アグレガード

アグレガード

『アグレガード』は1994年にPC98用として、
日本ホームビデオから発売されました。

OPから8mmフィルムのような砂あらしまじりの映像が流れてきます。
思わずおぉ~って唸りましたね。
セピア調の渋いOPはとてもセンスが良く、冒頭の掴みは抜群と言えるでしょう。

aggre01.jpg

ジャンルはRPGで、2Dのフィールドと3Dのダンジョンで構成されています。
このゲーム、基本的にかなり玄人好みな作品だと思いました。
本作はキャラクターメイキングをかなり細かく設定できるので、
国産RPGでは物足りず洋物のRPGを好む人にもいけるでしょう。

戦闘は自動戦闘ですが、そこそこバランスも良く作られていたかと思います。
RPGを相当数やっている人は、通常の戦闘には飽きてきた頃だったしょう。
そういう人にはこの自動戦闘はちょうど良かったかと思います。
加えて、移動もマウスでクリックしたところに、自動で行ってくれます。
これも面倒がなくて楽でした。

RPGをやっていると、どうしてもどのゲームでも共通する部分が出てきます。
初めのうちは良いのですが、
一杯やってると次第にその共通部分が面倒くさくなってくるんですよね。
このゲームはその、他のRPGで散々経験して今更って部分が、
良い意味で簡略化されているんです。
RPGばかりやっていると、
同じことの繰り返しに思えて食傷気味になるのですが、
本作の親切設計はそういう点でも良く出来ていました。

ストーリーも派手さはありませんが、
地に足が着いた感じのしっかりと練られたストーリーです。

そしてストーリー以上に良かったのが、NPCらとの会話でしたね。
一杯RPGをプレイしていると、
ここはお約束だろうってのもいろいろ出てくるわけですが、
こちらの予想を見透かしたかのようにNPCらが代弁してくれます。
それでいて、単なるマンネリにならないように、
随所でずらしてくるんですね。
これはかなりRPGを知っていて、
なおかつセンスがない人でないと作れないでしょう。
TRPGもやっているような根っからのRPG好きは、
こういう何気ない会話も重視すると思います。
そんな人でも、いやそんな人だからこそ唸らせるような、実に上手い作りでした。

RPG好きがRPG好きのために作った、そんなゲームでしたね。

ただ、逆に初心者であるとか、
かなりやってるのに初心者っぽい評価をする私みたいなのとは、
このゲームは相性があまり良くないのかもしれません。

このゲームの戦闘は自動戦闘なのですが、当時の私は抵抗があったんですよね。
今なら自動戦闘でもかなり練られた物がありますが、
当時はどれもあまり満足できるものではありませんでした。
本作だってそうです。

面倒くさいから自動の方が良いという人もいましたが、
私はどうしても手動でやりたかったんですよね。
せっかく細かくキャラメイクできるのだから、
最後まで自分でやりたく感じたんです。
それでもストーリー主導なら構わないのですが、
本作は上記のように必ずしもそうでもないですしね。

加えて、本作はとにかく地味なんですよ。
良いストーリーを良い演出で仕上げた『白き魔女』に惹かれた私的には、
良いストーリーでも地味に表現した本作は、
あまり強烈には惹かれなかったんですよね。

玄人を唸らせる細かい部分の作りこみはお見事でしたが、
もっと大枠でどういうゲームを作りたかったのか、何を伝えたかったのか、
そういうところが少し見えてこなかったんですよね。
パッケージからして、誰が買うんだこれ?みたいな雰囲気がありますし、
どこに照準を当てたかがぼやけてしまったように思います。
ですので、私の評価としては良作止まりです。

まぁ、これに関しては最後は好みでしょうね。
上で私のようなのって表現しましたが、
それじゃわかりにくいと思うので少し噛み砕いて言いますと、
このゲームはいぶし銀なんです。
私はここ数年文房具にはまっていますが、
中にはスターリングシルバー(純銀)のペンもあります。
純銀は手入れをしないと硫化して黒ずんできます。
外人さんはその黒くなるのが嫌で、
最近は銀の上にロジウムとかでコーティングしているのが増えています。
そうすれば常に輝きは保っていられるのですが、銀特有の手触りは得られません。
日本人はその手触りを好む人も多いし、
黒ずんだ銀もいぶし銀として楽しむ人も多いです。
なので、コーティングを嫌う人も多いのです。
輝いた銀が良いのか、黒ずんだ独特の色合いとなった銀を好むのか。
文房具マニアの人には後者も多いのでしょうが、
中には輝いているのが好きなマニアもいるでしょうし、
素人は大概輝いている方を好むでしょう。
そして、私は輝いている銀を好むマニアなんですよね。
文房具もゲームも、大体そういう傾向があります。
なので、このゲームは良作と判断したわけですが、
当然いぶし銀を好む人もいるでしょう。
目立たないけれど渋い地味な味わいを好む人には、
このゲームはきっと素晴らしい作品だと思えるのではないでしょうか。
そういう人にこそ、ぜひともやってもらいたい作品ですね。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト Aggregare アグレガード

関連するタグ PC98 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1501-ddeb228a
| ホームへ戻る |