つよきす

つよきす

『つよきす』は2005年にWIN用として、
きゃんでぃそふとから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

つよきす

内容的には広い意味では恋愛物なのでしょうが、
まぁコメディ系の作品と考えて良いでしょうね。
ギャグ中心というか、良くも悪くもそれしかありません。
とにかく笑えればOKな人なら大丈夫ですが、
泣きやら感動やらシリアスな面も望むのなら、
スルーした方が賢明かもしれませんね。

じゃあ、ギャグゲーとしてはどうなのかとなるのですが、
基本的にパロディ系なわけでして。
近年はパロディ系が人気なようですが、
私はギャグ路線のゲームは好きでも、
パロディ系はライターの力で勝負している気がしなくて、
あまり好きになれないのです。
いや、最初は気にならなかったのですが、
そういうのが増えるにつれ、またかよって気持ちが大きくなっていったわけで、
それで楽しめなくなっていった感じですね。
しかも、こういうのは旬の時期を過ぎるとどんどん楽しめなくなりますし。
この路線が好きか嫌いかは私の好みの問題だからどうでもいいとしても、
プレイ時期が遅くなればなるほど楽しめなくなりますので、
プレイを検討している人はやるならさっさとやった方が良いでしょうね。

ここまでは、ある意味想定の範囲内だったので問題なかったのですが、
本作は主人公もイマイチでした。
これは地味に痛かったです。

このゲーム、コンセプトはツンデレということだそうで。
この頃人気が急激に上がってきたツンデレに焦点を当て、
ヒロイン全部をツンデレでかためたってわけですね。
ツンデレって言葉自体はかなり普及しましたが、
その意味するところは結構曖昧だったりします。
人によっても意味合いが変わってきてしまいますし。
なので、自分の中でツンデレとはこうと決めかかっていると、
そもそもこれはツンデレなのかという疑問を抱く人も出てくるでしょう。
ってか、私自身も若干そう感じたりするわけでして。
これはちょっと履き違えている気がするのですよ…
まぁ、まともに考えるとツンデレとは何ぞやという長い話になるので、
今回はパスします。
ただ、違和感を感じる人も出てくるだろうねってことですね。

好きなツンデレを集めた作品でキャラも好みということで、
それなりに期待したんですけどね。
パロディ系のギャグにツンデレだらけと、
とりあえず今が旬のものを詰め込んでみましたって感じで、
いかにもテンプレな雰囲気が漂ってしまい、
結果的に非常に底の浅いゲームに見えてしまい残念でした。
なので、トータルでは凡作ってところでしょうか。
元々のインターハートは実に個性的なゲームを作っていたのですが、
今では見る影もありませんね。
ハート電子にインターハートと、
何だかんだ言いつつも買い続けていたんですけどね、
こういう路線ではもう買わないでしょうね…
キャラの見た目は好みだったのですが、
ちょっと残念な作品でした。

ランク:D-(凡作)

つよきす

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/140-41941f13
| ホームへ戻る |