Fate/stay night

Fate/stay night

『Fate/stay night』は2004年にWIN用として、
TYPE-MOONから発売されました。

TYPE-MOONの商業デビュー作にして大ヒットした作品ですね。

FATE01s-.jpg

2008年末時点で考えるならば、
同人で一番面白いのは『ひまわり』かなと思っています。
しかし技術進歩の激しいゲーム業界では、発売された年も大事になります。
単純に点数という観点からは2000年に発売された『月姫』が最高であり、
おそらくこれを超えるゲームはないんじゃないかなって思うわけでして。
その『月姫』を作ったTYPE-MOONが遂に商業進出。
速報で知ったときには、つい興奮せざるを得ませんでしたね。

私はTYPE-MOONの一番の魅力は原画にあると思っています。
異論はありそうですけどね、
誰が何と言おうと武内崇さんの絵が好きなんですよ。
ぶっちゃけ、本作だってセイバーというキャラがいなけりゃ、
良作と判断したかすらも怪しいですし。
そのくらい、セイバーはめっちゃツボでしたね。
それだけで十分元が取れるってものです。

原画が好きなだけでなく、
今回はグラフィックの演出面も非常に強化されていましたね。
ここが同人時代の『月姫』から一番進歩したところでもあるでしょう。

画面の拡大・縮小って技術は既に他社の数作品で用いられていましたが、
バトルで用いたことで大きなインパクトにつながりました。
ここまで派手に使った作品も無かったでしょう。
そう考えると、本作の持つ意味合いも大きいですね。

また、声が無かったのは残念だけれど、主題歌も凄く好きでした。

総じてキャラ・グラフィック面では、他作品を確実にリードしていたでしょうね。
その意味では、本作は2004年を代表する作品と呼べるのではないでしょうか。

FATE02s-.jpg

というわけで、キャラやグラフィック面では非常に満足した本作。
しかしながら、ストーリーやゲームデザインは少々物足りませんでした。

月姫の時から気にはなっていた設定の垂れ流し。
その傾向は本作で更に強まり、ただ眠くなるだけでした。

一部の設定でパクリ騒動もありましたし、
ライターの引き出しのなさが露呈しましたが、そこまではまだ良いとしましょう。
ぶっちゃけパクリでも何でも上手く昇華すれば楽しめちゃいますから。

ただ、その肝心のストーリーがね・・・
自分で出した設定を後からひっくり返し、それをまたひっくり返す。
どんでん返しというのは、辻褄が合った上で、
最後に切り札として用いるからこそ効果があるのです。
こう何度もひっくり返しては、ただの後出しジャンケンにすぎません。
どうせまたひっくり返されて意味が無くなるんだろうって思うと、
設定の文章なんか阿呆臭くて読む気が失せてきます。
ノリが完全にインフレ気味の格闘物の少年漫画なんですよね。
勢いで楽しめているうちは良いのですが、それが冷めてくるときついですね。
題材的に若年層には受ける内容かもしれませんし、
だからこそセールスにもつながったかもしれませんが、
ストーリーとしては正直駄目な部類でしょう。

全体的に『月姫』で少し気になっていた部分、潜在的な欠点が、
改善どころか改悪されて戻ってきました。
これでは、何のための商業化なんだかサッパリわかりません。

また、設定ではいろんな数値が出てきます。
これがまた、何の役にも立ちません。
これは小説でなくゲームなのだから、
何かしらゲームとしての要素と組み合わせることも出来たでしょう。
中世ヨーロッパを舞台とした冒険物の多くが、
RPGとして出されている意味を考えるべきです。
その点で、ゲームデザイン的に疑問も感じてしまいました。

もしノベルに拘りたいのなら、あくまでも文章で勝負すると言うのであれば、
安易な数値による格付けをするのではなく、
その文章表現によって強さをプレイヤーに感じさせるべきでした。
結局のところ本作はそれが出来ないから、
安易に数値で誤魔化したとしか言えないのです。

何のために商業化して、ゲームという媒体を選んで本作を発売したのか。
私にはサッパリ理解できませんでした。
『月姫』で見せた態度に深く感銘を受けていただけに、
その落胆もまた激しかったです。

とはいえ、勢いで終盤まで楽しめはしましたからね。
文句が続いたわりには、本作自体の評価はわりと高めです。
ただ、ライターの底の浅さが露呈してしまった気がして、
この作品は評価できるけど、次の作品には興味が持てないなって感じでしょうか。

まぁ、全ての欠点もセイバー萌え~の前には霞んでしまうので、
トータルでは良作だと判断します。
そういうわけでセイバー萌えな私は十分楽しんだし、
同じくキャラに魅力を感じる人は買いだと思うのですが、
そうでない人には佳作止まりかそれ以下もありえるなと思いますね。

ランク:B(良作)

Fate/Stay night 初回版

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2004」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

Fateは面白くなかったですねえ。
katanさんの仰る通りです。どうせ後でひっくり返るのだからと
バカバカしくて世界に入り込めませんでした。
さらに、私はセイバーには萌えられなかったので散々です(笑)

私はセイバーにかなり萌えたので、最初は名作って書いたんですけどね。
後から、それは全ての欠点を消すほどのものなのかと思い、訂正しました。
キャラに萌えられなければ、当然もっと印象は悪くなったでしょうね。
好きな人は好きなのかもしれませんが、私にはあのテキストは評価できないです。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1505-34e91064
| ホームへ戻る |