ダブルキャスト

ダブルキャスト

『ダブルキャスト』は1998年にSCEから、
PS用として発売されたADVです。

キャッチコピーは「見るドラマからやるドラマへ」。
やるドラと呼ばれるシリーズの1作目になります。

dcast.jpg

<概要>


ゲームジャンルはインタラクティブムービー系のADVになります。

あらすじ・・・
大学の映画研究部に所属したばかりの主人公は、
ある夏の夜、赤坂美月という少女と出会う。
自分の名前以外の記憶を全て無くしていた美月は、
それが甦るまで主人公と同居することになり、
映研は自主制作の映画の主演女優として美月を誘うことになった。
しかし、その映画のシナリオ『かこひめの寝屋』は、
かつて映研が撮影中に死者が出たことで何年もの間封印されていたという、
曰く付きのものだった。

<総論>


正直なところ、プレイ前は少し懐疑的でした。
「やるドラ」って言ってるけどさ、
結局は単なるフルボイス・フルアニメーションのADVでしょって。
それならば、既に『ゆみみみっくす』や『だいなあいらん』もあったし、
特別新鮮な点は何もないじゃんって。

でも、自分が浅はかだったと実際にプレイして痛感したのです。
ゲームの媒体としてCDが使用されるようになり、
ボイスやアニメーションを導入したADV自体は、90年代初頭から既に、
多数派ではないものの少なからず存在しました。

しかし当時のハードの限界からか、
TVアニメとかに比べると格段に見劣りしたものです。
この『ダブルキャスト』に至って、
初めて見劣りしないレベルに達したと言って過言ではないでしょう。

ADVと言っても、その中にはいろんなジャンルがあります。
物語重視のノベルゲームと、
謎解き重視のMYST系のADVが対極に位置しますかね。
『ダブルキャスト』は選択肢によって物語が分岐していきますし、
ゲーム的な構造面から言うならばノベル系ADVと同じです。
ただ、一般的なノベルゲーが文章で表現するのに対し、
『ダブルキャスト』はテキストを用いつつも、
映像と音が大きな役割を担います。
その意味で特殊な立場でもあり、こうしたジャンルの中では、
ある意味到達点にあるのではないでしょうか。
それ故に、ADVの一つの完成形として、
『ダブルキャスト』は今でも輝いていると自分は思うのです。

<感想>


と言うことで少し中身に入りますが、
ゲームのシステムは上記のように、
フルボイス・フルアニメーションの分岐型ADVになります。
決して皆無ではなかったのだけれど、
まだまだ数が少なく層の薄い分野でした。
そうした状況下で登場したのが『ダブルキャスト』ということですね。

Production I.Gの製作するアニメーションは非常にレベルが高く、
ボイスに関してもヒロイン役を演じた平松晶子さんを始めとして、
豪華声優陣がその実力を存分に発揮していました。
主題歌でもある「door」は凄く好きで、今でも良く聞いています。
総合的な演出面は文句なしでしたね。

ストーリーはサスペンスホラーになります。
「やるドラ」というジャンルとサスペンスホラーな内容は、
見事にマッチしていました。
「クワッ」のシーンがトラウマになった人もいたのでは。

『school days』もそうだけど、
こういうのとアニメは相性が良い気がしますね。
動きの少ないアニメを否定する気はないけれど、
ゲームの場合には動きの大人しい作品だと、
これ別に動かさなくてもいいじゃんって、
普通のノベルゲーで構わないって思いますからね。

本作に関しては、ストーリーのインパクトもあったけれど、
それに勝るとも劣らないくらいキャラも良かったです。
主人公は大学の映画研究部に所属しているのですが、
好きな娘と一緒に映画作り・・・って、
そんな大学時代をすごしたかったと思ったのは私だけなんでしょうかw
良いよな~、映画作りとかに全然興味はなかったのだけれど、
一緒にっていうのならまた違ってくるし。
そこまで考えつかなかったなぁ~

<総合>


どの分野も非常に高レベルな作品でしたが、
フルアニメーションって事でボリュームだけは少ないです。
1プレイ2時間ほどであり、
フルコンプしても20時間は決してかからないでしょう。
なので、ボリュームのないゲームは駄目って人だけは、
合わない可能性は残ります。
まぁオールクリアを前提にすれば、
ADVとして及第点以上のボリュームではあったと思いますけどね。

やるドラはPSだけでも後に3作、合計で4作発売されますし、
PS2でも後継作が発売されています。
しかし、どの作品も微妙に偏ってたりします。
その中で一番万人受けしつつ、
なおかつ一番完成度が高いのは『ダブルキャスト』だと思います。
もし、どれからやろうかって悩んでるならば、
間違いなく本作をオススメしますね。

ランク:AA(名作)

ダブルキャスト やるどらポータブル ダブルキャスト

PSソフトダブルキャスト

関連するタグ ADV /インタラクティブムービー /PS /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1436-88cacb99
| ホームへ戻る |