蠱惑の刻

蠱惑の刻

『蠱惑の刻』は2007年にWIN用として、
TinkerBellから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
属性:エログロ、陵辱

蠱惑の刻 DVD-PG

<概要>


主人公の壬生京介(みぶきょうすけ)は
探偵助手の桃野桃子(もものももこ)と一緒に
小さな探偵事務所を営んでいる。
気に入った依頼しか引き受けず
日々を安穏と過ごしているように見える京介だが
実は見知らぬ少女が凌辱される悪夢に、苦しんでいた。
そんな京介の探偵事務所に、人探しの依頼が舞い込む。
依頼があった地域は昔から神隠しが起こることで、その筋には有名な土地だ。
興味を持った京介は依頼を引き受け山奥の地へと、足を踏み入れる。
しかし、そこで待っていたものは陰謀の渦巻く淫靡な館と
夢と良く似た、美しい少女だった…。

<感想>


基本的には陵辱がベースの作品と考えて良いでしょう。
特徴的なのはその陵辱部分にあるわけで、
つまりはエログロ路線なのです。

まず、CGに限定してグロ要素で語るならば、
本作はアダルトゲームの中でも筆頭クラスの出来でしょう。
獣姦や達磨に、目の中に入れての行為など、
非常に過激なものがそろっています。
そういうCGが目的ならば即買いでしょうし、
逆にちょっとでも苦手意識があるのなら、
絶対にスルーすべき作品なのだと思います。

ただ、幾つか気になる点もあるわけでして。
好みという主観的な話で言うならば、
私はエロスを追求する上でのSMやグロは非常に好きな要素です。
そういう意味では、過激なCGも大歓迎です。
しかし、あくまでもエロスを求める範囲での話です。
例えばヒロインの目を穴代わりに入れる行為に、
果たして興奮できるのでしょうか。
局部には興奮できても、目には無理です。
単に痛そうだなと思うだけです。
エログロはエログロでも、エロを際立たせるためのグロはOKですが、
グロがメインになっては本末転倒に感じるのです。
まぁ、私の好みの問題ですので、
そういうのが良いという人もいるのでしょう。
ゲームの多様化という観点からも、
こういうのがあるってだけでも評価すべきなのでしょう。
なので、多少疑問は残るものの、ここは長所と考えます。

問題は、むしろテキストにあるのだと思います。
基本的なストーリーはあってないようなもので、
陵辱がメインとなります。
もっとも、この手の作品には鬼畜なシーンが大事なのであって、
ストーリーそのものは不要かもしれません。
そうなると鬼畜なシーンの出来が大事になります。
そして上記のように、個々のシーンでのCGは良いのですが、
テキストがそのCGに追いついていないように感じました。
つまりは、絵だけゲーってやつなのですよ。

総合では佳作ってところでしょうか。
CGは良かったのですが、他の部分がちょっと弱かったですから。
昔ならこれでも良かったのかもしれませんが、
今は安価に容易にその手の画像は手に入りますからね。
単にグロイCGがあるだけでどこまで評価できるのか、
その点が気になった作品でしたね。

まぁ、私はCG集以上の価値を見出せなかったので、
結果としてはこういう感想になりましたが、
上記のようにエログロ系のCGの過激さとしては、
ゲームでは筆頭クラスと言えるでしょう。
なのでそういうCG目的ならば、十分楽しめるのではないでしょうか。

ランク:C(佳作)

蠱惑の刻 DVD-PG

DL版
蠱惑の刻 dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |