波動の標的

波動の標的

『波動の標的』は1987年にPC-88用として、
スタジオWINGから発売されました。

スタジオWINGの代表作の1つになりますね。

hadou01s.jpg

PC-88時代に活躍していたメーカーに、
スタジオWINGという会社がありました。

一般的に80年代半ばのADVというと、
個人的には推理ADVやSF・ADVが数多く発売されていた感じがします。
そういう雰囲気の中にあっては、
スタジオWINGの作り出すADVたちはとても個性的であり、
独自の路線を確立していたと思います。
ホラーというか、むしろオカルトになるんでしょうね。
とにかく霊だの超能力だのってそんなのばかりでしたから。

スタジオWINGの最高傑作は何か?と問われれば、
私は躊躇わずに『怨霊戦記』と答えるでしょう。
ただ、最もスタジオWINGらしい作品の代表作は?と問われれば、
『波動の標的』と答えるでしょうね。

横溝正史の最高傑作はと問われれば『八つ墓村』と答えるけど、
金田一耕助物の代表作はって問われれば『獄門島』って答える。
例えればそんな感じでしょうか。
(知らない人向けに補足しますと、小説の『八つ墓村』には
金田一耕助は登場しますが、主人公ではないのです。
最後にちょろっと出てきて事件をあっさり解決していくだけで、
物語の良さと金田一の魅力が繋がっている作品ではないです。)

『怨霊戦記』は、1本の作品としては傑作と言えるでしょう。
ただ、扱っている内容が違うというか、
良くも悪くも従来のスタジオWING作品とは違った雰囲気もあるわけでして。
ですので、『怨霊戦記』だけをプレイしていては、
おそらくスタジオWINGの作風は伝わりきらないかと思います。
そういう意味では、むしろ『波動の標的』が最適なんですよね。

スタジオWINGという会社の作品に触れてみたい、
どういう作風なのか知りたいって人には、
この作品こそがふさわしいかと私は思いますね。

次に、システム的にはごく普通のコマンド選択式ADVになります。
ただ、よく死にます。
この頃のADVは一時期の激ムズの難易度を反省して、
とにかくやさしくいこうよって流れも出てきていました。
それを考えると、時代の流れに逆行するかのようですね。

とはいえ、こうした点がオカルトというマニアックな題材と相まって、
スタジオWING作品の個性を引き立たせていたとも言えるかもしれませんね。
コマンドを全部試せばクリアできるって作品ではないので、
個人的には好印象でした。

hadou02s.jpg

ストーリーは、一人の記者として猟奇殺人の謎を追う…
と、序盤は一見普通の推理物っぽいけれど、
最後は超能力合戦になってしまうわけでして。

ここら辺はもう、好みの差が出てきますよね。
WINGらしい個性に好感を持つ人もいれば、
あまりの超展開についていけんよって人もいるでしょうから。
とりあえず、リアリティ重視の人には駄目でしょうけど。

ま、最初からそうなるだろな~って思ってたら、
案外大丈夫なんですけどね。
あの無駄に壮大な雰囲気は割り切れば結構楽しめるもんですし。

グラフィックは画質そのものは普通かもだけど、
残酷なシーンが多いので結構印象に残りましたね。
そして、このメーカーはサウンドにこだわっていたので、
サウンド面も良好でした。

ストーリー展開で好みにより評価が分かれるかもだけど、
それを個性と割り切れるならば、
実に良くできた作品だったのではないでしょうか。

ランク:B(良作)

PC-8801SRソフト 波動の標的

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1987」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1525-a6a6847d
| ホームへ戻る |