緊縛の館

緊縛の館

『緊縛の館』は1995年にPC98用として、
Xyz(エクシーズ)から発売されました。

PC98を代表する調教SLGの中の1本ですね。
SEEKの後に緊縛の館が続いたことは非常に大きかったと思います。

kinbakunoyakata

<概要>


あらすじ・・・
人里はなれた洋館に、富も権力も手中にした双子が暮らしています。
ある夜、記憶喪失の少女を見つけ、賭けを思いつくのです。
半年間調教した後、彼女はどちらを選ぶのか。
もちろん、賭けに敗れた者は館を去り、
全てを失うことになるのですが・・・

さて、1995年といえば、
元祖SM調教SLGである『SEEK』が発売された年です。
厳密には調教要素のあるSLGは以前にもあるのですが、
高いゲーム性で名作として認識されるに至った最初の作品が
『SEEK』となります。
何せ調教SLGの三大聖典の一つと言われていますからね、
今でも『SEEK』の名前は有名かと思います。

もっとも、95年に調教SLGがそれだけだったわけではありません。
一番人気のゲームをやったからと言って、
二番人気のゲームをやらない理由はないですからね。
当然、他に面白い調教SLGがあるならばそれをやるってものです。

また優れた作品が1本だけあっても、ジャンルは根付かないものです。
他に優れた作品が続いたからこそ、ジャンルが浸透していくのです。
だから優れた作品がすぐ後に続くかが、実は結構大事なんですよね。
そこで、この『緊縛の館』が出てくるのです。

本作はSEEKほど画期的だったわけでもないし、
完成度の点でも『SEEK』には及ばないでしょう。
だからこの年最高の調教SLGはと聞かれたら、
やっぱり『SEEK』になるかと思います。
でも、ナンバー2はと聞かれたら私は『緊縛の館』と答えるでしょうし、
こういう作品が出てきたからこそ、調教SLGは発展したのだと思います。

<グラフィック>


そもそも、『SEEK』は良く出来てはいましたが、
如何せんグラフィックに癖がありすぎました。
その点本作はキャラも可愛く、
すんなりとプレイに入っていけたものです。

また、塗りも良かったですね。
肌の色合いが非常に良かったですから。

<ゲームデザイン>


まず、基本的なジャンルは調教SLGになります。
狭義のゲーム性などは若干SEEKに劣るのかもしれませんが、
それでも基本的なゲーム部分は良く出来ていましたし、
十分満足できる内容は有していました。
それゆえ、理屈抜きに単純に好きな作品でもありました。

それと、先ほどは特別画期的な要素はないと書きましたが、
あくまでSEEK登場時との比較の話であって、
少々御幣があるかもしれません。

本作は雨の中で拾った女の子を兄弟で調教するのですが、
兄弟の一方がプレイヤーで、他方はコンピューターが担当します。
つまり1人の女の子を2人に交互に調教し、
しかもライバルとどっちが上手く調教できるかという、
競争的な要素を取り入れているわけです。

恋愛系の育成SLGとかでは良く言われますよね、
これライバルがいれば大分展開が変わるんじゃないかって。
恋愛物でも調教物でもどちらにしろ、
結局は一人の女性を自分のものにするわけで、
そこに競う相手がいれば展開も全然異なってくるわけです。

この対決という設定は斬新で、
かつ燃える展開を楽しむことが出来ました。
これはアイデアの勝利ってやつでしょうね。
多くの育成・調教SLGにはライバルがいないわけで、
それ故に緊張感やリアリティが欠ける場合があります。
その問題点をこの時点で克服しているわけであり、
これは高く評価できるように思います。

パッと見こそインパクトが弱そうに見えるのですが、
充実したゲーム性と独自の要素を兼ね備えることで、
想像以上に面白く感じさせてくれたのが本作だったのです。

まぁ調教SLGですので、
当然ながら調教SLGが苦手な人には向いてないでしょうし、
1人の子を代わる代わる調教するので、
自分だけのものにしてやろうって独占欲の強い人の場合ですと、
少し注意が必要かもしれません。
その意味では、設定面だけで考えるならば、
今風ではなくなってきているのかもしれませんが・・・

っていうか、こっちがきちんと段階踏んで愛撫から始めて、
気を使って少し休憩をさせてやろうとかって予定を組んでたら、
あっちはおかまいなしに犯りまくってますからね。
おいおい、ちょっとそれはないだろと、文句も言いたくなりますw

<総合>


総じて、穴のないよく纏まった作品でしたね。
完成度も高いし独自性もあるので、十分名作と言えるでしょう。
点数の上ではSEEKに僅かに及ばないのですが、
ランク的にはギリギリAとしておきました。
調教SLGの3大聖典はSEEKと虜とDEEPかもしれませんが、
本作は4つ目か5つ目には間違いなく入ってくる作品ではないでしょうか。
本作はXyzの名前を有名にさせたブランド最大の代表作ですが、
調教SLGというジャンルにとっても大きな作品だったと思うのです。

ランク:A(名作)

緊縛の館

ダウンロード版
緊縛の館

関連するタグ PC98 /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/14-ab08794b
| ホームへ戻る |