アークザラッド (Arc The Lad)

アークザラッド (Arc The Lad)

『アークザラッド (Arc The Lad)』は1995年にPS用として、
SCEから発売されました。

PSという新時代を担う期待を込められて発売されたRPGでした。

アーク ザ ラッド

最近はそうでない感じでもありますが、
90年代半ばまでというのは良いRPGがないとハードが売れない時代でした。
それは次世代機にも当てはまることで、
幾ら性能の良い新機種が出てもRPGがないと駄目でした。
そうなると当然ながら、
PSにだってRPGがあるんだぞってことを示す必要がありました。
そこでその役割を担って発売されたのが、本作だったわけです。

実際、次世代機のゲームだけあって、
同時期の他機種のRPGより格段にグラフィックが綺麗でした。
戦闘中には豊富なボイスも入っていて、
そういう面も含めて総合的なサウンド面も良かったでしょう。
光と音のRPGと銘打ったのは伊達ではありません。

システムはタクティカルコンバットシステムを採用したRPGとされてますが、
戦闘マップが結構広め&ワールドマップは簡略化されていたので、
プレイ感覚はRPGとS・RPGの中間的なものでした。
平凡なコマンド選択式のRPGにはうんざりしていたところなので、
このシステムは好印象でしたね。

プロデューサーの土田俊郎さんは、
この年には『フロントミッション』も出しています。
その後スクエニに移って、フロントミッションの続編や、
『FF10』の戦闘部分も手がけていて、
最新の『FF13』の戦闘部分も担当しています。
全ての作品とまでは言いませんが、
基本的に私は土田さんの作る戦闘システムとは相性が良いようです。
戦術重視なところや、
標準的なシステムに少しアレンジを加えてくるところが合うんでしょうね。
FF13なんて、あの戦闘システムがなかったら評価はがた落ちだったでしょう。

そいうわけで私は基本的に好きなのが多いのですが、
逆に王道や定番といったシステムを好む人には、
もしかしたら相性は良くないのかもしれません。
本作だってワールドマップを堪能したいとか、
普通のコマンド選択式の戦闘が良いって人には向いてないでしょうし。

また、本作は世界観やキャラも良かったです。
チョンガラの「出て来い、出て来い、~」とか今でも耳に残ってますし、
ククル、トッシュ、ゴーゲン、ちょことか、
私にしては珍しく好きなキャラが多かったです。
そういうわけで、個人的にはかなり楽しめた作品でした。

ただ、本作は本数はかなり売れたのですが、
発売当時は世間では結構叩かれてたんですよね。
その理由は極めて単純なもので、未完な上にボリュームがなさすぎたからです。

当時は最近のゲームの様にエピソード何たらみたいなものには馴染みがなく、
未完ってこと自体に拒否反応を起こす人も多数いました。
本作は単独では未完であり、
続編の「アークザラッド2」と2つで1つの物語が完成します。
この点が受け入れられない人には、間違いなく合わなかったでしょう。

ただ、本作に関しては好みの問題を除けば、
未完であること自体は想定の範囲内と言えたかと思います。
というのも、PSでメモリーカードが初めて導入されたのですが、
メモリーカードの利点としてデータを持ち越せるってのがありました。
本作はそれを売りの1つにしていましたからね、
ストーリーは途中で終わるんだろうなってのはある程度予測ついたのです。
だから私は未完なこと自体は特に気にもならなかったし、
例え未完でもボリュームがあれば問題なかったのです。

しかし、あまりにボリュームがなさすぎでした。
本編だけなら10時間かからず、
隠しダンジョンを含めても15時間もあれば終わってしまいますからね。
これはSFCのRPGに慣れた人には少なすぎたでしょう。
当時のSFCのRPGも30時間もかからずクリアできましたが、
それでもその半分くらいのボリュームしかないですしね。
(SFCのゲームは価格も倍なので、
コストパフォーマンス的には案外大差ないのではという気はしますが…)

また、PCエンジンのRPGなら似たようなボリュームのRPGはありましたが、
短い分1つの話として完結しているので、それはそれで満足もできるわけです。
本作は未完でかつ量が少ないから問題だったんですね。
これはもう他の長所を全部消し飛ばすくらいに致命的でした。
なので、本作単独の評価として名作と言うことは難しいでしょう。
続編がなければせいぜい佳作止まりってところでしょうか。

とはいえ、何もとりえがなくての佳作ではなく、
大きな長所と短所が入り混じっての結果ですからね。
長所を活かしつつ短所を完全に消した直接の続編も発売されていますし
(私は続編の2は傑作として高く評価しています)、
その続編をプレイするには本作のプレイは必須なんですよね。
またプレイ時間は短くてもプレイ中は非常に楽しかったですし、
1時間あたりの満足度は結構高いわけです。

なのでランク的には、
続編をプレイすることを前提とした上でB(良作)にしておきます。
本作をプレイする場合には一緒に2も購入して、
絶対に両方をプレイしてもらいたいと思いますね。

ランク:B(良作)

アーク ザ ラッド アーク ザ ラッド2

関連するタグ PS /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1530-29ca3cf1
| ホームへ戻る |