桃太郎電鉄

桃太郎電鉄

『桃太郎電鉄』は1988年にファミコン用として、
当時のハドソンから発売されました。

この作品自体は、かなり古いですね。
でも、似たような内容の続編が毎年のように発売されてるわけで。
なので、やった事のある人は結構多いと思います。
仮にやったことがなくても、内容くらいは知ってる人も多いのでは。

桃太郎電鉄

ジャンルはボードゲーム。
っていうより、スゴロクゲームですね。

桃鉄はサイコロを使って日本全国を移動しながら各地の物件を買いあさり、
鉄道王となることを目標とします。

細かいシステム面ではこの1作目と2作目以降では異なる面があるけど、
まぁそこら辺は細かい検証サイトさんに任せましょうw

ボードゲーム=スゴロクって一見当たり前っぽいけど、
それは日本での話にすぎません。
ボードゲームの盛んなドイツなんかでは、
サイコロを使わないボードゲームも幾らでもありますからね。

そういう意味では、本作は斬新さには欠けてたのかな。
でも、本作と実際のボードゲームを比べるのは野暮ってもんでしょう。

このゲームが発売されたのは88年。
88年はSLGやRPGとかで様々な種類が発売され、飛躍的に進化した年です。
ボードゲーム系も以後増えていきます。
でも、「以後」なんですよね。
桃鉄発売時に、ここまで個性的かつ完成されたゲームもなかったです。
本当のボードゲームみたいに設置する手間もかからないし。
この点は非常に大きかったですね。

私の年越しは毎年従兄弟と年越し桃鉄でした。
手軽に皆で盛り上がれるゲーム。
そういう意味では、当時これ以上のゲームはなかったんですよね。

それと、ゲームとしての面白さは勿論のこと、
それ以上に地理に強くなれたってのは大きかったです。

当時の自分の周りを見渡してみると、
地理に強い人たちは皆この桃鉄で鍛えられていた気がします。
それこそが、実は何よりの特徴だったんではないでしょうか。

歴史に強い人は光栄のSLGにはまった人。
地理に強い人は桃鉄にはまった人。
そんな連中が周りに結構いたもんです。
ゲームに反対する親には、こういうゲームを教えれば良いんですよ。

それにしても、世の中って分からないものですね。
当時の認識では『桃太郎伝説』という大作があって、
外伝的な従たるイメージで『桃太郎電鉄』が発売されてたはずです。

でも、すっかり桃鉄の方が有名になってしまいました。
最近の人はむしろ、桃鉄は知ってても桃伝は知らないんじゃないかな。
20周年を迎えた本作のCMを見るたびに感慨深く思うのです。

ランク:AA-(名作)

桃太郎電鉄

関連するタグ ファミコン /TBL /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1393-97f35fe3
| ホームへ戻る |