M.U.L.E(ミュール)

M.U.L.E(ミュール)

『M.U.L.E(ミュール)』は1987年にPC88用として、
BPSから発売されました。

オリジナルはエレクトロニックアーツ社みたいで、
本作はそれの国内移植版になりますね。

ゲームジャンル:経営SLG。

mule02.jpg

基本的には4人対戦で、
プレイヤーの人数が足りない部分はコンピューターが担当します。
ゲームは未開の惑星を開発するもので、
1年間で誰が一番開発できるかを競うのです。

さて、ゲームとしては土地を確保し生産するのが基本ですが、
足りない部分はオークションで手に入れることが出来ます。

この取引の部分が熱かったわけでして。
下で私は結論としてはBBとしておきましたが、
それは一人でのプレイを前提としています。
駆け引きなんてのは人と人がやってなんぼって感じですからね、
対人プレイでの楽しさは数倍に跳ね上がります。
最近はこういうのは減ったかもしれませんが、
そうですね~今でも桃鉄なんかをプレイした人は分かってもらえるかと。

桃鉄では日本の地理を学びましたが、
ミュールでは経済の仕組みを学んだ気がしましたね。
熱いプレイの中にも、いろいろ得るものが多かったように思います。

87年のSLGということで、グラフィックはショボイです。
当時としてもかなり味気ないです。
でも、その味気なさが長所に思えてくるような、
絶妙なサウンドがありました。
プレイ中の全体的な雰囲気はかなり良かったと思います。

88年以降になるとSLGもたくさん種類が出てきますが、
87年の時点でこの出来は、
かなり突出していたんじゃないかなと思うわけでして。

当時の私はSLGに厳しかったのか評価は辛めになってますが、
間違いなく良く出来た作品でした。
単独でプレイしても面白くて、
なおかつ対戦だともっと熱くなれるSLGって、
今も昔も本当に貴重ですからね。
もっと評価されて然るべき作品でしょう。
まぁ、SLGはグダグダ説明を聞くよりリプレイを見た方が楽しいので、
興味のある方は動画を見た方が早いかもしれませんね。

ランク:A(名作)

関連するタグ PC88 /SLG /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1987」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/151-9ad6058b
| ホームへ戻る |