My Eyes!

My Eyes!

『My Eyes!』は1992年にPC98用として、
バーディソフトから発売されました。

設定も非常に珍しかったけれど、とにかく雰囲気の好きなゲームでした。

myeys01.jpg

<はじめに>


92年は前年の沙織事件の影響を受けソフ倫が発足した年でもありますし、
全体的にアダルトゲームのエロさも弱くなった年だったように思います。

そしてアダルトゲームの歴史は繰り返すもので、
規制が厳しくなるとエロ以外の新しい方向性を模索し、
中には一般ゲー方面に進むブランドも出てきます。

本作もまた、アダルトゲームブランドとして人気だったバーディソフトが、
一般PCゲーとして発売した作品でした。
そして一般ものということもあり、
従来のアダルトゲームとも異なる雰囲気の作品に仕上がりました。

<ストーリー>


本作は機械を通してではあるものの、
言葉を話すことができるようになったシャチの「ギギ」と、
海洋学者の卵である「時織涼子」の織り成す物語であり、
ギギを戦争に利用とする陰謀と、
それに巻き込まれそうになる主人公達を描いた作品でした。

ストーリー自体は短めではあるものの、良く出来ていたと思います。
そもそも完成度以上に、こういう雰囲気のADV自体がまずなかったでしょう。
その点をまず高く評価したいですね。
恋愛ゲーからエロがなくなったら、ふざけんなと怒りたくもなりますが、
こういう作品なら一般ゲーにする意味もあるってものです。

恋愛も萌えも泣きもアクションも、
たぶん今のADVで流行ってるような要素はほとんどないけれど、
だからこそ逆に新鮮なわけでして。
当時はもちろんのこと、今でも珍しいタイプの物語だと思います。

本作のような作品をプレイしていると、
もっとADVのストーリーには幅があって良いはずなんだよなって、
つくづく思ってしまいますね。

ただ、こういう作品を世に出した意欲は個人的に高く評価しますが、
設定上どう考えても売れませんよね。
しかも当時勢いのあったバーディソフトの作品ではあっても、
本作はアダルトではなく一般作品でしたし。
私のように他とは違った作品を求める人からすれば、
こういうのはどんどん増えて欲しいのですが、
制作する方は売れなきゃ話にならないわけですから、
そうなるとやっぱり難しいですよね。
それが分かってて出したわけですから、
その姿勢は素直に称賛したいですし、
他のブランドも見習ってもらいたいなと思いますね。
まぁ、年々そういうのは厳しくなっているようですけどね・・・

<キャラ>


さて、設定の珍しさが目立ちますが、
基本的にストーリーの良さそのものというよりは、
キャラの魅力と全体の雰囲気でもっていた作品だと思います。

サバサバした感じの涼子と、(学習用のTVの影響で)やけにフランクなギギ。
その両者の関係や掛け合いが非常に楽しかったです。
私は女性主人公の作品が非常に性に合うタイプなので、
そういう点もプラスに作用しましたしね。

雰囲気に関しては説明の難しい要素ですが、
掲載した画像とパッケージだけでも何となく伝わるんじゃないでしょうか。
とにかく雰囲気の良い作品で、仮に主観だけで判断すれば最高クラスです。

<グラフィック>


また、グラフィックもバーディソフトというだけあって、
非常に綺麗でした。
原画も林家志弦さんで、個人的にも好きな人でしたし、
当時はかなり大人気の原画家でしたね。

<ゲームデザイン>


システムはコマンド選択式のADVで、コマンドは汎用ではなく、
その場その場に応じてコマンドの内容が変わるタイプです。

myeys02.jpg

個別のコマンドはノベルゲーの選択肢と大差なく、
読んでいて汎用のコマンドより自然に感じられるので、
この点も良かったと言えるでしょう。
セーブが限られた場面でしかできないのは少し不便でしたが、
ゲーム性としては並のコマンド選択式より評価できると思います。

<感想・総合>


長所短所を総合すると、ボリュームとかを重視すると良作かなとも思いますが、
この時期にこういう作品を出したということを評価し、
名作扱いで良いのかなと思ったりも。

またこんな作品がやってみたいものですね。

ランク:A-(名作)

PC-9801 3.5インチソフトMy Eyes!

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1518-88d64571
| ホームへ戻る |