夢二 浅草綺譚

夢二 浅草綺譚

『夢二 浅草綺譚』は1992年にPC-98用として、
フェアリーテールから発売されました。

企画・監修が後にSEEKなどで有名になる田所さんであり、
文学を意識させる雰囲気が特徴的な作品でした。

yumeji03.jpg

<概要>


ジャンルは、コマンド選択式ADVになります。

時は大正、そして主人公の名は竹邑夢二。
他に登場するキャラの名前は谷崎に与謝野に永井にと、
どこかで見かけたような名前ばかり。
主人公のモチーフも当然その人で、
少女絵で一世を風靡した流行画家という設定になっています。

もっとも5年前に妻を亡くした彼は、最近の絵に精彩がなくなっています。
それでも大衆の間での人気は抜群のままであり、
そのギャップに次第に焦燥感を感じていたところ、
身近な人にも指摘されてしまいます。

そんな夢二はある日、
自分の絵の偽物を売っている「砂男」という人物に出会います。
砂男に女の本質が描けていないと指摘され、
女の本質が分かりたければと連れて行かれたところが、
ストリップショーだったわけでして。

そこからエロスの漂う展開がくりひろげられるのですが、
描けなくなった現状を打破するために、失われた自己の過去を探りつつ、
女の本質は何かを追求していくという、
何とも独特な雰囲気の作品でした。

<グラフィック>


yumeji05.jpg

絵もセピア調で、大正ロマンという雰囲気にはぴったりです。
キャラも冷静に見ると、一部で変なデッサンもあるように思うものの、
何て言いますか、この妙なショボさもまた、
雰囲気にマッチして見えちゃうんですよね。

アダルトゲームでセピア調の作品は珍しいと思いますが、
フェアリーテールは92年に本作と『新宿物語』という、
2本のセピア調の作品を発売しています。
知らない人からすると同じ方向性に見えるだろうし、
実際にシナリオ重視である点は共通するのでしょう。
しかし『新宿物語』が立ち絵を廃しイベントCGのみで構成、
映画的な雰囲気で進行するのに対し、
本作は立ち絵とイベントCGから構成されており、
塗り以外はスタンダードな作りになっています。
92年のアイデスは、作品ごとに少しずつ変えてきていますので、
他の作品と比較してみるのも面白いかと思いますね。

<ストーリー>


物語の題材からするに、文学っぽい路線を目指したんでしょうね。
この年のアイデス系のゲームは、
小粒だけど今までとは違うような、
そういう風変りな実験的なゲームが多かったです。
本作もその中の1本だったのでしょう。

そして、その目指したところは、途中までは非常に良かったと思います。
雰囲気も抜群でしたし、テキストも良かったですし。
ただ、ストーリー・シナリオ重視の作品は、
どうしても結末が大事になってくると思います。
システムがコマンド選択式という普通のADVであることからすると、
その重みは更に増して来るでしょう。
実際、終盤までは楽しかったんですよね。
でも、肝心の結末が若干弱かったように思います。
文学路線で行くにしては、掘り下げが少し足りなかったんですよね。
起承転までは文句なしだったのに、結でこけた感じでした。

因みに、これは大分後になって知ったのですが、
終盤の本来メインとなるはずだった薬物絡みの話が、
製品では丸ごと削除されてしまったそうです。
どうも沙織事件の関連で自主規制し削除したとのこと。
それで納得です。
ここはもう少し掘り下げるべきと思っていたところが、
まるっきり削除されてしまっていたのであれば、
私の感じたことは間違いでなかったということなのでしょう。
事件の影響と、それによるソフ倫発足で他社も影響あったでしょうが、
当事者でもあるアイデスは、より慎重な対応が求められたでしょうから。
事件の影響というのは、こういう部分にもあるのですね。

<感想・総合>


テキストから伝わる甘美なエロスはあるものの、
絵が絵だけにエロの実用性もなく、ボリュームもないということで、
たぶん人によっては全然楽しめないでしょう。
でも、個人的にはこの雰囲気が好きだったんですよね。
まぁ、好きではあるのですが終盤が物足りなかったですしね、
この年の他のアイデス系の名作と比べると、
若干及ばないように思うわけでして。
そういうわけで、個人的には良作としておきます。
まぁ良作とは言いつつも、
主観的には名作扱いした作品より好きって作品の一つですね。

ナンパゲーヒットでナンパゲーだらけ、
泣きゲーのヒットで泣きゲーだらけというように、
これがヒットして文学崩れのゲームが氾濫されても困っちゃいますけどね。
でも、たまにはこういうのも新鮮で良いよなと思うわけで、
当時は他に同系統の作品がなかっただけに、とても印象深い作品でした。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト 夢二

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1395-7d3a00b0
| ホームへ戻る |