あやかしびと

あやかしびと

『あやかしびと』は2005年にWIN用として、
propellerから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
属性:伝奇

propeller燃焼系3本パック

内容的には伝奇というか、正確には伝奇バトルとなるのでしょうか。
伝奇バトル物というとどうしても前年の『Fate』が思い出されますが、
あちらよりも和風っぽい作りになっています。

う~ん、この作品は発売された時期が時期ですからね。
どうしても『Fate』と比較されてしまうだろうし、
また2番煎じのそしりを受けても仕方ない面はあるかもしれませんね。
まぁ『Fate』自体新しい流れを作ったというより、
燃え系人気が出始めた頃にその波に乗った作品なので、
そういう一連の流れの中の一作と言った方が正しいのかもしれませんが。

私個人はゲームという媒体で、
バトル物をノベルでやるというコンセプト自体に、
少なからず違和感があるのですけどね。
まぁそれはジャンルの一つとしてわりきるべきなんでしょう。
痴漢ゲーだってお触り系の方が好きだけど、
読み物系でもそれなりに楽しめますからね。

そして1ジャンルとして見た場合、
内容的にはわりとよく出来ていたかと思います。
テキストに関しては、むしろ『Fate』より良かったと思いますしね。
この辺は好みの問題なので、人それぞれかもしれませんけれど。

でもまぁ世の中にはそういう人もいるってことで、
燃え系の熱い展開やそういうジャンル自体は好きなんだけど、
評判の『Fate』をやってみたら合わなかったって人の場合、
もしかしたら本作はモロにツボに来るかもしれませんね。
そういう意味ではこの手が好きな人ならば、
一度はやってみて損のない作品かもしれません。

ただ、コンセプト的に目新しいものがあるわけでもありませんし、
本作ならではというのが見当たらないのは、
個人的にはマイナスポイントですね。

それと、本作にはセイバーがいないわけです。
『Fate』の場合、とにかくグラフィックとキャラが好きだったんですよ。
これはもう個人の好みそのものでしかないのですが、
『Fate』は主観面での点数で荒稼ぎした部分があるので、
それがない分だけ本作は低くなってしまいます。

なので、個人的には佳作としておきます。
もっとも、上述のような主観的な理由が大きいですからね。
私の評価は最低ラインの保障みたいなものでしょう。
この手のジャンルがとにかく好きだって人はもう少しアップでしょうし、
キャラとか主観的な面で思い入れがあれば、
更にアップとなるでしょうね。
基礎点をどこに置くかでも違ってくるのでしょうが、
時期的にも内容的にも、
良くも悪くも『Fate』に続く作品ってところでしょうね。

ランク:C-(佳作)

propeller燃焼系3本パック

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1421-c3a9da5d
| ホームへ戻る |