狂った果実

狂った果実

『狂った果実』は1992年にPC98用として、
フェアリーテールから発売されました。

最強、或いは最凶の鬱ゲーとして有名な作品でしたね。

kuruttakajitu03s.jpg

<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

大まかなあらすじとしては、
美大生である主人公は恩師である教授の家に、
教授の10歳になる娘の家庭教師として通うことになります。
しかし、そこで奇怪な事件に出くわし、
やがて次々と不可思議な殺人事件に巻き込まれてしまいます・・・

<グラフィック・テキスト>


kuruttakajitu6s.jpg

あの場面が忘れられない、あの台詞が忘れられない・・・
良い意味でトラウマとなったってゲームありませんか?

山椒は小粒でもぴりりと辛い。
例え小粒な作品であってもその強烈な個性により、
何年経ってもファンから忘れられないでいる作品ってありますよね。
『狂った果実』は、まさにそんな作品でした。
当時は鬱ゲーって言葉はなかったと思うのだけれど、
今では「史上最悪の鬱ゲー」と言われているらしいですしね。

最凶の鬱ゲーと呼ばれる理由として、
やっぱり注目されるのはストーリーとグラフィックになるでしょうか。

まずグラフィックと、それに付随してテキストに関してですが、
上に挙げた画像のように衝撃的なCGも確かに存在します。

CGにグロいものもあり、インパクトがあり、
加えてトラウマになるゲームとして本作が紹介されて、
そこでCGが例に出されやすいものだから、
未プレイの人がそれで知ると、CGのインパクトがトラウマにさせるのだと、
そう勘違いしてしまう人も出てくるのではと心配してしまいます。

実際、CGにインパクトがあったことも確かですが、
グラフィックだけだったら他の作品と比べ、
それ程突出しているというほどでもないのでしょう。
つまりCGが第一というのではなく、
むしろCG以上に印象的だったのがテキストなのです。
衝撃的なシーンを事細かに丁寧に説明してくれるものだから、
よりリアリティが増してくるのです。
だからこそ、プレイした人の記憶にいつまでも刻まれ続けるんですね。
昔、本作を絶賛している人を何人かみましたが、
その人たちが一番褒めていたのもテキストでしたしね。

もちろんテキストとCGは分離している物ではなく、
相乗効果で単独の場合よりも強い効果を発揮させることができます。
本作では、特に最後に出てくる絵日記が象徴的でしたね。
いかにも子供が描いたような下手糞な絵日記なのですが、
その単独では下手糞にしか見えない絵日記が、
テキストと、そこまでに至るストーリー展開の影響と組み合わさることで、
無邪気な悪意をより的確に描写し、こちらを恐怖させるのです。

絵とテキストの双方からなるエグさ。
結局のところ、それがこの作品の最大の魅力なのでしょう。
シナリオだけとか、或いはCGだけとかっていうのなら、
本作以上のゲームもあるのでしょうけどね。
今でも両方揃ったものはほとんどないだけに、
余計にもインパクトが強くなった作品と言えるのではないでしょうか。

<ストーリー>


この年のアイデス(カクテル、フェアリーテール)は、
こうした小粒なんだけれども、印象的な作品が多かった気がします。
例えば『きゃんきゃんバニープルミエール』『卒業写真/美姫』
『夢二 浅草綺譚』『電撃ナース』『デッド・オブ・ザ・ブレイン』
『新宿物語』『ドラキュラ伯爵』『殺しのドレス3』・・・などですね。

他方で、92年のアダルトゲームにはエグイというか、
結構残酷なゲームが多かった気がします。
やってて鬱になるようなね。

その両方の意味から本作は92年らしいアダルトゲームだったわけで、
『狂った果実』は92年を象徴する作品とも言えるのでしょう。

ところで、以上の様な意義を有しつつ、そのストーリーのインパクトもあり、
92年を代表するストーリー重視作品のような扱いを受けることもありますが、
その点に関しては少し違和感があります。

というのも、その肝となるストーリーなのですが、
あらすじと言うか、設定的には「火サス」に元ネタみたいなのがありまして。
厳密にはテーマとかが異なるから、
これはこれで本作自体も評価に値するとは思うものの、
元ネタを知っていると当然インパクトは減ってしまいますし、
オリジナリティが高いとまでは言えないのでしょう。

上述のように本作には他に良い部分がありますし、
特にテキストの描写は秀逸であったことから、
シナリオ・テキスト重視の作品という観点からは上位になると思います。
しかしストーリーのオリジナリティが決して高いわけではなく、
これがストーリー重視の良い作品かと問われると、
私はノーと答えるでしょう。
作品名は伏せますが、この手の映画に詳しい人だと、
私以上に本作に対して厳しめの評価になりやすいでしょうね。

まぁ何ていうか、90年代後半以降にシナリオ重視とか言い出す人が出始めて、
そういう人の褒める作品をやってみると、
何かどっかで見たような内容の作品ばかりで、
そのために個人的にはそれ程凄いとか絶賛するほど良いとは思えなくって。
でも信者に言わせれば、同じような内容でも、
当該ライターのテキストが良いのだと、
そのテキストにより優れた作品になるのだと、
そんな説明を何度も目にしまして。
そのような、ネタは一緒でも俺の方が上手く書けるぜ的な、
二次創作的な作品が絶賛されることが良いのかについては疑問もありますが、
仮にそれも一つの方向性として認めるのであれば、
本作はそうした路線の先駆けとなるのでしょう。
実のところ、数あるPC98の鬱・猟奇ゲーの中で、
何で本作だけが次第に注目度を高めていったのか、
個人的には少し不思議なところもありました。
しかし本作の持つ特徴・方向性というのが、
90年代後半以降のシナリオ重視ユーザーの褒める作品と傾向を同じくし、
つまりは単に相性が良いのだろうなと、
そう解釈することで理解しやすくなったように思います。

<ゲームデザイン>


と言うわけで、エグさを丁寧に描写した、
シナリオ重視という観点からは優秀な本作。
しかし本作に関しては、近年の方が名前が先行して過大評価気味なので、
いざやってみると拍子抜けするかもしれません。
それは上記のようにストーリーの観点からもそうですし、
またゲームデザインの観点からも妥当します。

本作のジャンルは、普通のコマンド選択式のADVです。
この年のアイデス系列の作品には、広い意味ではADVばかりなものの、
細かく見てみると様々な形式の作品が存在しています。
沙織事件の次の年ですし、試行錯誤だったんでしょうね。
だからアイデスのADVの中にも、
ゲームシステムが凝っている物も幾つかあるのですが、
本作は工夫もなく、いたって平凡なんですよね。

またボリュームに関しても、当時の標準程度はあるものの、
大作と呼ばれるような作品には遠く及びませんし。

<感想・総合>


以上の様な作品ですので、好きな人は凄く好きだろうなというのも、
納得できる作品ではありますね。

長所が明確なので私も名作と考えるのですが、
私の場合はゲームデザインとか他の部分も含めて考えます。
そしてストーリーの良い作品として本作を紹介されてしまうと、
私は首を傾げたくなってしまうし、ゲーム性とかも秀でていないので、
総合的にはそれほど高い点は付けにくいのかなと。
従って、熱狂的なファン程には評価していないことになるのでしょう。

どうも近年の過大評価っぷりに抵抗を感じ、
それで少し否定的な部分を多めに書いてしまったのですが、
元々好きな作品ではありますし、
いつもならもっと褒める方向で書いていたであろう作品でもあります。
そして何より、この時期らしい内容の、良い作品ですからね。
時代を象徴する作品として、知っていて損のない作品だと思いますね。

ランク:A-(名作)

PC-9801 3.5インチソフト 狂った果実

中古PC-9801 5インチソフト狂った果実

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

このゲームはタイトルに惹かれてプレイしましたが、今でも印象にのこっていますね。
その理由の一つがCGのグロさにあった訳ですが。
真紀や成子のペットの猫、美夏の飼犬の死体は今でもハッキリと
覚えていますからね。
あれは気の弱い人にとってはトラウマ物ですよ。
CGは今のゲームの方が技術は格段に上ですが、あれ以上にインパクトの
あるものは無いですね。
あったらあったら問題ですが。
美夏のイラストブックに描かれた数々の絵とEDでの主人公のセリフ。
そして首の捥げた人形……。
とにかく印象に残る作品でした。
今プレイすると別の感想を持つかもしれませんけどね。
思い出補正がかかっているかもと思いますし。

>> こげぱんださん
>その理由の一つがCGのグロさにあった訳ですが。
この点に関しては、本当に衝撃的でしたね。
今でも多くの人に語られていますし、
それだけ与えたインパクトが大きかったってことなのでしょうね。
>今プレイすると別の感想を持つかもしれませんけどね。
私は数年前に再プレイしましたが、
気になったのはやっぱりボリュームのなさでしょうね。
ただ、簡潔な文章で上手く表現できているあたりは、
今のノベルゲーより良く出来ています。
最近のゲームがいかに無駄に量を増やして間延びさせているかを、
あらためて感じさせられましたね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1486-122df2bc
| ホームへ戻る |