な思い入れはともかくとして、
ゲームとして非常に優れていたことだけは間違いないでしょうね。
SLGを堪能できたのは実に久しぶりでしたから。
アダルトゲームにゲーム性も求める人にとっては必須の作品であり、
今後の指標となる一品といえるでしょうね。

ランク:A(名作)

戦国ランス

関連するタグ WIN /SLG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2006」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

ストーリーはともかくゲームとしてはとても楽しかったです
何度も何度もプレイしたことを憶えています

この作品の成功は、ゲームシステムのバランスの良さとキャラに尽きます
私も信長シリーズからSLGに入った人間なんですが、確かにそれと比べればシステム的には見劣りがします
でもそういうのが面倒だと感じる人もいるだろうし、キャラやストーリーとの兼ね合いやボリュームを考えると、本格SLGクラスの複雑さを入れなかったのは正解だったと思います
イベントも適度に発生してくれますし、「飽きないSLG」という意味で成功作だったでしょう

あとはキャラですよね
何しろ謙信のインパクトが大きかったですし、鈴女が好きだったですよ私
あとマジックね
6とキャラデザが変更されてるんですが、私はこっちの方が好みでした
地味だけど直江愛も好きだった
……もしかしたらデコが好きなんですかね、私(笑)
千姫もいいですね

ただ新キャラが衝撃的で目立ちすぎたせいか、旧来キャラが冷遇されてて気の毒だったかな
katanさんご執心の魔想さんやかなみはもちろん、個人的に好きだった五十六も謙信のお陰で影が薄かった(個別エンドはあったけど)
なんかみんな出そうとしたせいか、キャラが多すぎて収拾がつかなくなった感じはありますね

不満らしい不満はあまりないんですが、あるとすると香ちゃん絡みかな
香姫自体はけっこう好きなんですが、何度も言うように非ロリなもので香ちゃんの例のイベントは痛々しくて見てられませんでした……

どの勢力も好きでしたけど、なぜか北条家だけはほとんど使いませんでした
一度北条家を攻め滅ぼしてキャラを取り込んだことはあったけど、あそこのヒロインや女性キャラはあんまり好みじゃなかったかな

いずれにせよランスシリーズとしては本筋ではないんだろうけど、私にとっては久々のヒットで満足できる出来でした

> キャラやストーリーとの兼ね合いやボリュームを考えると、本格SLGクラスの複雑さを入れなかったのは正解だったと思います
> イベントも適度に発生してくれますし、「飽きないSLG」という意味で成功作だったでしょう

ここは本当にそう思います。
ゲーム性だけ追求し高めても、洋ゲーでSLG専門に製作しているところより、
どうしても劣ってしまうでしょう。
イベントとゲーム性の総合的なバランスが良かったのだし、
それで自分も本格SLGより楽しめたという感じですしね。


> あとはキャラですよね 何しろ謙信のインパクトが大きかったですし

5D以降の新キャラでは、ビジュアル的には謙信が一番好きですね。
インパクトは凄かったです。

北条家は、自分も一番印象が薄かったですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1538-8cfb343e
| ホームへ戻る |