Tex Murphy : The Pandora Directive

Tex Murphy : The Pandora Directive

『Tex Murphy : The Pandora Directive』は1996年にWIN用として、
Access Softwareから発売されました。

Tex Murphyシリーズの4作目。
日本語版はありませんので、英語版でのプレイになります。

Pandora01s.jpg

物事には、何にでも旬というものがあります。
その旬の時期には優れたものがたくさん出てくるし、
その中でも群を抜いていた作品は、
歴代を通じてもやっぱり抜群なわけでして。

私には辛い時期が続いていますが、
客観的に見ると現在はFPS(TPS含む)等のアクション系の時代です。
リアルタイムでの処理が望まれる今日では、
しばらくアクション系のゲームばかりが進化していく日々が続くのでしょう。
非アクション系が主流になる日は、
もしかしたらもう来ないのかもしれません。

とはいえ、以前にはADVが輝いていた時期も一杯あったし、
私の好きな実写系が大いに進化していった時期もありました。

その中でもムービーを多用するADVが最も輝いていた時代は、
この点に限ってみるならばおそらく1996年前後になるのではないでしょうか。
国内ではマルチメディアという言葉が溢れかえり、
海外でもインタラクティブムービーと呼ばれる作品が数多く発売されました。

それまでにもCDを媒体にムービーを多用したゲームはありましたが、
ハードの性能の低さゆえにいろいろと制限もありました。
この手のゲームにとっては、95年のWINDOWS95の存在は非常に大きかったです。
これによってやれることが大幅に増え、ゲームも格段に進化していきましたから。

すぐに廃れていくので本当に短い期間でしたが、
96年前後におけるムービー系のゲームは、
全ジャンルを通じても最も脚光を浴び輝いていたと思います。

その中でも頂点に立ったというか抜群の出来だと思えたのが、
この『The Pandora Directive』だったです。

では、具体的に本作はどういう作品だったのかですが、
まず本作は海外では有名な「Tex Murphy」シリーズの1つであります。
全部で5作品あるのですが、『The Pandora Directive』は4番目にあたりますね。
個人的には、シリーズでも本作が最高傑作と考えています。

pandora02s.jpg

『The Pandora Directive』は、海外では意外と少ない推理ADVになります。
シリーズ4作品めというわけですので、
シリーズ自体はDOS時代の古い頃から続いています。
歴史あるシリーズということもあり、
基本となるゲーム部分もしっかりと作られていました。
インタラクティブムービーブームに乗っかって、
ムービーに適当にゲームを付けた作品とは明らかに物が違います。
システム的には目新しいところはなくても、
基本をしっかりとおさえたP&C(ポイント&クリック)タイプと
言えるでしょうか。

ただ、移動というか視点に関してはやや特殊でしたね。
P&C系の多くは主人公の姿が映るタイプなのですが、
本作ではムービーシーン以外は映りません。
ゲーム部分は自分視点なのです。
ゲームには3Dエンジンが用いられていて、
部屋の中とかもグルリと見渡すことができます。
そして、その視点や移動がマウスの動きと連動してるんですね。
他のADVのパノラマ視点のゲームでは視点だけをマウスで動かすのに対し、
『The Pandora Directive』では移動まで伴うという点が異なっているわけで、
あまりこういうタイプは見かけないかと思います。
その特殊性故に慣れるまでに少し違和感があったけれど、
他にはない独特の臨場感もありました。

それとこの手のゲームは1本道なのが多く、
再プレイする必要がないのも多いのですが、本作では違っていました。
ノベルゲームのように分岐の要素もありましたからね。
大きく分けると3つの異なる展開と、
そこから少なくとも7つのEDが用意されています。
これは非常に珍しいと言えるでしょう。

しっかりしたストーリーに分岐の要素、
それでいてP&Cとしての謎解きも優れている。
文句はないですよね。

もちろん、ムービー系のゲームですからね、
演出部分が優れているのは言うまでもありません。
舞台は近未来のサンフランシスコなのですが、
そのグラフィックの美しさに惚れ惚れとしてしまいます。
しかも本作はCDも6枚組で、ボリュームも満点でした。
96年でこの枚数も凄いですよね。

正直、私にはこのゲームの欠点はほとんど浮かばないですね。
若干の癖があるので好みには影響されるでしょうが、
実に良く出来ています。

古い伝承を扱った95年の『Beast within』と、
近未来のサンフランシスコを舞台にした『The Pandora Directive』。
今ではFMV(フルモーションビデオ)と呼ばれるこのジャンルも、
思い返すとこの2作品が頂点だったように思われます。
これらをリアルタイムで遊べた時代が、
私にとって最もゲームが楽しかった時期だったのかもしれませんね。

ランク:AAA-(名作)

関連するタグ WIN /ADV /P&C式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「海外ADV」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1455-706e4fbb
| ホームへ戻る |