青の6号 歳月不待人 -TIME AND TIDE-

青の6号 歳月不待人 -TIME AND TIDE-

『青の6号 歳月不待人 -TIME AND TIDE-』は、
2000年にドリームキャスト用としてセガから発売されました。

DCの隠れた名作としても有名な、海洋サルベージADVでした。

青の6号 歳月不待人

<概要>


「青の6号」は元々漫画なのですが、
私は原作未読なので、詳しいところは分かりません。

98年から2000年にかけてOVA化されたことで最注目され、
それでゲーム化されたって流れですね。

尚、同じ年にPS版も出ているのですが、
それとは全くの別物で中身も全然違います。

<グラフィック>


一般的にグラフィックの良し悪しだけでは、
ゲームの出来は判断できません。
しかしながら、グラフィックだってゲームの1要素。
決して蔑ろにはできません。
もしゲーム部分の出来が同程度なら、
グラフィックとかが優れてる作品の方が絶対に面白いですからね。

さて、2000年末にはPS2も発売されますが、
実質的に軌道に乗り出すのは翌年以降の話でして。
この年にゲームとして楽しみつつも優れたグラフィックを求めるとなると、
やっぱりドリームキャストが最適だったわけです。

そのドリームキャストから発売された『青の6号』は、
少なくともグラフィック面に関しては、
2000年発売のゲームの中でも最高峰に位置していたのではないでしょうか。
私は原作のOVAを全く知らなかったけれども、
そのアニメーションシーンのクオリティの高さには心を奪われたものです。

<ゲームデザイン>


また、優れていたのはグラフィックだけではありませんでした。
本作品の公式ジャンルは、海洋サルベージアドベンチャー。
つまり主人公は潜水艇に乗り、
深海へと潜って探索をするのがメインとなるのです。

具体的に見ていきますと本作は、
「新世界」を舞台に情報を集める「アドベンチャーモード」と、
海の中で潜航艇・セーレを操作する「サルベージモード」からなるADVです。

この「サルベージモード」がまた面白かったわけでして。
ストーリーとか関係無しに、ただ潜るだけでも楽しかったです。
こういうゲームって、当時はまだなかったですからね。
オリジナリティも十分と言えるでしょう。
DCを持ってて良かった~って思える一品でしたよ。

<感想・総合>


ゲーム部分だけでも面白いし、
ストーリーもオリジナルの物で原作を知らなくっても大丈夫です。
興味はあるけど原作見てないしな~って人もOKですよ。
自分だってそうでしたしね。

ゲーム部分は後発で『EVER BLUE』があって、
似たような楽しみはそのゲームでも得られますが、
キャラやムービーはないですからね。
なので、まだまだ手に入れて遊ぶ価値は大きいかと思います。

私はアクション系はやらないので、
非アクション系に限った観点ではありますが、
ドリームキャストの名作ってほとんど移植されています。
そういう現状からすると、我が家のドリームキャストは、
実質このゲームのために存在するといっても過言でないかもですね。

それにしてもいまいち知名度の低いマイナー作品の原作つき、
しかもドリームキャストでの発売。
同じ作品を扱ったPS版は出来が悪い。

売れない要素が余りにも多すぎでしたね。
このゲームにはプレミアが付いてることも多いけれど、
そうなった経緯も納得できます。
私は発売前から注目はしていたのだけれど、
珍しく買い時を逃してしまいまして。
その後購入はできましたが、少々難儀しましたね。
(今はかなり安くなっているんですね。ビックリしました。)

プレミアが付いたからって面白いとも限らないけれど、
このゲームに関しては十分面白さも保証出来ます。
やや取っ付き辛い面はありますけどね(それが傑作としなかった理由)、
それでも名作である点に疑いの余地はありません。
入手してプレイするのは困難かもしれませんが、
それだけの価値はあるDCの代表作の一つでしょうね。

ランク:A(名作)

青の6号 歳月不待人

ドリームキャストソフト青の6号 歳月不待人

関連するタグ ドリームキャスト /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2000」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1522-330b4d6e
| ホームへ戻る |