ポッキー

ポッキー

『ポッキー』は1989年にPC-88用として、
ポニーテールソフトから発売されました。

80年代後半を代表する美少女ゲームとして有名な作品ですね。

pokki01.jpg

<美少女ゲーム>


アダルトゲームと美少女ゲームはほぼ同じ意味で使われるし、
それで基本的に間違いはないのでしょうが、
80年代前半の頃は絵柄の微妙な作品も多かったですからね。
内容的にアダルトならアダルトゲームなのだけれども、
これは美少女と言えるのかと思ってしまうわけです。
だから皆が可愛いと思えるような女の子が出てきて、
それに対し美少女ゲームという言葉が生まれてきたのも、
当時としては意味があると言えたのでしょう。
まぁそんなのは個人の主観次第で変わりうるので、
深く考えても意味のない話かもしれませんけどね。

美少女ゲーム初期の名作として名高い『ポッキー』。
とりあえずこのゲームあたりになると、
美少女ゲームという表現の方がしっくりくるのも確かかもしれませんね。

<感想>


さて、そんな本作ですが、
噂にたがわず出てくる女の子は皆可愛く、
当時では別格な存在だったかと思います。
まだまだ全然可愛くないキャラが多い時代でしたからね、
本作はそれだけでも満足できるってものです。

ただ、このゲームはコマンド選択式のADVだったのですが、
コマンドが多くて大変だったし、
行動を間違った場合に後からゲームオーバーになったりするので、
とにかく難しいというか面倒なイメージがありました。

これが推理ADVなら腰を据えてじっくり考えるとか、
最終的には虱潰しってのもありだと思うのですが、
本作は「男子選抜女子パンティ争奪獲得杯」なるイベントから始まる、
コメディ色の強い作品でした。

80年代のアニメや漫画にはラブコメ物が多かったですが、
こういうのってテンポが大事だと思うのですよ。

それなのにコマンド選択に時間を取られてしまったことで、
肝心のテンポの良さが削がれてしまった感じなんですよね。

覗きやらレズやら、単に美少女というだけでなく、
他にも本作にはポイントを稼げる要素も結構あるはずなのですが、
テンポのせいでかそれ程素晴らしいとは思えませんでした。

<総合>


そういうわけで、部分的には名作としての魅力も有しているものの、
総合的には良作止まりかなって感じです。
まぁ、普通に楽しい作品ですし、
一般的には古典的名作として有名ではありますので、
名前くらいは知っておくべきタイトルってとこでしょうかね。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト ポッキー

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1516-6a748597
| ホームへ戻る |