サバッシュ2

サバッシュ2

『サバッシュ2 ~メヒテの大予言~』は1993年にPC98用として、
ポプコムソフトから発売されたRPGです。

開発はグローディアですが、前作の『サバッシュ』と同様に、
落語家の三遊亭円丈さんが原作・シナリオ・総指揮を担当しています。

zavas2-02s.jpg

<はじめに>


仮にRPGの最高傑作は何かと考えたとしても、
おそらく結論は出ないんじゃないかと思います。
RPGといってもいろいろありますからね。
似たようなジャンルだったら比較も出来るかとは思いますが、
例えばストーリー重視のRPGとゲーム性重視のRPGとでは、
簡単には優劣はつけられないでしょう。
結局はその人の価値観次第にもなりますしね。

因みに私は、総合的に判断し新しい要素を大事にしつつも、
基本的にストーリー重視な傾向があります。
なので、好きなRPGの上位にはストーリー重視のゲームが並びます。
従って私にとってのベスト3には、この『サバッシュ2』は入りません。

しかし、古くからのRPGファンであるとか、
俺はゲーム性こそが第一という人は多いでしょう。
その人らがRPGの最高傑作として『サバッシュ2』の名を挙げるのなら、
それに対しては全く異論を挟む気にはなれないですね。
私が自由度重視の人であれば、
間違いなく本作を最高傑作と言ったでしょうから。

<感想>


さて、このゲームの一番の魅力は、
何といってもその自由度とボリュームにあります。
ストーリーや目的は一応あるのですが、そんなのは二の次。
サブクエストばっかり楽しむ人もいただろうし、
中には延々と交易ばかりやっていた人もいるでしょう。

加えて、本作の経験値は少々特殊です。
とういうのも、あらゆる行動が経験値に置き換えられているんです。
通常のRPGは敵を倒さなければ得られないですからね、
今までにない発想と言えるでしょう。
でも、これって決して奇抜なだけではないんですよね。
もし自分が本当に冒険者になったらと考えてみてください。
敵を倒したときだけ成長するって方がむしろ変でしょう。
そう考えると本作はゲームシステムとして斬新でありながら、
それでいて全く無理のない道理にかなったシステムとも言えます。
そして成長の手段や解決方法が一つでなくプレイヤー次第だってことは、
当然ゲームの幅も広げることにもつながります。
私はこの発想は凄く好きでしたね。
もっと多くのRPG、特に自由度をうりにするRPGには、
こうしたシステムが採用されて欲しいものです。

また、高い自由度が面白く感じられるかは、
ボリュームも密接に関連するでしょう。
ストーリー重視なら短編でも良い作品になりえますが、
自由度重視にはある程度のボリュームが必須です。
だって、自由にやっていいよって言われても、
できることが1つか2つじゃ、結局1本道と変わらないですからね。

その点、本作は素晴らしかったですね。
シナリオの総文字数が、何と60万文字に及ぶとか。
サブクエストがね、もう膨大にあるのですよ。
当時はもちろんのこととして今現在を含めたとしても、
国内のRPGでこのボリュームを超える作品はそうはないはずです。
近年のゲームは容量は増えたけど、多くは映像や音声に使ってますからね。

冒頭の繰り返しにもなりますが、RPGにはいろんな要素があります。
なので、どこを重視するかで最高と呼べる作品も変わってきます。
ただ、上記の理由から総合的な自由度とボリュームにおいては、
本作こそが最高の作品であり、
それが一部で最高のRPGと言われる理由なのでしょう。

今後RPGがどう進化していくかは分かりません。
しかし20世紀に限定するならば、
自由度とボリュームに関しては本作がナンバー1でしょう。
(日本語版が発売されていれば、
『planescape torment』が超えたとも言えそうですけどね。
如何せん英語版日本語マニュアル付きしかないですから、
PSTに関しては特別枠扱いで良いような気もしますね。)

ここから先は、後は好みの問題ですね。
本作をもってRPGの最高傑作と考える人もいるでしょう。
逆にストーリー重視なら別の作品にもなるかと思います。

ただ、若干注意すべき点もありまして。
本作は、確かに総合的なゲーム性はかなり高いです。
でも、その大部分は自由度に依存しているんですよね。
RPGのもう1つの要でもある戦闘部分は、
普通には楽しかったけどそれ程特別でもなかったりします。

野球で例えると、秋山監督の現役時代みたいなイメージでしょうか。
走・攻・守揃った名選手と言われ、
事実ゴールデングラブ賞も盗塁王も本塁打王もとってるけど、
よく見ると打率はそれ程でもないみたいな。
なので、打率(戦闘)で判断する人には最高とまでは言えないかと思います。

後はゲームの冒頭部分ですね。
最初にキャラクターメイキングのミニゲームがあり、
それがアクションゲームっぽくなっているのですが、
あれが無駄に難しかったです。
私ががヘタレでミニゲームに苦労したってのもありますけど、
それを抜きにしてもだるいわけでして。
冒頭だけだと、ハズレを掴まされたかと思いかねません。
そこだけは要注意、ってかそこで投げないようにしてもらいたいかと。
名作の多くは序盤から秀逸なのも多いのですが、本作に関しては全く逆です。
開始時はこれ駄目かもって臭いが漂いますが、
プレイするに従ってどんどん面白くなるタイプと言えるでしょう。

<総合>


落語家が作っただけあって、とにかくあくの強い作品でしたね。
合わない人もいるだろうけど、
はまる人には一生物の作品になるのではないでしょうか。
それだけの魅力を持った作品であります。
現在は復刻して2000円で遊べるみたいです。
興味のある方は今からでも遅くないので、
ぜひ試してみることをオススメします。

ランク:AAA-(名作)

PC-9801 3.5インチソフトサバッシュ2 メヒテの大予言

関連するタグ PC98 /RPG /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1527-d6ff7cc7
| ホームへ戻る |