ef - the latter tale.

ef - the latter tale.

『ef - the latter tale.』は2008年にWIN用として、
minoriから発売されました。

システムは群像劇スタイルのノベルタイプのADV。
前作である『ef - the first tale.』と2つで1つの作品となります。

ef01.jpg

ADVの進化の歴史というものは、
ある意味グラフィックの進化の歴史でもあったわけでして。
振り返ってみると、優れたグラフィックのゲームが出るたびに、
多くの人が興奮していた気がします。

私もグラフィックの優れたゲームが好きだったので、
アニメーションが入っているゲームも当然好きなわけです。
小説じゃなくゲームですからね、動きがあった方が楽しめますから。

もっとも、結論だけを言っちゃうと、フルアニメのゲームはどれも短いです。
決してボリュームが全てではないけれど、
やっぱりある程度のボリュームも欲しいわけでして。
それ故に、フルアニメのゲームには不満も付きまとっていたのです。

このジレンマを解消したゲームも幾つかあります。
例えば『クロス探偵物語』なんかがそうですね。
あれは1万枚のグラフィックをフルアニメに用いるのではなく、
部分的に動かすことに費やしていました。
それによって動きとボリュームを両立させていたのです。

私は、それで良いのだと思います。
何も画面全体が常に動いている必要はなく、
要所要所で必要な部分がこまめに動いてくれればね。
それで全体のボリュームも損なわないのなら、
ゲームとしてはその方が正解だと言えるでしょう。

WINDOWSの時代に入ってからのアダルトゲームのADVの多くは、
立ち絵と一枚絵で構成されていました。
以前にあった目パチ口パクもなくなり、
動きという面に関しては退化していった感があります。
一枚絵の出来にだけ力を入れていった時期もありましたからね。
一枚絵の良さもそれはそれで一つの魅力だし、
ストーリーが良ければ作品としては名作と言えるかもしれないけれど、
動きがなくなっていったのが寂しいことに違いはありません。

その後、動きの少なさに物語を表現する上での限界を感じたのか、
立ち絵部分の強化に励んでいく動きも増えていきました。
中には一枚絵と立ち絵の区別なく楽しめるような作品も出てきました。
その成功例の一つにアージュの作品たちがあるでしょう。

前置きばかり長くなりましたが、本作もまたその流れの中にあります。
目パチ口パクは当たり前。
それだけでなく、とにかく動きまくりでしたね。
CG枚数も722枚でしたっけ。
CGの枚数だけでも並の倍以上のボリュームがありますが、
それを上手く組み合わせて細かく動かすものだから、
一度として同じ画面がないくらいでした。

また単に動くだけでなく、一枚の絵としても素晴らしいものが多かったです。
これは背景の原画をつとめた、ゆうろさんの功績も大きいでしょうね。
私はゆうろさんの絵が好きで、特に絵全体の構図が好きなのですが、
なかなかゲームの原画では見かけなかったりします。
最近では背景での仕事が多いみたいですね。
本作でも背景の原画をしており、その出来が凄く良かったわけでして。
近年のアダルトゲームは皆似たようなヒロインが多くて、
作品間で差があまりつかないです。
そうなってくると、本作のような背景の出来如何が、
今後は作品の良し悪しにかなり影響を及ぼしてくる気もしますね。

そのゆうろさん及び本作のグラフィックの真骨頂はOPにあるでしょう。
ゲームをやる時間がない人でも、このOPだけは見て欲しいくらいです。
OP自体は新海誠さんが監修したってことで有名ですけどね、
あの完成度は背景を描いたゆうろさん抜きには語れないでしょう。
本当に、あのOPには感動したものです。

MYST系やP&C系のADVとノベル系のADVとでは、
グラフィックの見せ方もまた違ってくるのでしょう。
そして、およそノベル系のADVに限って考えるならば、
本作は見せ方という点で一つの到達点に達した感もありますね。
長くゲームをやっていると、
節目節目となるゲームってのが出てくることがありますが、
本作もまたその1本になりえるのではないでしょうか。

節目という表現は、個人的にはとてもしっくりします。
ノベル系のグラフィック、ここに極まれりってのが1つなのですが、
同時に現状の様々な問題も含んでいると思えるからです。

まずは、作品が分割されて発売されたこと。
これだけのCG枚数ですからね、仕方ないのかもしれません。
海外のADVも近年は分割された作品ばかりです。
世界的な流れからいっても、
規模が大きくなるにつれこうした展開は増えていくでしょう。
もちろん、分割されても名作足りうる作品も多いのですが、
やっぱり1本で完結させた大作よりは印象が良くないですよね。
この流れからは超大作・傑作というものは、
今後なかなか出てこないのではないでしょうか。

次に、分割されたということは期間が開くわけです。
本作はわりと間がなく発売されたので、あまり待たされずに済みました。
もっとも、最近はゲームがすぐにアニメ化されます。
本作も発売を前にして、
内容の一部でアニメが先行するという逆転現象が生じました。
全く一緒というわけではないのですが、
アニメを見てると本作の序盤はあまり楽しめないものでした。

それとも関連するのですが。
近年のアダルトゲーム及びADVはどんどんゲーム性を減らしていき、
本当に読むことだけに特化していっています。
本作も長いわりに選択肢は2つだけで、後は読むだけです。
いやオートプレイがしっかりしているので、文字通り見てるだけですね。
これはこれで長時間ドラマを見ている感覚で楽しめますが、
ここまで来るとアニメとの違いは何?ってなっちゃいます。
本作はアニメ化もされていますしね、
そうなるとアニメを見ればそれでOKじゃんってなります。
アニメ化された場合の出来にもよるので一般論になりますが、
ADVがこの方向性に進み続けるのならば、
アニメの先行お試し版・前座版くらいの価値しかなくなるのではと危惧します。
このままではというか、既に衰退している気もしますが、
ここら辺で方向転換しないとADVの先はないでしょうね。

本作には良い面も悪い面もひっくるめて、
近年のアダルトゲームの傾向が凝縮されています。
そういう意味で、いろいろと考えさせられた作品でしたね。

そうそう、内容面に全然触れていなかったですが、
基本的に鬱ゲーに分類される・・・のかな?
鬱系に慣れている人にはそれ程でもないと思うけれど、
慣れていない人には少々きついのかも。
とりあえずヒロインは処女以外不可って人は、
本作に手を出すのはやめておいた方が良いでしょう。
鬱だって嘆かれる理由のほとんどはその点に起因しますから。
そこだけは要注意と言っておきましょう。

ランク:A(名作)

Windows2000/XP/Vista DVDソフ トef - the latter tale.

ef - the latter tale.

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2008」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1487-92a0578d
| ホームへ戻る |