SDガンダム GGENERATION

SDガンダム GGENERATION

『SDガンダム GGENERATION』は1998年にPS用として、
バンダイから発売されました。

Gジェネシリーズの最初の作品になりますね。

SDガンダム G GENERATION

基本的に私はガンダム大好き人間なので、
ガンダム関連なら何でも好きです。
ゲームも1時期までは何でも手を出してましたね。
もっとも、宇宙世紀物でない作品が混入しだしたあたりから、
ちょっと躊躇しだしたので、最近のはあまりやってないですけど。

端的に言えば宇宙世紀ものが好きなわけで、
その間の作品が網羅されたゲームがあればそれで嬉しいわけです。
なので、この作品が出た時は嬉しかったですね~

この作品は1年戦争から逆襲のシャアまでの主なエピソードを網羅してます。
これまでのガンダムのゲームはMSは一杯登場しても、
エピソードまで網羅してなかったですからね。
何か集大成みたいな感じで、とても満足出来ました。

しかも、要所要所ではきちんとCGムービーもありました。
SDということでデフォルメされてるのは勿体無かったけれど、
当時としては高レベルなムービーで、これまた満足できる内容でした。

ゲームのジャンル的にも、個人的には満足でしたね。
本作は完全な戦術SLGになっています。
ちょっとした成長の要素があるので、S・RPGと捉える人もいるでしょう。
何れにしろ、戦闘におけるアクション要素はなくなっています。
SDガンダムのゲームと言うと、
昔のガチャポン戦士なんかの印象が強い人も多いでしょうから、
中には不満に感じた人もいるでしょう。
ただ、『Gセンチュリー』があまりに酷すぎましたからね。
PSでは無理かなってのもありましたし、
そもそもあの路線もSFC時代まででもうマンネリ化してました。
これ以上作り続けても、きっと駄目になっていたでしょう。
そこで潔くSLG1本に絞って作ってきたってことは、私は英断だったと思いますね。

ガンダムを知らない人がどれだけ楽しめるかは分かりませんが、
好きな私にはとても満足のいく、そんな作品でした。

因みに、ゲストキャラに頼りきりという、
無茶苦茶な進め方をしていた友人でも最終面まで進めましたからね。
(まぁ、最終面で詰んでいましたが・・・)
クリアだけが目的なら、難易度は高くないのかもしれません。

でも、クリアだけじゃつまらないわけでして。
ガンダムのゲームをやるからには、
どうしても最強部隊を作りたくなりますよね。
他にも人それぞれの好みやこだわりが出てくるでしょうし。
あれこれやってるといろんな楽しみ方が出来るし、
ゲーム的にはそれで十分楽しめましたね。
題材的にも内容の質・量的にも、主観的にはかなり満足のいく作品でした。

あえて苦言を呈するとしたら、
あと一つ何か突き抜けたものがないってことでしょうか。
ストーリーも逆襲のシャアまでキッチリ押さえてあって楽しめはしましたが、
アニメでさんざん見ているから新鮮味はないわけでして。
ファミコン版の『キャプテン翼2』のように、
オリジナルストーリーなのに原作よりも面白いみたいなストーリーがあれば、
文句なしに傑作だったんですけどね。
その点は傑作判定した前例と比べると物足りない部分でしたね。
システム面でもそうです。
いわゆるS・RPGをガンダム風にアレンジしていて、
これはこれで良く出来ています。
でも、もう1つ斬新な何かがあっても良かったかなとも思います。

なのでランク的には、限りなくAA-に近いけれど、
やっぱりA止まりかなって感じでししょうかね。

ランク:A(名作)

SDガンダム G GENERATION

関連するタグ PS /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1406-7e5e8b97
| ホームへ戻る |