シムピープル

シムピープル

『シムピープル』は2000年にWIN用として、
エレクトロニックアーツから発売されました。

確か世界で最も売れたPCゲーでしたっけか。

シムピープル

オリジナルは同年に発売された『The Sims』で、
本作はそれの日本語移植版になります。

続編は素直に『ザシムズ2』となっていますので、
ある意味本作だけが変則的なタイトルになっていますね。

ジャンルはSLGで、端的に言えば町の住人として、
コミュニケーションを楽しむタイプのゲームです。

まぁ、この類のゲームは既に幾つかありましたからね、
発想自体は特別際立っていたとは思いません。

しかし、作ったのがシムシティなどを作ったウィル・ライトですからね、
その作り込みと規模は半端じゃありませんでした。

完成度が高いと言いますか、
狭義のゲーム性が非常に高いわけですね。
これは人気が出るのもうなずけます。

ただ、言い換えれば突出しているのはそれだけでもあり、
私の基準からは点が非常に伸びにくいゲームでもありました。
舞台の設定にも惹かれるものはありませんでしたし、
個人的には良作が精一杯なのかなと。

それと、こういう自由度が高いゲームは好きだと思っていたのだけれど、
基本的にADVとかが好きなように、
ある程度はシナリオやイベントや個性のあるキャラがいた方が、
私は楽しめるようです。
もちろん逆にそんなのは要らないって人もいるでしょうし、
純粋にSLGという形態を望んでいた人もいるでしょうから、
そういう人には極め付けのキラーソフトになりえたでしょうね。

そういうわけで私の評価では低くなってしまったのですが、
純粋なSLG好きなら大幅にポイントがアップするでしょう。
何れにしろ、2000年を代表するSLGの1本だったのでしょうね。

ランク:B-(良作)

シムピープル

関連するタグ WIN /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2000」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1481-5aab2a55
| ホームへ戻る |