DiaboLiQuE (デアボリカ)

DiaboLiQuE (デアボリカ)

『DiaboLiQuE (デアボリカ)』は1998年にWIN用として、
アリスソフトから発売されました。

『デアボリカ』は輪廻転生の物語であり、
同時に不老不死の意味を問うた物語でもありました。

diabo11.jpg

<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

あらすじは・・・
不老不死の絶対支配階級種族デアボリカが統治する世界。
異端のデアボリカアズライトは、
ある田舎町で凶(まがき)を狩る仕事を請け負う。
しかしデアボリカに対する町の人々の恐怖心から、
アズライトは町外れの民家の一室に寝泊りする事となる。
そしてデアボリカを恐れ疎む町の人々は、
アズライトの元に滞在中の生贄として一人の少女を連れてくる。
連れて来られたのは、
慰み者として町で飼われている少女レティシアだった。
このレティシアとの出会いが、
アズライトの安息の地を求める旅路の始まりとなる。

<ストーリー>


輪廻転生の物語って、自分は大好きなんですよね。
それだけでも十分ツボです。

『デアボリカ』もその中の一つ。
主人公アズライトはレティシアと出会い、幸せの意味を知ります。
しかし、幸せになった矢先不幸のどん底に落とされることに。

レティシアはその後転生し、
アズライトは転生した彼女とまためぐり合います。
しかし、そこで待っていたのは二人の間が引き裂かれるという現実。

ゲームではこれが繰り返されます。
何度引き裂かれ、別れる羽目になっても、
それでもレティシアを探し続けるアズライト。
暴力的な描写が多くても、これは紛れもない純愛物語なんですよね。

さて、『デアボリカ』は輪廻転生物として十分過ぎるほどに面白いです。
でもね、全5章総計40万字でしたっけ。
輪廻転生だけなら、このボリュームは必要ないでしょう。

しかし、このゲームにはそれだけのボリュームを要する必要がありました。
人間ではなく、ロードデアボリカという存在であるアズライトは、
肉体的にも最強な上に不死の存在でもありました。
しかしその一方で記憶をなくしており、
また精神的には非常に弱い存在だったのです。

最初は最愛の存在を失くしたことから、
自分を見失ってしまったアズライト。
幾度となく訪れる別れを経験するにつれ、彼は成長していきます。
死による別れ。
それは、残された者には最愛の存在を失う悲しみがありますが、
死ぬ方だって悲しみが、つまり最愛の存在を残して、
この世を去らなければならない悲しみがあるんですよね。

不死の存在は、前者の失う悲しみは何度も経験するけれど、
後者の残して去る経験をすることはない。
不死の存在意義についてアズライトが理解し成長するには、
このボリュームは必要だったのだと思います。

輪廻転生に不死の存在意義、更に退廃的な世界観と、
様々な要素を絶妙に絡めた本作は、非常にヘビーで重くのしかかるけど、
それだけにプレイした者の心に、
深く刻まれる作品だったのではないでしょうか。

さて、ストーリー上の他の特徴としては、
キャラが非常にたくさん出てくることが挙げられます。
ADVの中でも、比較的多い部類に入るのではないかと。
そして男性キャラの持つ雰囲気と退廃的な世界観が相まって、
女性にもかなり好評だったと聞きます。
自分もプレイしてて、女性向きだなって思いましたし。

またこの作品は基本的に萌えとは無縁な感じなのだけれど、
凶アリアだけは別格でしたね。
凶アリア、可愛すぎです。

<グラフィック>


本作において、ストーリーと並んで特徴といえるのは、
やっぱりグラフィックでしょうね。
織音さんの絵は、自分には凄く衝撃的でした。

こういう絵柄のADVは今までなかったですからね。
少女漫画っぽい雰囲気でもありますので、
萌えを求める人には合わないかもですけど。
でも、自分はこのグラフィックだけでも大満足ですよ。

<感想>


唯一にして最大の弱点は、ゲームシステムになるのでしょう。
コマンド選択式ですが、その悪い面ばかり目立ってダルいです。
このストーリーならば、ノベルにした方が良かったと思いますね。
私ですら当時ダルく感じたくらいですから、
選択式に不慣れな人は辛いでしょう。
そういう意味では、人にはすすめにくいです。
ただ攻略テキストがゲームに付属しますので、
進行につまることはないと思います。
そういう意味では、マイナス分は最小限に抑えられるのかなと。

<総合>


このダルさにさえ耐えられるかですね、結局は。
耐えられさえすれば、
ストーリー自体は5本の指に入るくらい素晴らしいので、
きっと満足できると思います。

一本の濃密な小説の読後の満足感。
そうした物を求める人にはぜひともおすすめの一本でしょうね。

ランク:AA(名作)

デアボリカ

関連するタグ WIN /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1519-e55c8251
| ホームへ戻る |