ファイナルファンタジー10-2

ファイナルファンタジー10-2

『ファイナルファンタジー10-2」は、
2003年にPS2用としてスクウェアから発売されたRPGです。

様々な点で話題になった作品でしたね。
続編の在り方について考えさせられた作品でもありました。

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーX-2

普段自分が褒めているゲームは、
そのどれもがどこかしらで絶賛されているゲームです。
ハードが普及しないがためにゲーム自体の知名度が低く、
結果的にマイナーな感じのゲームも多いですけどね。
マイナーなだけで、遊んだ人には絶賛されてたりするのです。

でも、今回はちょっと一般的な反応と異なるのかもしれません。
っていうか、売り上げの多い作品の中には、
少数に売れただけだったら絶賛されていたかもしれないのに、
売れたがために合わない人まで購入して叩かれるケースも多々あります。
『ファイナルファンタジーⅩ-2』もまた、その中の1本なのでしょう。

これは売れたという意味では良かったのでしょうが、
世間での評判を考える意味では不遇ですよね。
前作あってのこのゲームなので、
前作をやってない人は買わないし買っても楽しめない。
前作が好きな人で本作も気に入ったとしても、
補完的な本作はどうしても10よりもワンランクは低くみてしまう。
結果、満点をつける人はほとんどいないことに。
また、当然気に入らないって人もでてくるわけで、そういう人は低くつけると。
で、高得点をつけられないから、平均点も当然下がってしまうわけです。
なので、構造的に多数の集まる大きなサイトなんかでは、
数字上はどうしても駄作の印象になってしまいます。
でも本当にそうでしょうか?

事件があれば成り立つ推理ゲームとかと異なり、
RPGの続編って結構難しいと思います。
大抵のRPGは世界の平和を守って、それでめでたしめでたしですよね。
舞台はその直後になるのです。
これは、思った以上に簡単ではないと思います。

よくあるのが1つは新たな脅威の存在の出現で、
前作の意味を無様に壊してしまうものであり、
他には前作の味方が裏切ったというものもあります。
どちらもインパクトはあるのでしょうが、
前作のラストを大事にしていない姿勢は素直に褒められません。

本作は、そういう安易な方法に依存しなかっただけでも大したものです。
脅威が去った後の復興・再建。
それはとても地味に見えてしまうけれど、様々な問題が含まれているわけでして。
そういうところを結構頑張って描いていた気がしますね。

ティーダやユウナらがシンから守った世界がその後どうなったのか、
メインストーリーだけとか或いは細部に目の届かない人は別でしょうが、
丁寧にプレイしたユーザーにはきっと伝わったのではないでしょうか。

架空の世界を魅力的に作り上げるのが、ファンタジー作品の課題。
10と10-2により、その世界観の深みは更に増したと私は感じます。

テーマがテーマだけに普通のRPGのような派手さはなく、
インパクトという面では弱かったかもしれません。
しかしそのことをもってストーリーが弱いと断じるのは、
ゲームの表面しか見えてないと思ってしまうのです。

キャラクターにしてもそう。
10でのユウナは、使命を背負って気負っているわけです。
そこでは、普段以上にシリアスになるでしょう。
10-2ではその気負いがありません。
しかしその一方で、ある種の失恋状態になっています。
本当は落ち込みたくなるところを、必死に明るく振舞おうとしてもがいている、
そんな痛々しい姿がよく描写されてます。

これを、性格が変って別人って評する人は一体何を見てたのか?
と、私は感じざるを得ないのですよね。
まぁ仕事から帰宅して息抜きでゲームをやっているのに、
ゲームの世界でまで無理して頑張ってる女性の姿なんか見たくない、
だから好きになれんって意見を聞いたことがあり、
そういうのであれば一理あるよなって思えますけどね。

いずれにせよ、前作の直後でどうしても地味にならざるを得ない中で、
かなり良くできていたんじゃないかと私は思うんですよね。

平和後の世界というどうしても盛り上がりに欠けそうな設定の下、
安易な逃げの手段を選ばずに頑張ったと思います。
この点は、むしろ並のRPGよりも高く評価したいです。
とはいえ、他方で盛り上がりにくいのも事実だから、
そんなには高得点も付けられないですけどね。

こういうのは、プレイした年代にも関係あるかもしれないですね。
私が小中・・・いや高校生ぐらいまでにプレイしていたら、
やっぱりあまり楽しめなかったようにも思います。
いろいろプレイして、考え方も変わったりして、
それでプレイしたから魅力も感じられるようになっただけで。
個人的には十分に楽しんだから構わないのだけれど、
数百万のユーザーがプレイする子供が多数購入する作品としては、
こういう作りは向いていないのも確かなのでしょう。

尚、本作はユウナが主人公なので、当然ながら女性が主人公となります。
パーティーも女性ばかりです。
これには抵抗のある人も、少なからずいるかもしれないですね。
ってか、私も昔は変にこだわっていた時期もありましたので、
これまた中学くらいまでだったら間違いなく抵抗を感じてたかと。
今は抵抗を感じるどころか、むしろ好印象ですけどね。
だって、せっかくのRPGなんですもん。
普段の自分とかけ離れた経験を出来た方が楽しいですから。

他方でグラフィックはマップ使い回しと、
ユウナの顔がビミョ~になったのは減点だけれど、
ムービーは相変わらず綺麗で見入ってしまいましたね。
歌も好きでしたし。

戦闘・育成システムは10から変更になりました。
ドレスフィアシステムと名付けられていますが、
簡単に言えばFFのジョブ&アビリティシステムのマイナーチェンジですね。
従来の作品と異なるのは戦闘中にもジョブが変えられるくらいなので、
新しく付加された部分のインパクトは弱かったかと思います。
システム的には、『FFタクティクス』でやりつくした感が強いですし。

もっとも後発な分だけFF3やFF5よりも洗練されていますし、
『FFT』のようなS・RPGではなく、
純粋にRPGでやりたいって望む人もいたでしょう。
そして何より3Dのグラフィックで楽しめるってのは、
それだけでかなり印象が違ってきます。
なので、戦闘・育成に関して今現在やって面白いかって観点からは、
FFの中でも最高ランクに位置するのではないでしょうか。

PS2の技術でジョブ&アビリティシステムをやりたいなって、
私はずっと思ってましたからね。
そういう意味では、本作は待望の作品でもありました。
ジョブ&アビリティシステムが好きな人ならば、
本作の戦闘もきっと楽しめるのではないでしょうか。

また本作は、フリーシナリオ方式になっています。
ストーリー重視の10とはベクトルが異なるので、
そこら辺もまた評価の分かれる理由なんでしょうね。
ストーリー重視も好きだけど、自由度の高いゲームも好きって感じの、
私のような雑食な人には楽しめると思いますけどね。

加えて、膨大な数のフリーシナリオだけでなく、
やりこみ要素も十分に用意されています。
そのため私のプレイ総時間は、実はFFの中ではこれが一番多かったりします。

トレマを倒してアイテムを得るために何週もしましたしね。
特に1週目はきつかったですね~
チャクには本当にてこずりました。
レベルを最高にするだけでは駄目なので、必死に攻略方法を考えたものです。

総じて、10あっての10-2なので、どうしてもその分評価は下がります。
でも、それでも総合的に見れば十分名作の範疇に入ると、私は思うのです。

ランク:A(名作)

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーX-2

関連するタグ PS2 /RPG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

ご無沙汰しております
目先の忙しさにかまけて自分のブログは放置、お知り合いへも不義をしておる身ですが、まさかのX-2登場とあらばコメントせざるを得ません!!
僕のまわりのFFX好きの間でも、X-2は若干黒歴史的な扱いをされてしまう事がままあるのですが、katan様の仰るとおり、なかなかどうして、いい作品だったと思います。
Xがティーダの物語だったとしたら、やっぱりX-2はユウナの物語としてちゃんと成立していると思います。
僕もこちらのコメント欄か自分のブログになるかはわかりませんが、書きたい事が結構いろいろありますw

>マスター栄者さん
お疲れ様です。
私も忙しくてストック分ばかりで、今月に書いたのってほとんどなかったりします。
続けるのって大変ですね。
X-2はいろんな意味で前作とは違うベクトルですからね。
そういう続編がある程度叩かれるのは、必然なんでしょう。
私も、昔だったら叩いていたかもしれませんし。
でも、X-2は一見軟派なようでいて、実は玄人受けする作品のような気がするんですよね。
RPGを知っている人にこそ高く評価される作品じゃないかなって。
私はいつもさらりと省略して書いちゃうけれど、細かく他のRPGと比べてみると結構興味深いことが見つかるかと思いますね。
そういう分析はマスター栄者さんの方が上手いと思いますので、お忙しいみたいですが機会があればX-2について書かれることを
期待して待っていますよ。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1452-a33c3aab
| ホームへ戻る |