bad mojo (バッド モジョ)

bad mojo (バッド モジョ)

『bad mojo (バッド モジョ)』は1996年にWIN用として発売されました。
オリジナルは同年にPulse Entertainmentから発売された物で、
本作はその日本語版になります。

まずはじめに、今回は人によっては不快に感じてしまいますので、
特に食事中などは避けていただくようお願いします。

mojo01.jpg

<感想>


ゲームが発売されたときの分類はADVになっていましたが、
結構ゲームオーバーも多く、アクション要素も多いので、
A・ADV扱いでも構わないかもしれません。
当初は私もA・ADVとしていたのですが、
基本はADVだろうということでADV扱いに変更しておきます。

とはいえ、『bad mojo』に関してはゲーム内容は二の次ですね。
ゲーム史上に残る奇ゲーを考える場合、
どこに基準を置くかでも変わってくるでしょう。
ただ、見た目に重点を置いたならば、
本作は欠かせない作品と言えるのではないでしょうか。

『bad mojo』は、端的に言えばゴキブリゲーです。
ゴキブリの立場になってヴァーチャルリアリティを堪能するゲームなんです。
ゴキブリですからね、ゲームの舞台も台所の奥とか下水管とかです。
ネズミの屍骸とかも転がってましたね。
そういうグロイ映像が、リアルなCGで描かれているのです。

もうね、飯が不味いどころか、喉すら通りませんよw
なまじCGがリアルに良くできているものだから、グロイのなんのって。
プレイしていて、確実に気持ち悪くなります。
アダルトゲームのグロとかなら平気なのですが、
この場合は単に汚い映像ですからね。
私はこういう汚い光景は苦手なもので。
製作者は一体何を考えてこんなけったいな物を作った物やら・・・
少なくとも、私には想像すら出来ませんよ。

mojo02.jpg

さて、このひたすら気味が悪いだけのゲーム。
世間一般では確実に需要がなさそうなゲームではありますが、
極一部では需要もあるようでして。
好んでプレイした人たちの中では、
結構というかかなり評価が高いんですよね。
見た目のインパクトだけでなく、
ゲーム自体もわりとしっかりと作りこまれていましたから。
しかも、ストーリーも意外としっかりしていましたしね。
単なる色物ではないってことです。

このゲームに関する私の思い出は2つ。
1つは当然グロすぎて気持ちわるいことですが、
もう1つは懐に優しかったことだったりします。
好き嫌いのハッキリ分かれるゲームですからね、
地元の私の家の近辺では500円で売っていました。
その頃、ソフマップの現金買取価格は3000円。
この差は大きかったですね~

<総合>


というわけで、ゲーム内容外の印象も強い作品でしたが、
何れにしろもうこんなゲームは出てこないでしょう。
なので、興味がある人は今からでもやってみる価値はあるでしょうね。
ランクは一応出来の良さから良作としておきますが、
合わない人は全く駄目に感じるだろうし、
合う人には最高の作品にもなりうるゲームだと思いますね。

ランク:B(良作)

bad mojo

関連するタグ WIN /ADV /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1398-b07e2813
| ホームへ戻る |