Maniac Mansion: Day of the Tentacle

Maniac Mansion: Day of the Tentacle

『Maniac Mansion: Day of the Tentacle』は1993年に、
LucasArts社から発売されたADVです。

現在は同じく93年に発売された名作の『SAM&MAX』と一緒になって、
セットでお得なWIN用として発売されています。

DOTT

もし仮に世界中のADVファンに対して、
ADVの最高傑作は何かってアンケートをとったとしたら?

集計方法にもよるだろうけれど、
もしかしたらこのDOTTが選ばれちゃうかもしれません。
海外の有名なレビューサイトとかを見ても、
平均点ではこれが一番高いんじゃないかなって思ったりもします。
古参の人が多いほど、そうなりそうですし。

基本的なシステムはP&C(ポイント&クリック)形式のADVで、
当時の第一人者である「ルーカスアーツ」の製作ですからね。
基本面での完成度は高く、文句なしに良く出来ています。

それに加えて、DOTTにはザッピングシステムも導入されています。
題名からも分かりますように、
DOTTは『Maniac Mansion』の続編にあたります。
『Maniac Mansion』は初めてザッピングシステムが導入されたゲームであり、
海外でとても高い評価を得ました。
日本でも『マニアックマンション』として、
一応ファミコン用に移植されていたりはします。
しかしマウスに特化したP&Cタイプを何の配慮もなく移植したもんだから、
操作性が滅茶苦茶悪かったんです。
そのため、極一部に熱狂的ファンを得ただけに止まってしまいました。
(当時のファミコンってプレイヤーの大半は子供でしたから、
難易度の高さと操作性の悪さで逆にクソゲー扱いされることも多かったです。
なまじ本来の出来が良いだけに、これは不遇すぎました。)

その『マニアックマンション』の続編ですからね、
まぁザッピングシステムの導入も当然ではあるでしょう。
もっとも、DOTTが最高傑作とも言われるからには、
単なる2番煎じに終わっていなかったのは言うまでもありません。

前作が複数の中から2人を選んでプレイするのに対し、
DOTTは数が増えて決められた3人を使用してのプレイになります。
そして、この3人を切り替えながらゲームを進めていくわけですが、
今回は3人が現在・過去・未来にとバラバラに行動します。
過去でコールドスリープさせたものを未来で使うなど、
時間を越えた壮大(かつ、お馬鹿)な謎解きとかも満載で、
これによりザッピングとしての面白さも謎解きの歯応えも、
大幅にアップした感じでした。

本作は前作と異なり3人がバラバラに行動しますので、
単なるザッピングではなくマルチサイトでもあったと言えるでしょうね。
3つの時代をまたにかけたザッピング&マルチサイトというと、
菅野さんの『エクソダスギルティー』を思い出します。
菅野さん的には『DESIRE』でマルチサイトをやり、
『EVE バーストエラー』でマルチサイトにザッピング要素を融合、
『エクソダスギルティ』で規模を拡大し壮大さを出そうとしたのでしょうが、
『DESIRE』より先の93年にはもう、DOTTが実現しちゃってるんですよね。
それでいてDOTTは恐ろしいほどに作りこまれていますので、
完成度も凄く高いわけです。
これが高く評価されているのもうなずけますよね。

私はあまり狭義のゲーム性を重視しない人間ですが、
ADVにおける狭義のゲーム性や完成度を重視するのならば、
このデイオブザテンタクルこそが最高のゲームであり、
この時点でADVは完成されてしまったと言えるのかもしれませんね。

一番の特色となると以上のようなシステムになるのでしょうが、
最高傑作と呼ばれる作品ですからね、
単に一芸に秀でているわけではありません。

グラフィックはカートゥーン(アニメ調)なのですが、
これがもうヌラヌラと動きまくります。
93年の時点で、ゲーム画面がここまで滑らかに動くのは驚愕ものです。
単に動くだけじゃなく、構図やカットのセンスが良いんでしょうね。
近年のアダルトゲームのアニメーションよりも、
DOTTのアニメの方が私には感動できるんですよ。
まぁ、LucasArtsはジョージ・ルーカスの会社ですからね、
比べる方が間違ってるのかもしれないですけど。

dott02s.jpg

またサウンド面ですが、これまた驚きのフルボイスです。
もっともルーカスアーツとしては、
既に『SAM&MAX HIT THE ROAD』でフルボイスを実現しています。
なので、インパクトはそれ程でもなかったですけどね。
とはいえ、93年の時点でフルボイスってのは、
まだそれだけで強力な武器になりうることに変わりはないでしょう。

さらに、本作では前作の『Maniac Mansion』も遊べちゃいます。
こうした配慮もありがたいですね。
ボリューム面でも満足ですよ。
ストーリーも400年の時をまたにかけた、壮大なものとなっています。

本当にスキのない作品でしたね。
ストーリー最高ってだけでゲームに満点をつける人もいますが、
本当に満点に値するのはこういう全てに秀でたゲームなんでしょう。

さて、およそ欠点のなさそうな本作。
客観的にはどの項目も最高水準にある、非の打ち所のない作品です。
ただ、それじゃあお前も最高傑作と考えるのかって聞かれると、
私はノーって答えます。
傑作である点は間違いないですけどね、
何ていうか私の場合は主観面に依存する部分がイマイチなんですよ。
例えばキャラなんかが筆頭にあげられるでしょうね。

それと、ストーリーも壮大ではあるかもしれないけれど、
基本的にはB級SFって感じです。
仮にこれがただ読むだけのノベルゲーで出されていたら、
おそらく私は名作と判断しないでしょうね。
また、本作はSFである以上にコメディー要素の方が強いです。
問題はこのコメディーとしてみた場合の評価なのですが、
外人のセンスと日本人のセンスは異なりますからね。
あちらの人には馬鹿ウケしたのかもしれませんが、
私はそこまでの感覚を抱くことは出来ませんでした。

そういうわけで私としては最高傑作とまでは思えませんでしたが、
歴史的大傑作であるのは間違いないです。
ADV好きならば、一度は触れてみるべきゲームかとは思いますね。

ランク:AA(名作)

関連するタグ DOS /ADV /P&C式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「海外ADV」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1434-45d1409f
| ホームへ戻る |