ぺんぎんくんWARS

ぺんぎんくんWARS

『ぺんぎんくんWARS』は1985年にファミコン及びMSX用として、
アスキーから発売されました。

元は同年に出たアーケードゲームで、
本作はそれの移植版となります。

ぺんぎんくんWARS

今ならエアホッケーに例えるのかもしれませんが、
当時はそんなものは知らなかったので、
見た目的に卓球+ドッジボールみたいな感覚と表現していました。

ルールは単純で、双方最初は5個ずつ球を持ちます。
それを投げて、時間までにより多くの球を敵陣に投げ込んでおくか、
あるいは10個全部敵陣に投げ込めれば勝ちです。

キャラは主人公のペンギンに、
対戦相手はネコ、パンダ、コアラ、ビーバーとなっており、
その仕草と相まってとても愛くるしいものでした。

・・・が、キャラの可愛さとは裏腹に、内容はかなりハードでした。
敵陣に投げ込むために、「ボールを持つ投げる」の動作はひたすら連打。
敵の投げた球に当たると倒れてしばらく動けなくなりますが、
連打するとその時間が短縮されます。
なので、これまた連打。
とにかく、連打連打なゲームでした。

シンプルなルールに連打必須なゲーム内容。
これは無意味に熱くなりますよね。
必死になってよくやったものです。

もっとも私の場合、
連打に気を取られると他の動きが疎かになってしまいます。
アクション系は基本的に下手くそなんですが、
例に漏れず本作も下手くそでした。
下手の横好きとはよく言ったものですね。
斜め投げを駆使する友人がとても羨ましかったものです。

こういう単純なゲームは、逆に今でも楽しめそうな気がしますね。
可愛い動物のおかげで万人に好まれそうですし。
携帯機あたりにでも移植して欲しいものです。

それにしても、ペンギンが主人公で、
対戦相手にネコ・パンダ・コアラが用意されているのはわかります。
でも、何で最後がビーバーだったんですかね?
製作者がビーバー好きだったのかな?
ビーバーは大好きだから良いけれど、
パンダやコアラをさしおいてラスボスお前かよってことで、
何だかそこだけ不思議な感じがしたものです。

ぺんぎんくんWARS



関連するタグ 


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1469-46d62f70
| ホームへ戻る |