夢幻廻廊

夢幻廻廊

『夢幻廻廊』は2005年にWIN用として、
BLACK CYC(ブラックサイク)から発売されました。

M好きのために作られた、正真正銘のマゾゲーでしたね。

mugenkairou01.png

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

商品紹介・・・記憶喪失の少年が謎の屋敷で体験する
様々な被虐的悦楽を描いたエロティックアドベンチャー。
主人公の劇中での立場は‘キャトル’と呼ばれる家畜。牛や豚、
鶏など、人間の食欲を満たすために存在するそれと同じく、
劇中のキャトルは人間の性欲を満たす‘生き物’でしかない。
館に住む人間たちはキャトルである主人公を
家畜として扱うことに何の躊躇いも疑問も抱かず、
それが当然と思っている。そして主人公も、
そうした人間たちが平然と繰り返す異常なる日常の中で、
徐々に人間性を失い完全な家畜に変容していく。

<感想>


好きな属性というものは人それぞれだとは思いますが、
マニアックな属性になってくると、
好みのゲームを探すこと自体が困難になってきます。
本作はそんな極一部の、
マニアックな嗜好を持つ人のための作品でした。

つまり簡単に言いますと、これってマゾゲーなんですよね。
しかもショタゲーです。
ショタな主人公がヒロインらによっていじめられる様子を眺める。
この1文に全てが集約されていると言えるでしょう。

ストーリーはもちろんのこと、CGだってそうです。
残飯を犬のように食べさせられる主人公の様子とかが、
きちんとCGで用意されてあるのです。

たぶん、多くの人は見ていて楽しいものではないと思います。
中には吐き気とか嫌悪感を抱く人も出てくるでしょう。
またそこまでいかなくても、単純にマゾっ気のない人には、
何が楽しいかすら分からないかもしれません。
間違いなく人を選ぶ作品です。
場合によってはトラウマになりかねないですし、
ある意味絶対に人には勧められない作品とも言えるでしょう。

でも逆に、マゾな人、しかもショタ好きな人にとっては、
これはたまらない極上の1品なのです。
絶対にこれは手放せないって思った人も必ずいるであろう、
そんな作品なんですよね。

なので、ショタ好きでマゾなのにまだやっていない人は、
今すぐ購入してください。
きっと満足できるはずですから。

逆にそういう趣味のない人は、避けるのが賢明です。
ただ、そう忠告した上であえて言わせてもらうならば、
そういう趣味のない人にこそ、
やってみてもらいたい気もするんですけどね。
今までに知らなかった未知の世界、
新たな属性を体験するっていうのも、
ゲームならではの特権なのですからね。

さてもう少し細かく見ますと、
大まかなイメージは小説で言えば「家畜人ヤプー」ですね。
ヤプーをアダルトゲームにして、主人公をショタにした。
そんな感じのゲームです。
ヤプー好きで本作をやってない人は本作をやってみるべきだし、
逆に本作が楽しめてヤプーを読んでない人には、
ヤプーをお勧めします。
こういうジャンルってあまりないですからね、
数少ない良作には媒体の壁を越えて、
いろいろ手を出していきたいものです。

私は特にショタ好きでもマゾ好きでもないのですが、
ヒロインらが凄く好みだったのと、
変わった世界観が好きなので購入しました。
『MINDEAD BLOOD』でブサイクのファンになっていたのと、
立ち絵で脱ぐシーンがあるっていうのも、
個人的にはポイントが高かったですかね。

そういうわけですので、この手の属性はなかったものの、
可愛いヒロインに変わった世界、
秀逸なCGによって基本的には結構楽しめました。

ただ、何とも勿体無かったのがストーリーなんですよね。
本作はギミックというかトリックというか、
ストーリーの構造自体もかなり凝っています。
しかし凝っているだけであり、
それがいまいち面白さにつながっていません。
これがきちんと描かれていれば、
とんでもない名作にもなりえたでしょう。
しかし、どうにもラストのオチが弱い感じがしたんですよね。

それと個々のシーンとCGの派手さに目を奪われがちですが、
ストーリー自体は淡々と進んで淡白な出来でした。
そこがどうしても引っかかってしまったわけでして。
実に勿体無かったですね。

<総合>


なので、私としては良作止まりです。
ただ、これはあくまでも、
Mゲーが大好きとまでは言えない人間としての評価です。
仮に私がショタやマゾのゲームをこよなく愛していたとしたら、
そして好きなジャンルなら高く点を付けるというのであれば、
名作としていたでしょう。
だから本作を絶賛する人がいても不思議ではないわけで、
良くも悪くも嗜好次第といった作品だと言えるでしょうね。

ランク:B(良作)

夢幻廻廊

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1537-7a03bf06
| ホームへ戻る |