セイバー

セイバー

『セイバー』は1985年にPC98用として、
エニックスから発売されました。

85年の作品なのですが、98専用という珍しいゲームでした。


saver01.jpg

<概要>


ゲームジャンル:コマンド入力式ADV

ストーリー的には主人公が異世界に行って、
英雄としてお姫様を救い出すという、
まぁ典型的なファンタジー物でしたね。

<感想>


ここまでだったら何も特徴がないようですが、
『セイバー』と言えばやっぱり、
オフェーリアが涙を流すシーンとなるのでしょう。

そもそも85年なんて、PC-88ですらろくに普及してなかったわけで。
運良く私は早くからPCに触れる機会に恵まれましたが、
周りでは全然でした。
っていうか、ファミコンより先にPCを持ってた私の方が、
間違いなく異端なんでしょうけどね。
そんな頃にPC-98で発売したんですからね。
一体どれだけの人がリアルタイムでプレイしたものやら。
因みに私もリアルタイムではなく、結構経ってからでした。

さて、本作はPC-98で発売されただけあって、
処理速度が半端じゃありませんでした。
この頃はまだ画面を映すのにチマチマとリアルタイムに描写してたりして、
その描写が遅い作品も一杯ありました。
そんな状況ですからね、
高速にアニメーション処理をしつつ美麗なCGを見せつけた本作は、
それだけで他を圧倒していました。

その技術の素晴らしさの象徴が、
上記のオフェーリアが涙を流すシーンとなるわけです。

今ならどうってことないことだし、
そもそも近年は絵だけゲーは評価されない傾向にあります。
だから良さが伝わりにくいかもしれないですね。

そういう意味では昔の方が、例えそれがグラフィックだけであっても、
他を圧倒する要素があれば素直に評価されていたのかもしれません。

昔はグラフィックの進化がADVの進化的な時期でもあったわけで、
その観点からは本作はADV史に残る名作と言えるのだと思います。

ランク:A-(名作)

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド入力式 /PC98 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1985」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/149-207ae4f3
| ホームへ戻る |