蝶の毒 華の鎖

蝶の毒 華の鎖

『蝶の毒 華の鎖』は2011年にWIN用として、
アロマリエから発売されました。

現時点では、最も楽しめた乙女ゲームでしたね。


蝶の毒 華の鎖 初回限定版

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
舞台となるのは大正時代の東京。
主人公の百合子は、由緒ある華族である野宮家の令嬢。
その百合子の誕生日に催されたパーティーは、
子爵とは言え困窮していた野宮家が、
娘を案じてなした精一杯の見栄の宴でもあったわけで。
そこから百合子が呪われた運命に翻弄されていくというのが、
大まかなあらすじになりますね。

<ストーリー>


本作は、いわゆる成人向けの乙女ゲーになります。
乙女ゲームですので、まず第一には女性ユーザー向けなのでしょう。
もっとも本作はシナリオが優れた作品ですし、
Hシーンも女性と男性で行われるわけですから、
女性主人公の男性向け作品と大差ないですし、
男性ユーザーでも十分にプレイできると思います。

さて本作のストーリーは、
概要に書いたように大正時代を舞台としつつ、
ミステリー仕立てで進行します。
仕立てというのは、一応事件は発生するのですが、
個別EDを見ているうちに真犯人は分かってしまいますし、
制作側もあえてそこを強調しようとはしていないと思うからです。
犯人は誰かというよりも、その事件の背後にある人間関係、
そこには様々な確執や愛憎劇が繰り広げられるのであり、
そういう部分を見て欲しいってことなんでしょうね。

この部分は、端的に言えば凄く良かったですね。
あまり捻ったり奇抜なことをしていないので、
そういう意味では私の好みとはずれるのかもしれません。
しかし、一見王道風なのについ読み込んでしまうわけで、
王道路線が好みでない私が満足したのだから、
これは上手かったと言うしかないのでしょう。

もっとも、これはストーリーそのものより、
テキストとキャラの魅力があったからこその満足感かもしれません。

テキストは耽美かつ流麗な文体で、
癖はないとは思うものの、何故か惹きつけられるんですよね。
さりげない1文にとても淫靡さが漂っていたりして、
久しぶりにテキストでゾクリときましたよ。
エロゲーのHシーンとかで短い場合には不満もあったりするのですが、
短いのが不満に感じるのは1つ1つの文章に魅力がないからであり、
だから量も伴わないと満足できないってことでもあるんですよね。
本当に良いテキストであれば、
たとえ短くてもグッとくるものがあるわけで、
忘れかけていたその感情を思い出しつつ、
久しぶりに1文1文を噛み締めるように読んだノベルゲームでした。

本作は単純なボリュームという面ではそれほど多くもないのですが、
逆に無駄な水増し文章もなく、
ギュッと濃縮されていたように思います。
ここら辺にも好きな物を作ったという作品性が現れており、
水増し文章でボリュームを増やす、
最近の商品としてのエロゲーとは異なる気質を感じ取れましたね。

そして何より、キャラが皆生き生きしていたのが良かったです。
主人公は没落華族の子爵令嬢なのですが、
大正時代ということもあり活発さも兼ね備えています。
設定としてだけのありきたりなお嬢様や活発さではなく、
それらがゲームを通じた行動の端々から伝わってきます。
だからこそ、とても魅力的に感じられるのです。
ルートによっては家の伝統に縛られ、
身分差や近親といった恋愛に悩むことになります。
それはそれで十分に良かったのだけれど、
他方で女探偵ルートのように活発さが前面に出てくるルートもあり、
個人的にはその部分が非常に気に入りました。
まぁ、昔『はいからさんが通る』とか大好きでしたからね、
そういうのが好きなんですよw

陰湿でじめっとしたルートもあれば、
清涼剤ともなる爽やかなルートがあるという、
ルート間の多彩さも魅力なのであり、
それによって主人公の人間性にも深みを増したと言えるのでしょう。

また主人公だけでなく、男性陣も良いキャラが多かったです。
一代で成り上がった傲慢な成金男に、
妖しさと儚さを併せ持った美麗な兄、
幼馴染で真面目な軍人でなおかつ眼鏡に、
異国の血が流れたハーフの美形執事、
そして使用人である身分違いの園丁。
単純な設定面は、皆が好きそうで、
いかにもなキャラが多いかと思います。
でも、これまたテンプレな設定に収まることなく、
良く深みが描けていたように思います。
個人的には斯波が好きですかね。
一見するといやみな成金なのですが、
そのひた向きで一途な純粋さには心を打たれましたよ。

これらのキャラの魅力を引き出した大きな要因としては、
バッドEDの使い方の上手さもあったのでしょう。
っていうか、綺麗にまとまる個別のハッピーEDより、
個別のバッドEDの方が印象に残るのも多かったりしますし。
バッドEDは当然不幸な方向に話が進むわけですが、
降って湧いた不幸ではなく、
愛情の暴走が招いた結果だったりするわけです。
だから、よりそのキャラの内面が鮮明に表れてきて、
深みが増すわけですね。

ただ、ここは若干注意を要する人もいるかもしれないですけどね。
っていうのは、バッドでのHシーンは結構マニアックなんですよ。
ちょっと成人向けも気になるかもっていう純情(?)な女子には、
ちょっと刺激が強いかもしれません。
乙女ゲーなので絵的には抑えられていますが、
男性向けの陵辱モノよりも刺激的なシーンもありますので、
男性向けエロゲーに耐性の全くない女性にはきついと思うのです。
まぁ、そのギャップやマニアックさが、
個人的には興奮できて良かったのですけどねw
いや、何か最近アダルトゲームやっても反応しなくなってきてね、
もう終わったか自分?とか思ったりもしたのですが、
久しぶりにニヤニヤしながらHシーンを堪能できました。

そういうわけで、久しぶりにゲームのストーリーで満足できました。
これはね、今のエロゲー市場の在り様では作れないですよ。
乙女ゲーという市場だからなしえたんでしょうね。
ラノベで富士見や角川に飽き飽きし始めた頃に、
『流血女神伝』を読んで衝撃を受けたことがありました。
まさにあんな感じでしたね。

<感想>


その他の点では
CGも差分抜きで110枚と価格からすれば十分だし、
量だけでなく質も満足できました。

またサウンドも非常にマッチしていました。
特にRitaさんの歌うOPは良かったですね。

更に、次の選択肢までシーンごとスキップできるなど、
システムも十分だったことなども含めると、
作品としては十分に名作でしょう。

<総合>


本作は基本的には乙女ゲーですので、
第一には女性が楽しむものなのでしょう。

でも、上記のように結構男性向け寄りな構造でもありますし、
絡みも男女間ですからね。
これは男性でもかなりいけるように思います。
萌えゲーで満足できている間ならば、
あえて手を出す必要はないかもですが、
最近のゲームはストーリーが物足りないであるとか、
テンプレゲーは飽きたと不満を感じ始めている人であれば、
文句を言いながら萌えゲーに手を出すよりも、
目先を変えてこういうゲームをやった方が、
得るものが多いのではないでしょうか。

個人的に満足できたのも大きいですが、
馴染みのない分野は知らない間にプレミア化しますからね。
神無を1万で購入した者としては、
早めに出会えたことも良かったですね。

ランク:AA(名作)

蝶の毒 華の鎖 初回限定版

蝶の毒 華の鎖

関連するタグ WIN /ノベル系 /ADV /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2011」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1471-e43cd559
| ホームへ戻る |