女子高生アイドル おさな妻奮戦記

女子高生アイドル おさな妻奮戦記

『女子高生アイドル おさな妻奮戦記』は1988年にPC-88用として、
全流通から発売されました。

ジャンル:ノベル系ADV

osanaduma03.png

全流通のゲームは当初は全てがヘタレで金返せレベルだったのですが、
一時期スマッシュヒットな作品を連発した時期がありまして、
それで結構やってたりするんですよね。

本作は駄目駄目な時期と確変した時期の過渡期の作品で、
良い面と悪い面が混ざり合った作品でした。

ジャンルは、今風に言えば1本道のノベルゲームになりますね。
当時はノベルゲームという表現がありませんでしたし、
こういうクリックするだけで次々と進んでいくゲームは、
デジタルコミックの範疇で捉えられていたように思います。

良い面も悪い面も今のノベルゲームと同じで、
余計なフラグ立てを経ることなくサクサク進めたのは良かったのですが、
やり応えみたいなのはありませんでした。
まぁ、最初からそういう趣旨で作られた作品ですので、
それはそれで構わないのでしょうけどね。

ただ、致命的だったのが、あまりにボリュームがなさすぎたことでしょう。
それこそ「あやよさん」と肩を並べる程のボリュームのなさで、
あっという間に終わってしまいました。
絶対的ボリュームが少ないうえにノベル形式ですからね、
そりゃそうなりますよね。
なので一般的な感覚で言えば、あまり褒めた代物ではないでしょう。

osanaduma02.png

しかし、個人的には結構好きなんですよね。
本作は主人公の妻の1日を絵日記風に振り返るというコンセプトなのですが、
この妻というのが女子高生で、しかもアイドルだったりします。
女子高生でアイドルのおさな妻…これがツボにきまくりなわけでして。

osanaduma01.png

しかもこれまでヘタレていた全流通のキャラの絵が、
この頃から可愛くなっていきます。
キャラの可愛さだけなら88年のゲームの中でも上位に来ると思いますし、
絵買いという意味では目的は果たせたんですよね。

そういうわけで、人には全くすすめる気にはなりませんが、
個人的にはそれなりに楽しめたようにも思います。
ボリュームのなさから凡作としておきますが、
評価のわりには何気に好きな作品なんですよね。
できればこのキャラで、きっちりと作りこんで欲しかったものですね。

ランク:D(凡作)

関連するタグ PC88 /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1517-9353634d
| ホームへ戻る |