新宿物語

新宿物語

『新宿物語』は1992年にPC98用として、
フェアリーテールから発売されました。

映画を見るようなほろ苦い青春ストーリー。
フェアリーテールの実験作の1つでしたね。

sinjuku03.jpg

<はじめに>


この新宿物語をプレイしたのは発売からかなり経っていた頃で、
完全にwindowsの時代に入ってからでした。
当初敬遠していた理由は単純で、
何だかチンピラだのヤクザみたいなのが映っていたので、
ハードボイルド系が好きでない私はあまり楽しめないだろと思ったからです。
しかし記憶の保存用に購入したソフトカタログの説明に「青春物語」とあり、
それでどういうことなんだろうと興味を持ったわけですね。

sinjuku08.jpg

本作が発売されたのは92年ですが、
この年のアイデス(後のF&C)系の作品は、前年の沙織事件の影響もあり、
いろんな方向性を模索していました。
以前にもコラムなどで扱いましたが、
同じADVであっても物語の方向性もゲームシステムも、
作品ごとに皆違ってきているのです。
新宿物語もまたその中の1つであり、
ジャンルは普通のコマンド選択式のADVであるものの、
大きな特徴としては18禁ではなく一般作であること、
そして映画を意識した作りをしていたことが挙げられます。

<グラフィック>


少し古めの映画を意識したんでしょうかね、
ゲームは全編セピア調のグラフィックで描かれています。
尚、原画には漫画家の氷室芹夏さんがいました。

変わっているのは立ち絵がなく、全てが1枚絵であることです。
同年のフェアリーテールの他作品では、基本的に立ち絵と1枚絵があります。
セピア調のグラフィックという点では『夢二』なんかも同じなのですが、
あちらは立ち絵があるのにこちらにはありません。

この手法がADVにおける一般論として正しいとは思わないものの、
あくまでもケースバイケースなのであり、
新宿物語においては、これで正解なのだと思います。
夢二とか普通の作品では、立ち絵が欲しくなる作品も多々あります。
特に今主流の恋愛系では立ち絵の存在は必須でしょう。
しかし物語の種類によっては、必ずしもそうではないのです。
立ち絵を増やすと、容量の関係もありどうしても1枚絵は減るでしょう。
それをやっていたら、新宿物語の魅力は半減していたと思います。
動かす必要のないところは同じ絵でつなぎ、
動きのあるところは1枚絵を連続でつなげる。
立ち絵を廃した分1枚絵を増やし、必要なところで大胆に何枚も使う手法は、
少なくともこの作品では上手く機能していたように思いました。
これにより躍動感が生まれ、
目的としていた映画のような雰囲気になれたのでしょう。

sinjuku07.jpg

PC98時代は見た目のレイアウトであるとか、
物語にあわせていろいろ変えていたものも多かったんですよね。
卵と鶏の話のようにどちらがどうとは言えないのですが、
見せ方が多様だったのに合わせるようにして、
物語の幅も多様だったものです。
それがwindowsの時代に入ってからゼロ年代前半までは、
動かぬ立ち絵で進行しつつときどき一枚絵という構造へと、
ゲームが一極化していきました。
これはこれで良い面があるのは否定しないのですが
(特に原画家の一枚絵の良さだけを伝えたい場合には有用です)、
一極化してそればかりになったというのが問題なのです。
その構造に上手く当てはめようとすると、
どうしても物語の幅が狭く似たようなものが増えてしまいます。
逆に物語だけその構造から逸脱しようとすると、
システムとの不一致が違和感として残ってしまいます。
当時はそれなりに楽しんだのですが、
今になりゼロ年代前半こそが一番酷い時期だったのではと思い始めたのも、
そうした理由からだったりします。
ゲームで物語を最大限に活かすためには、
その見せ方やシステムからして変更しなければ駄目に思うわけで、
この頃のアイデスはその辺りもいろいろと配慮できていたんですよね。
まぁ、最近になり、つまりはゼロ年代も後半に入ってからは、
またグラフィックやエフェクト技術の進化もあり、
見せ方にいろいろこだわろうとするブランドも増えてきています。
だからこの問題は今後は減っていくのかもしれませんし、
過去の話題になるのかもしれませんけどね。

<サウンド>


カタログを見ていた時には第一にグラフィックが目に入ったのですが、
むしろプレイを開始して真っ先に印象に残ったのは、
OPムービーとともに流れるMUSEさんの軽快な音楽でした。
このサウンドこそ、新宿物語の1つの特徴でもあるのでしょう。

名作と呼ばれる作品には、素晴らしい音楽が用意されていることが多いです。
例えばkeyの作品は折戸さん抜きには語れないでしょうし、
98時代の菅野作品だって梅本竜さんの音楽の存在は大きいです。
アリスの数多くの作品を支えたのはShadeさんの音楽ですし、
同様に98時代の多くの優れたアイデス作品を支えたのは、
MUSEさんの作る音楽だったのだと思います。
ストーリーの良い作品というと、
どうしてもシナリオライターが注目されがちだけど、
シナリオライターだけを切り取って語るのは誤りであり、
優れたサウンドの存在は忘れてはならないのでしょうね。

本作においても、OPからプレイヤーを惹き付けたサウンドは絶妙であり、
新宿物語という作品はこのサウンド抜きには語れないのでしょう。
正直なところ、私はあまり音楽にこだわらない方なので、
誰が作ったとかほとんど気にしないんですけどね。
でも逆に、普段そんな人間が気になったのだから、
それだけ良かったと言えるのかもしれません。

余談だけれど、MUSEさんとF&Cの仲がこじれたとかで、
それで黄金期のアイデス作品の多くが移植絶望的なようでして。
つまり良い作品ほど移植しにくい状況であり、
何とも嫌な皮肉ですよね。

<ストーリー>


ストーリーの簡単な説明をしますと、
主人公は失踪した父親の後を継いで骨董屋をやっています。
もっともそれは表の顔であり、こちらも父の後を継いでいるのですが、
裏では何でも屋をやっているのです。

良く言えば銃を扱わないシティーハンターみたいなもので、
悪く言えばチンピラみたいなものとなるんですかね。
助けた恩で舎弟みたいになっている相棒もリーゼント頭ですし、
良い意味でチンピラ風な主人公たちと言っておきましょうか。
依頼される内容も荷物運びとかですし(中にちょっと白い粉が入ってますけど)、
ややアウトローっぽい雰囲気を想像してもらえば良いと思います。

そして本作で新たに依頼された内容が、女子高生の狂言誘拐になります。
従って最初は家出願望のお嬢様のお戯れにつきあうという、
ただそれだけの簡単な依頼だったはずなのですが、何故だか殺し屋に狙われ、
やがて逃走劇になってしまい~って感じで物語は進みます。

sinjuku04.jpg

う~ん、この面白さの質を一言で表現するのは難しい気もするのですが、
「青春」ストーリーと評した書籍の言葉が、やっぱり最適となるのでしょうか。
逃げる過程でいろんな経験をした少女は外の世界を知り、
そして成長し、最後は家に帰ることを決断します。
でも成長物語というよりは、逃げる過程であるとか、
途中の主人公とその相棒と少女との何気ない会話や行動こそが大事であり、
全てをひっくるめて若き日の青春の一幕と言うのが、
やっぱり一番合っているのかもしれません。

sinjuku05.jpg

この、一言では表現しにくいという曖昧さもまた魅力なのであり、
それがPC-98時代のゲームらしいところでもありました。
もちろん他に類似のゲームがないという点では、
既存の98ゲーとは被らないのですけどね。
何が出てくるのか蓋を開けてみないと分からない、
他のメディアではやりにくいような、
そういう実験的な雰囲気が98のゲームっぽいのであり、
細かくジャンル分けされその枠に嵌めなければ許されない今のゲームとの、
最大の違いなのかもしれません。
まぁ、今ならラノベかアニメでやれよという意見もありえるでしょうが、
当時はこういう雰囲気のはやれなかったでしょうから。
ジョージ・ルーカスでさえ金がないからゲームでやるってなご時世でしたし、
これはこれでありと思えたんですよね。

事件、そしてゲームは少女の帰還をもって終了となります。
ストーリーとしては完結しているのですが、
魅力的なキャラが多いのでいくらでも続編が作れそうなんですよね。
相棒関連で1話、大家さんのところの娘姉妹の話で1話、
今回の事件を持ち込んだ美女(オカマ)とオカマバーのメンバーで2話、
父親の失踪の話でも2話って感じで。
っていうか、実際に、ゲームの最後で次回予告とか言って、
相棒が刺されて死にかけていますしね。
彼は何年死にかけたまんまでいなければならないのでしょうw
全部作ればミッシングパーツシリーズみたいな長編にもなれたわけで、
何とも惜しい気もしますね。

sinjuku09.jpg

<感想・総合>


総合では、当初は良作としていたのですが、
今現在は名作と再評価しています。
イベントCGを必要なところで必要なだけ大量に投じる手法は、
今でも珍しいものですし、当時としては新しい方向性を示したわけです。
そしてそれにより今でも記憶に残るインパクトがあったわけですから、
その点を重視したということですね。

本作は、どちらかと言うと雰囲気系の作品であり、
ストーリーそのものが格別優れているというよりも、
むしろキャラの魅力から次が見たい、
次に期待したくなるというタイプのゲームだったんですよね。
だから点数以上に好きな作品でもあり、
もし普段の基準度外視で主観的な好みだけで判断するならば、
傑作級に相当する作品でもありました。
それくらい評価以上に、そして偉大な名作らと変わらないくらいか、
或いはそれ以上に大好きな作品でもありました。

ランク:A-(名作)

PC-9801 3.5インチソフト 新宿物語

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1499-6a39fb99
| ホームへ戻る |