es 心の闇に深入りするな

es 心の闇に深入りするな

『es 心の闇に深入りするな』は2001年にドリームキャスト用として、
セガから発売されました。

実写ゲームとしては珍しく、中身も伴った良いゲームでしたね。

esdc02.jpg

2001年というとドリームキャストは末期に入っていて、
新規参入者はあまりいないような状況でした。
ってか、本体の製造はこの年の3月末までで終了しており、
4月発売の本作発売時にはもう作ってなかったんですよね。

もっとも、それでもギャルゲーはコンスタントに発売されていましたし、
実際『サクラ大戦3』など、2001年以降も傑作が発売されています。
つまり、ソフト勢いという面ではまだまだあったのでしょうが、
PCE末期みたいなギャルゲー専用機といった雰囲気だったんですよね。

しかし、本作は実写ゲーでした。
この時期のドリームキャストで実写ゲーなんて、
どう考えても売れなそうな感じしかしないのですが、
私は実写ゲーは好きなので発売日に特攻しました。

ジャンルはインタラクティブムービー系のADVで、
内容はサイコサスペンスとなります。

インタラクティブムービー系ということで、
ゲームは要所要所で画面をクリックするだけ。
ゲーム性を楽しむというよりも、映像や物語を楽しむってタイプですね。
ただ、本作は昔のサイキックディテクティブシリーズみたいに、
相手の深層心理にダイブしていきます。
その際に映像とコマンドを一致させる必要があるなど、
見た目とコマンドをリンクさせることで、
プレイヤーの一体感は結構演出できていたように思います。
その一体感のおかげで、
実際の操作以上にゲームらしさを感じることが出来ました。
これは大きいですよね。
良いゲームはゲーム性が高いものが多いですが、
単純なゲーム性の高さだけでなく、
そのシステムとストーリーが上手くマッチしているものが多いです。
本作はシステム上狭義のゲーム性自体は高くないかもしれませんが、
このマッチしている感覚が良かったので、思った以上に楽しめてしまうのです。

さて、そうは言うものの、こういう作品ですからね。
結局のところ、面白いか否かは映像と物語にかかってくるでしょう。
まずグラフィック面ですが、
ドリームキャストのADVということで画質関連は凄く良かったと思います。
古いハードと比べて良いのは当然ですが、
同時期の他機種よりも良かったでしょう。
2Dの強さがDCの特徴でもありましたしね。

加えて、三上博史さんや釈由美子さん、酒井若菜さんなど、
結構有名な役者も使われていました。
個人的には三上博史さんが出演というのがポイント高かったです。

また、画質や役者だけでなく、演出等も凝っていましたね。
サイコダイブしているという不安定さも、良く表現できていたと思います。

これ、ドラマでそのまま使っても結構いけそうな気がします。
ってか、やったんでしたっけ?
総じて、グラフィック等の演出関連は、
実写ゲーの中でもかなり良い出来になっていたかと思いますね。

で、問題はストーリーなのですが、基本的には良かったのだと思います。
まぁ、面白いノベルゲーと比べると物足りなかったりもするのですが、
外れが多すぎる実写ゲーの中ではかなり頑張っている方です。

ただ、テンポが悪かったんですよね。
ストーリーもゆっくりだし、ゲームももっさりだしで、
中々先に進めようって意欲が沸いてこないのです。
それと、外国産の実写系の優れた作品に比べると、
やっぱりまだまだ作りが荒いです。

しかしながら実写系のゲームって、
これ以後もあまり発売されていないですよね。
わずかに発売されたゲームも評判の悪いやつばかりですし。
今世紀に入ってからの国産実写系を代表するゲームとなると、
やっぱりこれかなって思います。
海外にはもっと優秀なのもあるけれど、あくまでも海外の話。
日本語で遊べるってのはやっぱり大きいですからね。
一応今は良作としておきますが、名作扱いで構わない作品かもしれませんね。

思うに、メジャー機種で発売された実写系はことごとくハズレで、
マイナー機種で発売された物に良作が多い気がします。
本作なんかも、その良い例でしょうね。

国産の実写系ではトップクラスな出来な上に、
後発作品ではまともなものがないとなると、
ある程度中身の伴った作品では最新の物とも言えます。
そうだとすると、今プレイするって観点からでも、
本作は非常に意味のある作品かもしれません。
ハードを問わないのであれば、
実写ゲーのお勧めを聞かれたらこれなんかが良いかもしれませんね。

最後に、私は通常ADVをプレイ動画で済ませるのは賛同しません。
プレイするのと見るのとでは、得られる感触が違いますからね。
これは能動的に動けるADVほどよく当てはまります。

でも、本作はムービーを見るのが主体ですからね。
クリックする数も少ないですし、動画でも結構楽しめちゃいます。
いきなりDCを購入して特攻するのも怖いでしょうから、
序盤だけ動画を見て自分に合うかを検討するのは、
本作に関してはかなり有用とも思いますね。

ランク:B(良作)

es

関連するタグ ドリームキャスト /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1412-e9630356
| ホームへ戻る |