ペンションストーリー 花の清里

ペンションストーリー 花の清里

『ペンションストーリー 花の清里』は1988年にPC-88用として、
アダルティンから発売されました。

アダルティンというと馴染みがないかもしれませんが、
後のD.O.のことですね。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV
hananokiyosato01.jpg

主人公の神崎葉一は叔父に招待されて清里のペンションに向かうのですが、
その叔父さんが何者かによって殺されており、
主人公は事件の謎を解明することになります。
容疑者はペンションの7人の住人なので、
舞台もこのペンションの内部となります。

設定的には館物とも言えなくはないですが、
いわゆる館モノとして望まれるような要素はほとんどなかったので、
あまりそういう見方はしない方が良いのでしょう。
普通に殺人事件を解く推理物の、
コマンド選択式ADVと考えた方が良いでしょうね。

このゲーム、狙い自体は良かったのだと思います。
80年代には推理物のADVが一杯ありましたが、
80年代初期のアダルトゲームは野球拳とかナンパ物が多かったです。
そんな状況下で、推理物にアダルトな要素を加味した、
『殺しのドレス』が登場するわけです。
これは凄いことだったと個人的には思うのですが、
アダルトな大人の雰囲気を取り入れることと、
可愛い美少女の要素を取り入れることは、
似ているようで違うんですよね。
一方で大人な雰囲気を漂わせたゲームがあるのならば、
他方でもっと美少女ゲームとしての推理物という方向性もありえたわけで、
本作はその道を進んだわけですね。

同じような方向性を歩んだ作品として、
同じ年に『リップスティックアドベンチャー』があります。
そちらは一般的な知名度もありますし、私の評価も高いです。
しかし、リップスティックADVはCG自体は一部ではありますが流用なわけで、
完全な新作である本作は、その点ではもっと評価されるべきでしょう。
となると、リップスティックADV以上の評価を本作が得ることも、
可能性としては十分にあったんですよね。
でも、実際にはそうではなかったわけでして。
つまり目の付け所は良かったものの、
中身自体はいたって普通だったんですよね。
その辺は今にしてみればもったいなかったのかもしれませんね。

因みに、システムは普通のコマンド選択式のADVです。
コマンドの数もたくさんあるので結構大変です。
普段80年代はコマンド選択式ばかりではないということで、
変化球的なノベルを紹介することが多いです。
だからこのブログだけを見ていると、
逆にだったら80年代もノベルばっかなの?と思えてしまいかねないですが、
本作のようなコマンド数の多い選択式が主流で、
少数派としてノベルとか紙芝居っぽいのもあったということですね。
単に私がオーソドックスなADVを紹介しないだけですから。

ランク:C(佳作)

花の清里

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1473-13552ad4
| ホームへ戻る |