ファイナルファンタジー4

ファイナルファンタジー4

『ファイナルファンタジー4』は1991年にSFC用として、
スクウェアから発売されたRPGです。

機種をSFCに移してからの、最初のFFでした。

ファイナルファンタジーIV

このゲームはそうですね、
私より若い知り合いとかSFCからFFを始めたって人には評判が良いです。
それと比べた場合、私の評価は少し異なると言えるでしょう。

まずはグラフィック。
ハードをSFCに移したことで、グラフィックは大幅に向上しました。
当時の家庭用ゲーム機のRPGでは最高峰だったかもしれません。
ただ、本作ではキャラによる画面上での演技が評判になりましたが、
その点に関してはPCの『幻影都市』とかの方が凄いと感じたんですよね。
なので、凄くはあるけどそれ程でもないよなって思ったわけです。
FFと言えばグラフィックが特徴の1つに挙げられますが、
FC時代から今日までを同時期の他作品との相対的な比較で考えるならば、
おそらくSFC時代が最も駄目だった時期と言えるでしょう。

次にシステム。
アクティブタイムバトルというリアルタイム要素は入りましたし、
並のRPGよりは上でしょう。
でも、総合的には明らかに前作よりも劣っていますよね。
アクティブタイムバトルにしても、
爽快感や緊張感を求めるならアクションRPGでもやってた方が良いですし、
それ程良いものとも思えませんでした。
もちろんアクションに頼らないリアルタイムの良さってのもあるだろうし、
現に13まで出ている今のFFならそれもかなり実現できていると思います。
でも4の頃はまだ時間制限を加えた程度のものでしかなく、
やっぱりまだまだ未熟な印象が強かったです。
加えて、キャラが次々に代わって育ててる感じがしない点もマイナスでした。
ゲーム部分に関して言えば、これより面白いRPGは幾らでもあったでしょうね。

そして、ストーリー。
本作が評価される一番の要素はストーリーなのでしょうが、
1つは家庭用ゲーム機のRPGではまだストーリー物が少なかった点があります。
ストーリー重視の作品が少ない故に、余計にも本作が際立って見えたのでしょう。
でも、PCのRPGでは既に結構ありましたからね。
その点も加味しますと、希少性という点では評価はできないかなと思います。

また本作は、いかにも王道でベタな中世ヨーロッパ風の世界観です。
いや、飛行艇とかが一杯でてくるので、エルリックみたいな感じですかね。
こういう中世ヨーロッパ風の世界観は、当時は非常にうけました。
ただ、ハヤカワFTを読んでれば幾らでもありそうな世界観でもあり、
ファンタジーとしては独自性に欠けてる面もありました。
ファンタジーとは如何に独自の世界観を構築できるかにかかっているので、
ファンタジーとしてはそれ程評価はできないかなと思うのです。

では視点を変えてドラマとしてはどうなのかと言うと、
本作は根本的に自己犠牲の精神が強いです。
初プレイ時は特に気にもならなかったのですが、
それから年も経てPS版をやり直した頃になると、
どうにも薄っぺらく感じたんですよね。
ちょっと狙いすぎと言うかあざとすぎる感じがして。
まぁ、ここはモロに個人的感想なので評価には反映させてはいませんけどね。
参考までにってことで。

総じてベタな王道物が好きで、
自己犠牲精神の強い作品が好きな人は楽しめるでしょうが、
そうでない人にはそれ程印象に残らないのではないでしょうか。

本作にはこれといった欠点はありません。
おそらく、誰がやっても良作として楽しめるでしょう。
でも、それ以上に何かしら突出したものが見当たらなかったです。
そういうわけですので、私としては良作止まりかなと思うんですよね。

良作というのは十分楽しんだわけで決して悪くはないのですが、
私は基本的にFFにはどれも高得点を付けてますからね。
この評価はFF12が出るまではFFの中では最低点だったわけでして。
他作品と比較したりRPG一般として考える分には十分楽しめたけど、
FFとして考えた場合には物足りなかった作品でもありましたね。

ランク:B-(良作)

ファイナルファンタジーIV

関連するタグ SFC /RPG /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「1991」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1417-4857e105
| ホームへ戻る |