虚空漂流ニルゲンツ

虚空漂流ニルゲンツ

『虚空漂流ニルゲンツ』は1996年にPC-FX用として、
マイクロキャビンから発売されました。

「ニルゲンツのお話ね・・・」
「・・・信じてくれなくてもいい。今は私だけの思い出だ…」

niru01.jpg

<概要>


とまあ、冒頭から意味深ではありますが、
クリアした人は皆同じ気分になって同じ事を口にしてるんですよ。

『虚空漂流ニルゲンツ』、それはPC-FXの最高傑作である。
即ち、PC-FX最高のストーリーにPC-FX最高のグラフィック、
PC-FX最高のキャラ、PC-FX最高の・・・以下略。
人によっては「PC-FX」の所が、「家庭用ゲーム機」にかわります。
以上、紹介終わりw

とまあ、こんな風に各地で大絶賛されてる幻の傑作作品です。
個人的には、PC-FX最高は『ファイアーウーマン纏組』なんですけどね。
だからといって、それがニルゲンツの価値を下げる事はないのです。

<ストーリー>


物語は、とある老人の回想という形で語られ始めます。
『私の名はデュン・ビット、私は、あの空を忘れない・・・。』
それは50年前、たった40日間の出来事。
主人公であるデュン・ビットは空賊を追う賞金稼ぎです。
そして賞金首である「赤騎士団」を追う途中、
デュンの愛機「ハーン」がエンジン不調に陥り、
エーテルの海での漂流を余儀なくされます。
そこをたまたま通りかかった「隊商ヴィントミューレ」に拾われ・・・
というのが出だしになります。

何だかやけに分厚い説明書に、みっちりと世界設定が書き込まれててね。
それを読んでるだけでも、設定マニアは満足な出来でしたね。

その世界を舞台に、濃密なストーリーが綴られていくわけですよ。
燃える展開、張られた伏線、次々倒れていく味方・・・
最高に盛り上がって、燃えて、燃えて、燃え尽きて、
そして冒頭の爺さんの状態になるわけです。

大雑把なイメージとしては、
終盤まではADVパートでクルーとの交流・イベントを楽しみつつ、
ラストで一気に盛り上がっていく作品になります。

<グラフィック>


また、本作は要所要所でアニメが入ってきます。
PC-FXは、アニメーション再生に関してだけは次世代機で一番でした。
一番燃える部分を、最新鋭機の綺麗な動画で見せてくれるわけです。
もう、お腹いっぱいですよね。

その機種最高と呼ばれる作品は、
その機種の性能を最大限に活かした作品と考えることもできます。
本作はFXのアニメーション再生機能があったからこそ成り立つのであり、
FXだからこそ実現できたというのも、高評価につながる所以なのでしょうね。

<ゲームデザイン>


システムは、公式発表ではRPG。
ややこしいので、それでいいかもしれませんね。
っていうのも、基本はコマンド選択式のADVなんです。
で、その合間に空戦バトルがはいるわけです。

空戦バトルは、一見するとシューティングなんですけどね。
これが普通のシューティングじゃないんです。
コマンドを選択するRPGの戦闘を、
リアルタイムの空戦バトルでやってみました~ってノリなんですよね。
だからシューティングではなく、
リアルタイムのコマンド選択方式と捉えた方が良いでしょう。

難易度は激ムズとよく言われます。
ただ、アクション系がド下手で、
初代スーパーマリオのクリアすらも怪しい私がクリアできたので、
反射神経を要しないのは確かでしょう。
考えて状況判断がきちんとできれば、
指先のテクニックがど下手でも間違いなくクリアできます。

さて、この空戦バトル部分。
なんともPC-FXらしい構造となっているわけでして。
3Dっぽい表現になっているので、PSとかならポリゴンだったと思います。
しかしPC-FXには、ポリゴン機能がないのです。
仕方ないから、ニルゲンツでは疑似3Dで表現してます。
それがまたFXのゲームらしい味わいを生み出し、
何とも良く出来てたりするわけで、FXユーザーを満足させるのです。

niru01.jpg

<感想・総合>


PC-FXというマイナー機種ゆえにプレイ人口は少ないけれど、
プレイした人の間では、
家庭用ゲーム機史上最高の一品とも言われる本作。
世間での評価に比べれば、むしろ私の評価は辛い方でしょう。
なので、これだけはうだうだ語るよりもまずやってみれ、
そう言いたくなりますね。
(入手困難なのがつらいですけど・・・)
名作と呼ばれる作品は大概やったよって人、
この作品をやらずしてその台詞は言わせませんよw

ところで、当初のPC-FXのゲームは、でかいパッケージが使われていました。
それがこのニルゲンツから、普通のCDサイズに変更になりました。
そのせいで、目立たないこと目立たないこと・・・
幻と化した原因はそこにもあると思いますw

アニメの強さ、ポリゴンの弱さ。
ニルゲンツはPC-FXという機種の特徴がよく表れた作品でした。
そういう意味でも、いかにもPC-FX作品らしい作品とも言えるでしょう。

元の完成度が一級品なのは間違いありません。
ただそれ以外にも、
「他機種への移植がない&PC-FX作品らしい作り」といったあたりが、
更にファンの気持ちを揺さぶり、
そして本作の評価を高めてるのではないでしょうかね。
いずれにしろ、このゲームなしにPC-FXは語れない、
PC-FXなしにこのゲームは語れない。
そういった位置付けにあった作品だったと言えるでしょうね。

ランク:AA-(名作)

虚空漂流ニルゲンツ

関連するタグ PC‐FX /RPG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

興味をそそられますなあ。
しかしPC-FXはなかなか敷居が高いですねw

ゲームさえ買えば、後はMAGIC-ENGINE FXって手も。
今ならニルゲンツも動くようになったとどこかで見かけた気が…
実機あるからいいやって、自分では未確認なんですけどね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1513-fc85721b
| ホームへ戻る |