マニアックマンション

マニアックマンション

『マニアックマンション』は1988年にファミコン用として、
ジャレコから発売されました。

オリジナルは1987年にルーカスアーツから発売された『MANIAC MANSION』で、
本作はそれを日本語化して移植した物になります。



知ってる人は知っている作品で、
ADVの歴史を語る上では外せない1本でしょう。

多くの名作を生み出したルーカスアーツの最初の作品で、
初めてマウス操作でのプレイを実現した作品。
キャラクターを切り替えることで攻略を進めるという、
ザッピングシステムの導入。
斬新なシステムが幾つも導入され、
加えてゲームとしての歯ごたえも抜群でしたからね。
名作と言われるのも当然でしょう。

ただ、キャラクターを切り替えるのでザッピングシステムと言えますが、
複数の視点から物語を多角的に見るみたいな要素はないので、
マルチサイトシステム的な面はなかったです。
この両者はよく混同されるけど別要素なので、一応注意を。

さて、問題はこのゲームの日本語版なんですよね。
オリジナルは海外で大絶賛されたかもですが、
当時の国内での反応は芳しくなかったと思います。
ぶっちゃけ、クソゲー呼ばわりする人も多かったかと。

それもやむを得ない話で、移植版は操作性が悪くなってるんですよね。
そもそもルーカスアーツのシステム自体が、
PCのマウス操作を前提に作ってあります。
これを強引にファミコンのコントローラー操作に当てはめても、
当然無理が生じるってものでしょう。
何かやたら面倒くさいのに鬼のように難しい。
そんなイメージばかり出てくるでしょうね。

一応、ランク的には日本語版準拠で考えています。
なので、かなり辛めです。
とはいえ、日本での一般的な評価に比べればかなり甘いかもですけどね。
実際私も当初は何だこのわけのわからんのはって思ったし、
ファミコンのプレイ層にうけないのも確かでしょうが、
改めてみると名作と言って構わないのではないでしょうか。
最初からオリジナルそのものを日本語化したPC版があれば、
きっと傑作に感じられたんでしょうけどね。
その点だけは、非常に勿体無かったですね。

ランク:A-(名作)



関連するタグ ADV /P&C式 /ファミコン /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1445-bcf53851
| ホームへ戻る |