神無ノ鳥

神無ノ鳥

『神無ノ鳥』は2002年にWIN用として、
すたじおみりすから発売されました。

BLゲーだからと侮ることなかれ。
非常に良質な泣きゲーでしたね。

kannagi02s.jpg

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・『神無山』と呼ばれる場所がある。
生者の世界と、死して肉体から離れた魂が集う世界とを繋ぐ場所に。
そこには『神無ノ鳥』と呼ばれる者たちがいて、
終焉を迎える魂たちを肉体から引き離し、
死者の世界へと連れ行く役割を担っている。
老いも若きも皆一様に背負っている、避けられぬ運命の瞬間。
『死』という運命を人間にもたらすためだけに、彼らは存在している。
けれど、自らに与えられた運命をよしとせず、
人の魂をその手に掴むことを忌み嫌う少年がいた。
彼は今まで一度として、人の魂を回収したことがない。
白き翼をはためかせる魂を、その手に掴んだことさえない。
人の死を見届ける彼の眼に映るのは、恐怖。畏怖。不快感。
そして頭を過ぎる、微かな記憶だけ。けれど、心の内に留まる『それ』が、
イカルに人の魂を回収させないのだということは分かっていた。
そして、ある日。イカルは『神無山』の奥深くにある
『常闇の間』へと呼び出される。纏わりつく不快な瘴気の感触と、
一寸先すらも見えない闇の中でイカルが聞いた言葉は。
『一月後の、六月一日に死亡する少年の魂を回収せよ』
『回収対象の名は、綿貫琉宇――』事実上の最後通告だった。
魂を回収出来ない『神無ノ鳥』には、存在理由が無い。
出来なければ、消される。『神無山』に、居場所は無くなってしまう。
…命令拒否は、出来なかった。
地上に降りたイカルは、琉宇という名の少年と邂逅を果たす。
人を拒む少年と、彼を優しく見守る叔父と。
彼らと触れ合う日々を通し、イカルが学ぶもの、知る事は何なのか…
今、物語が幕を開ける……。

<サウンド>


BLです、ボーイズラヴです。
普段は機種・年代問わずに抜け目なくプレイしているつもりですが、
発売当時、唯一全くと言えるくらいに手付かずだった分野です。
そのため購入時にはプレミアがついており、
値段がとんでもないことになってました。
もっとも私の懐には痛かったのですが、定価自体は安いので、
むしろ良心的な価格としてプラスに評価すべきところでしょうね。

そんなBLに関心がなかった人間なので、
BL的にどうよって視点では出来は図りかねます。
特に本作はショタゲーでもありますので、
また違った部分もあるでしょうしね。
まぁ、ストーリー重視の作品だしアダルトゲームでもエロシーン飛ばすから、
いつも通りっちゃあ、いつも通りな気もしますけどね。

さて、このゲームでまず良かったのはOPですね。
これは非常に秀逸でした。
最初からゲームの世界に引き込まれるということは、とても良いことです。
その後も、サウンドに関しては常にレベルが高かったです。
サウンドの良さで引っ張る泣きゲーってことで、
keyのゲームにも通じるところがあるかもしれません。

<感想>


肝心の中身ですが、私が購入したのもストーリーの評判を聞いたからでして。
確かに、これは評判になるのも分かりますね。
ストーリー重視といいつつ終盤で駄目になるゲームが多い中で、
稀にみるEDまで計算しつくされたストーリーです。

本作では、全ての個別EDを見終わった後に番外編が読めるのですが、
実はその番外編こそが重要で、ここで物語の全部が繋がってきます。
この番外編が1番良かったですね。
それまではどちらかと言うと普通のゲームだな~って思ってたのが、
番外編で一転しました。
張られた伏線は全て回収されるし、
最後は泣けるような鳥肌が立つような感覚に襲われますし。
それで物語の最初につながっていくんですよね。
ラストでまたOP曲を持ってくるのも上手かったです。
これでOP曲を聴くたびにラストを思い出しますからね。
本作に対する評価のほとんどは、
この番外編からEDにかけての部分で稼いだって言っても過言でないでしょう。

圧巻でした。
BLってことで躊躇している人もいるかとは思いますが、
BLが苦手でもストーリー重視派ならやっておくべきと言える、
そんな作品でしたね。

<ストーリー>


少し中身に入りますと、システムはオーソドックスなノベル系のADVで、
物語的には死神が主人公の話ですが、
ラストのオチ的には転生物になるでしょうか。
そういう意味では、輪廻転生とかの題材が好きな人向けなのでしょう。

ただし、ここで若干注意すべき点があります。
輪廻転生の考え方は決して一義的なものではなく、
おそらく一般にイメージされるであろうものと仏教的な考え方とでは、
転生の意味する内容が異なります。
本作の場合は一般的なイメージでの使われ方ではなく、
仏教的な考え方が色濃く反映されていますので、
一般的なイメージに凝り固まった人だと違和感があるかもしれません。
だから事前に違うのだと理解しておけば、
物語の重みもより伝わってくるかもしれませんね。

ストーリーは非常に上手く纏まっており、
特に起承転結の結の部分は上述のように文句なしでしょう。
何で本作はBLで発売されたのか、プレイ前は非常に不思議だったのですが、
それも終わってみれば十分納得できますし。
このストーリーじゃ琉宇君を女の子にすることは出来ませんもん。
本作は、BLでしか成立しえない、
まさにBLでなければ作れなかった物語ないし作品であり、
そういう細かいところまでお見事でしたね。

ただ、日常部分が冗長すぎました。
出だしはわりと楽しめたのですが、あまりに長くて次第に飽きてくるんです。
これでは挫折しかねないですよ。
ボリュームを半分に削ったら、もっと素晴らしい作品になったでしょうね。
本作の一番駄目なところでもあり、勿体無いところでもありました。
まぁ、この時期らしい傾向でもあるので、
当時としては大してマイナスにはなりませんが。

<キャラ>


キャラは何と言っても、数少ない女の子である紗(うすぎぬ)ですね。
若干ネタバレがあるので、嫌な人は次の段落を一つ飛ばしてください。
kannagi01s.jpg



紗はとにかく可愛くて、それでいて可哀相すぎでした。
そして最後のセリフです「(…でしたら 斑鳩さま)(子を産めぬ… 
男として生まれてくれば……)(もう1度あなたに、お会いできますか?)
(…ねえ、斑鳩さま……)」。



このセリフとともにOP曲が流れてきた時は、
もう涙が出てきそうになりましたね。

他のキャラに関しては、琉宇君が可愛かったです。
ショタに目覚めてしまうのでは?と思うくらい、やばかったです。
BL属性があればもっと楽しめたんでしょうね、きっと。
属性のない私は主観的にははまりきれない面もありますが、
攻めと受けを選べるなどユーザーへの配慮もなされていますし、
到る所で丁寧に作られていました。
その点は良かったのだと思います。

<総合>


グラフィックは質は高かったと思いますが、若干CGの量が少なめでした。
見た目が寂しい分、サウンドや声優さんの豪華さでカバーって感じでしたね。

総じて、とにかく中盤は無駄に長くてダルイです。
BLに馴れてる人でもそう言うくらいなので、
馴れてない人にはもっときついです。
もっとも日常シーンも長ければ長いほどお得と感じる人もいますから、
この辺は好みの問題でもあるのでしょうけどね。

ただ、何度も言うようにラストの展開は最高なんですよね。
泣きゲーと呼ばれる作品は幾つかありますが、
その中でも破壊力、最大風速は最強かもしれません。
しかも単に感情に訴えかけるだけの作品ではなく、
張られた伏線を回収し纏め上げながらですからね。
ここまでの作品はノベルゲー全体でも皆無に近いでしょう。

ランク的には主観面で属性がなくてはまりきれない分、
BLの最高傑作として底上げして相殺しているので、
結局はこの辺りかなって思います。

プレイヤーの感情に訴えかける主観的な部分と、
緻密に練られた構成という客観的な部分での秀逸さの、
両方が見事に両立し融合した本作。
アダルトゲームでシナリオゲーが好きならば、
本作は絶対にプレイすべきと言っても過言でない、
実に素晴らしい作品でした。

ランク:AA-(名作)

Windows98/Me/2000/XP/Mac CDソフト神無ノ鳥

神無ノ鳥


関連するタグ WIN /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

katan氏、こんにちは
神無ノ鳥に目をつけられるなんてさすがです。
BL系ではこれを超える作品はないと言う人もいる名作・・・
今となっては入手困難なのがおしいですね
それと、このジャンルゆえに多くの人の手にとってもらえないのも。
・・・katan氏がBL系もプレイしてることが嬉しいような悲しいような

>>もげさん
こんばんは。
入手困難なのは勿体無いですよね。
該当部分を少し削って家庭用ゲーム機に移植しても良いと思うのですけど。
ゲーム購入に際しては、偏見は持たないようにしてますので。
ストーリーの良さに一般もアダルトもBLも同人も関係ないですからね。
今後も、良さそうだなって思ったら何でも手を出すと思いますね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1511-9603059e
| ホームへ戻る |