いつまでも ~神長さん家の春夏秋冬~

いつまでも ~神長さん家の春夏秋冬~

『いつまでも ~神長さん家の春夏秋冬~』は、
2000年にWIN用としてイージーオーから発売されました。

寝取られ、NTR・・・、表記方法はどっちでもいいけれど、
現実であったらこれほど鬱で嫌な話もないですけどね。
これがゲームとなると、話はまた変わってくるわけで。

kaminaga02s-.jpg

NTRのゲームと現実の違い。
まず第一に、Hシーンを見ることができるってこと。
『媚肉の香り』の紹介でも結構書いたんで省略しますが、
もともとゲームで認識されだしたのは、
「彼女または片想いの娘が犯られてしまうゲーム」としてです。
犯られてしまうっていう画が、ゲームだとあるんですよね。
だからこそ興奮もできると。

第二に、恋愛ゲームは数あるけれど、
結局は主人公(=他人)とヒロインがくっつくので、
ぶっちゃけプレイヤーは関係ないのです。
通常は主人公に自分を重ね合わせるんでしょうが、
それにも限度がありますからね。

その点、NTRなら大丈夫。
ヒロインを取られたっていう主人公の感じた悔しさと、
プレイヤーの悔しさは一緒ですからね。
主人公に対する感情移入の度合いも飛躍的にUPです。
そこら辺が、NTRの良さなんでしょうね。

さて前置きが長くなりましたが、
本題はイージーオーの『いつまでも』です。
このゲームは雑誌で見かけた面白いとの評判だけを頼りに、
他の事前情報無しに買ったんです。
そしたらNTRのオンパレードでしたw
いや、私はNTR大好きだから良い物見つけた~って喜びましたけどね、
NTR駄目な人はさぞかし面食らったでしょうね。

主人公は血の繋がらない3人姉妹と一緒に生活するのですが、
この姉妹皆が犯られちゃうのですよ。
他にも、主人公の片思いの相手もそうですしね。
まさに、NTR好きのために用意されたゲームといって過言ではないでしょう。
NTRが駄目な人には地雷でしかなさそうだけど、
NTRが好きなら一見の価値はあるのではないでしょうか。

ここまでNTRに特化したゲームは、当時はもちろん今でもそうはないですからね。
質・量ともに、本当に申し分なかったです。
NTR専用ゲームというと、いまだに私はこれを思い出すくらいですから。

システム面は、基本的には普通のノベルADVになります。
ただ、近年のゲームには珍しく、エンディングの数が40もありました。
これは一見すると凄そうですが、ストーリーの数自体はそんなでもなかったです。
ラスト直前で誰に告白するかを入力することができるため、
それで数だけが多くなったって感じです。

一応フラグがたってなくても告白だけはできましたからね、
男にもできましたし。
そういや、中には変なエンディングもありましたっけ。

グラフィックは派手な演出があるわけではないけれど、
絵柄的にどのキャラも自分的には好きでしたね。

もっとも2000年のゲームってこともあり、音声は付いてないです。
泣きゲーとかには音声はなくてもOK派ですが、
エロいゲームは音声があった方が良いですからね。
当時はノベルゲーの多くに声がなかったので気にもならなかったけれど、
今やるとしたらその音声のない点が非常に気になるかも・・・

音声入りでリメイクされれば間違いなく買うのですが、
もうこのブランドからNTRを期待するのは無理みたいですしね。
現状で我慢するしかないでしょう。
まぁ、声なしってのを理解した上で購入するのならば、
今でも十分楽しめると思いますよ。

ランク:A-(名作)

Win95/98 CDソフトいつまでも

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2000」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1490-86e90356
| ホームへ戻る |