MY MERRY MAY (マイ・メリー・メイ)

MY MERRY MAY (マイ・メリー・メイ)

『MY MERRY MAY (マイ・メリー・メイ)』は、
2002年にDC用としてKIDから発売されました。

シリーズ2作品の中の、最初の方になりますね。

MMM01.jpg

<感想>


私がこれまでにプレイしてきたノベル系ADVの中で、
2001年以降最も高い点をつけたゲームが、
『マイ・メリー・メイビー』なわけでして。
で、そのMMMbの前作が、今回紹介する『マイ・メリー・メイ』なのです。

MMMとMMMbは直接的な繋がりがあります。
MMMをやらないと、MMMbがよくわかりません。
なので、MMMbを楽しむために、まず先にMMMをクリアして欲しいわけです。
MMMの一番の特徴はそこでしょうね。

ジャンルは恋愛物っぽいですが、テーマ的にはSFになりますね。
あらすじはこんな感じ。
「全寮制高校「津久見高校」に通う「渡良瀬 恭介」は、
退屈ながらも穏やかな学生生活を過ごしていた。
高校生になってから二度目のゴールデンウィークを迎えるも、
特にする事もなく暇を持て余していた彼のもとに、
アメリカにいる父親から大きな荷物が届く。
それは父と兄がアメリカで研究開発している、
甲種人型人工生命体「レプリス」
(の女性型)が収められたカプセルだった。
思わぬ贈り物に、恭介はこれから始まる彼女との楽しい生活を想像しつつ、
カプセルに組み込まれた起動装置を作動させる。
だが起動処理の終了を目前にして起こった落雷によって、処理は中断。
程なくして装置は復旧し処理は終了したかに見えたが、
目覚めた彼女は突然、赤子のごとく泣き出してしまう。
思いもよらぬ事態に戸惑いつつ、どうにか彼女を落ち着かせたものの、
これからの事を思い、頭を抱える恭介…。
こうして、人間の子供のような振る舞いを見せる、
人ならざる少女をめぐる慌ただしくも楽しい五月が始まったのだった。」

このレプリスという人工生命体の存在意義について、
本作及び続編で語られるわけでして。
設定には少しあらもあります。
なので生粋のSF好きや、
またリアリティ重視派には少しあわないかもしれません。
ただSF設定を基にした泣きゲーとでも言いましょうか。
ゲームの持つ魅力が少々のあらをはるかに上回っていました。
実際、私がkey作品以外で泣いたのは続編のMMMbだけですしね。
って、MMMbの感想っぽくなってますが、
両者は切り離せないのでご容赦下さい。

本作に限って言うならば、端的に言えば鬱ゲーでもあるんでしょうね。
鬱ゲーって言っても、当然いろいろあります。
中でもどんどん不幸が降りかかってくるタイプが多いと感じますが、
個人的にはそういう類はあまり好みません。

本作は少し違う気がします。
キッカケは、主人公とヒロインの本当に些細なすれ違い。
そこからボタンを掛け違えていくように少しずつズレが生じていき、
鬱な方向に進んでいっています。
突発的な不幸とは違うから、
お涙頂戴的に加えられたのと違って必然性があります。
こういう類の鬱ゲーなら十分にありだな~
って、そんな風に再認識した作品でもありましたね。

それと、特徴という意味ではもう一つ大きなものがあります。
それは声優というか、特に松岡由貴さんの存在ですね。

声優さんの頑張ってる作品ってのは、
フルボイスが当たり前な今では、それだけでも大きな武器でして。
とはいえ、私は個々の声優にはこだわらない方です。
だから最近の声優さんの名前もサッパリだったりします。

その私が久しぶりに覚えた名前でしたからね。
それだけ、印象が強烈だったということです。
アニメ的にはハルヒの鶴屋さんといえば分かる人も多いかと思いますが、
この方の演技は本当に上手いですね。
本作でも2役をこなしてますが、
彼女の存在がなければ、本作の魅力は半減したでしょう。
その見事な演技のおかげで、終始だれずに楽しめた気がします。

それに加えてグラフィック部分も良かったです。
目パチ口パク、立ち絵の細かな動き。声優さんの活躍。
グラフィックやサウンドでのプレイヤーに対する訴えかけが、
このゲームはとても優れていました。
決して新しい技術ではないけれど、
他がやらなくなるとこれはこれで新鮮に感じるものですしね。
このゲームをやった後にアダルトゲームに戻ると、
何か物足りなく感じるんですよ。

操作面でのシステム周りも、
とにかく丁寧に作られていましたね。

キャラも好みなのが多かったです。
たえさんやみさおちゃんは、モロにツボでした。
ってか、このゲームは近年では珍しいくらいに
ツボにはまったキャラが多かったです。
なので、私は大満足なんですけどね。
裏を返せば90年代的萌えというか、
新世紀型の萌えとは少しずれているのかもしれません。
ここら辺は個人の主観にかなり依存するので、ちょっと自信ないですけどね。
それと、一部凄く違和感のあるキャラもいましたが・・・
まぁ、他の魅力の方が断然上まわっていたということでw

<総合>


総じて、どの要素も高水準なノベルゲームでした。
現在はMMMとMMMbとがセットになって、
『マイ・メリー・メイ・ウィズビー』の名前で売られています。
低価格なのに1本でMMM+MMMb+オマケ追加分が楽しめるのです。
凄くお得ですね。
MMMbは、現時点でノベルの最高峰にある作品の一つ。
これは、ぜひともやってもらいたい気もしますね。

ランク:A(名作)

My Merry May with be

PS2ソフトMy Merry May with be

関連するタグ ドリームキャスト /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1451-65a8e1c8
| ホームへ戻る |