ラブリーホラー おちゃめなゆうれい

ラブリーホラー おちゃめなゆうれい

『ラブリーホラー おちゃめなゆうれい』は1988年にPC88用として、
全流通から発売されました。
開発はSTUDIO ANGELになりますね。

キャラが可愛い作品でしたね。難易度は高かったですが。

otyamena01.png

奇妙なアパート「美人荘」に引っ越してきた主人公が、
住人たちに乗り移った幽霊を退治しつつ、
ヒロイン久美子ちゃんの失踪した父親を探すというのが、
大まかなあらすじでしょうか。

当時で言えば「めぞん一刻」の美少女だらけ版、
少し前なら「ラブひな」ってところですかね。

ストーリーそのものは普通だったのかもしれませんが、
周りが美少女だらけでテンポ良く美味しいシーンが入ってくるので、
だれることなく楽しむことが出来ました。

本作は、システムが今のノベル系ADVと同じものを採用していました。
つまり、文章を読み進めていくと途中で選択肢が出てきて、
選んだ内容によって展開が変わっていくってわけです。

当然マルチエンディングで、
バッドエンディング自体はゲームオーバーっぽいのが多くて、
出来はイマイチだったかもしれません。

でも、途中の分岐は今のノベル物よりも複雑でしたし、
結構やり応えがあって面白かったですね。
ノベル物が実質的にこの年あたりから出てきたことを考えれば、
非常に良く出来ていたかと思います。

ってか、何気に難易度はかなり高めです。
物語上の大きな変化は少ないのですが、
細かくフラグに影響してくるので、ハードだったんです。
ふと浮かんだのが、やるどらの『季節を抱きしめて』でしょうか。
あれも大きな変化は少ないものの、
細かな分岐が沢山あってフルコンプは至難の業でした。
本作もそれに近い傾向があるかと思います。

グラフィックに関しては、
画質は悪かったもののキャラデザ自体は可愛くて、
その点でもプレイ意欲が沸きました。
特にお気に入りはヒロインの久美子ちゃんでしたね。

otyamena02.png

総じて、良く出来たゲームだったと思います。
名作と判断しても良いかとも思いましたが、
同じ年に同じ全流通から『ごらくいん』が発売されます。
私は『ごらくいん』の方を名作と判断しましたので、
システム的に同系統の本作を良作にとどめておきました。
こちらの方が先ではあるのですが、
向こうの方が分岐要素を活かしていると思ったものですから。

もっとも、『ごらくいん』は戦国時代を舞台にした、
ある意味パロディーに近い作品です。
本作の方がいかにもアダルトゲームって感じがして、
よりアダルトゲーム好き向けなゲームだと思うんですよね。
ですので、艶談シリーズが合わないって人は、
本作で初期ノベル系ADVを堪能するっていうのも良いかもしれませんね。

ランク:B(良作)

関連するタグ PC88 /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1520-715622e3
| ホームへ戻る |